ProjectM

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

ProjectM は Windows/Winamp の Milkdrop プラグインが元になっているオープンソースのミュージックビジュアライザです。libvisual コンポーネントに加えて、JACK や PulseAudio からの音声出力をビジュアライズすることができる Qt の GUI を備えています。この wiki では PulseAudio のスタンドアロン GUI について扱っています。

インストール

ProjectM は公式リポジトリprojectm-pulseaudio パッケージでインストールできます。

他のサウンドサーバーのサポートは AURprojectm-jackprojectm-libvisual-alsaAUR でインストールできます。

実行

インストールしたら、コマンドラインから以下を実行してください:

$ projectM-pulseaudio

コントロール (メニューの "hotkeys" で確認できます):

m - メニューを表示
f - フルスクリーンのオンオフ切り替え
l - 特定のプリセットに"ロック"
y - シャッフルモードの切り替え
n - 次のプリセット
p - 前のプリセット
r - プリセットをランダムに選択
F1 - ヘルプメニュー
F2 - 曲名のオンオフ切り替え (libvisual や pulseaudio では使えません)
F3 - プリセット名のオンオフ切り替え
F4 - レンダリング情報のオンオフ切り替え
F5 - fps を表示

トラブルシューティング

1番目の PulseAudio の音声出力デバイスが使われます。以下のコマンドでデバイスのリストを確認できます:

pacmd list-sources

それが使いたいデバイスではなかった場合、'm' を押してメニューを立ち上げて Settings > Pulse Audio Settings を選択してください。一番下の "Try first available playback monitor" というチェックボックスのチェックを外して、使いたいデバイスを選択してください。(ビジュアライザで出力・再生されているものをビジュアライズしたい場合) おそらく ".monitor" で終わっているものがそれです。

使用方法や設定方法については ProjectM FAQ を見て下さい。

projectM に関する質問をしたいときは Sourceforge のヘルプフォーラム を使うと良いでしょう。