PrBoom

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

PrBoom は古典的な 3D ファーストパーソンシュータ (FPS) である id Software の Doom のクロスプラットフォーム版です。元は Microsoft Windows 向けに書かれていましたが、それから PrBoom は Linux など様々なプラットフォームに移植されています。元のゲームに対して OpenGL によるレンダリングや高解像度対応など多数の改善が施されていますが、プレイに関してはあくまでオリジナルの Doom に忠実に従っています。FreeDoom パッケージ (下を参照) をインストールしない場合、オリジナルの Doom のデータが必要です。

インストール

prboomAUR は AUR からインストールできます。

使用方法

デフォルト設定で IWad ファイルを利用して prboom を使うには (~/.prboom/prboom.cfg を編集していない場合):

# prboom -iwad /path/to/file

ウィンドウの解像度を変更するには (ゲーム内のオプションでフルスクリーンを無効化してください):

# prboom -width 800 -height 600 -iwad /path/to/file 

完全な設定のリストは man ページ に載っています。

ネット

サーバーを起動するには:

# prboom-game-server

デフォルトではポート 5030 を使います。ゲームに参加するには:

# prboom -net localhost:5030 -iwad /path/to/file

音楽

音楽が鳴らない場合、timidity++timidity-freepats をインストールしてください。

そして /etc/timidity++/timidity.cfg を編集して以下を追加:

dir /usr/share/timidity/freepats
source /etc/timidity++/freepats/freepats.cfg

freepats はサウンドフォントとして不完全なので注意してください。Doom や Doom 2 で使われている楽器の一部が再生されません。他のサウンドフォントをインストールすることを考慮してください。

データ

PrBoom を遊ぶのに必要なオリジナルの Doom のデータを持っていない場合、AUR から freedoom1AURfreedoom2AUR パッケージをインストールすることができます。