Polybar

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

polybar はステータスバーを簡単に素早く作れるツールです。多数のモジュールを利用して、ワークスペース・日付・システムボリュームの表示など様々な機能を簡単にカスタマイズできるようになっています。Polybar は awesomei3 などステータスバーが付属していないウィンドウマネージャで特に有用です。また、Polybar は Plasma などのデスクトップ環境でも使用できます。

インストール

polybarAUR パッケージをインストールしてください。開発版は polybar-gitAUR です。

設定

Polybar の実行

Polybar は以下のように起動できます:

Usage: polybar [OPTION]... BAR

  -h, --help               Display this help and exit
  -v, --version            Display build details and exit
  -l, --log=LEVEL          Set the logging verbosity (default: WARNING)
                           LEVEL is one of: error, warning, info, trace
  -q, --quiet              Be quiet (will override -l)
  -c, --config=FILE        Path to the configuration file
  -r, --reload             Reload when the configuration has been modified
  -d, --dump=PARAM         Print value of PARAM in bar section and exit
  -m, --list-monitors      Print list of available monitors and exit
  -w, --print-wmname       Print the generated WM_NAME and exit
  -s, --stdout             Output data to stdout instead of drawing it to the X window
  -p, --png=FILE           Save png snapshot to FILE after running for 3 seconds

ウィンドウマネージャの起動時に Polybar を実行したい場合は#ウィンドウマネージャで実行を見てください。

ウィンドウマネージャで実行

$HOME/.config/polybar/launch.sh などに実行ファイルを作成してください:

#!/bin/bash

# Terminate already running bar instances
killall -q polybar

# Wait until the processes have been shut down
while pgrep -u $UID -x polybar >/dev/null; do sleep 1; done

# Launch Polybar, using default config location ~/.config/polybar/config
polybar &

echo "Polybar launched..."

上記のスクリプトを使うとウィンドウマネージャを再起動したときに Polybar も再起動されます。以下のようにカスタマイズすることもできます:

MONITOR=HDMI-A-1 polybar &

上記のコマンドでは指定したモニターに Polybar が表示されます (モニターは xrandr コマンドで確認できます)。Polybar の位置を指定するには:

polybar top &

bspwm

bspwm を使用する場合、以下を bspwmrc に追加:

$HOME/.config/polybar/launch.sh

i3

i3 を使用する場合、以下を設定に追加:

exec_always --no-startup-id $HOME/.config/polybar/launch.sh

参照