ProtonVPN

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

ProtonVPN は OpenVPN プロトコルを利用している VPN プロバイダーです。

以下のチュートリアルを使用するには protonvpn アカウントが必要です。

手順

openvpn パッケージをインストールしてください。

ProtonVPN にログインして OpenVPN の設定ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたら *.ovpn ファイルを以下のディレクトリにコピー:

/etc/openvpn/client/

使用したい .ovpn を選択してください (ここでは例として ca.protonvpn.com.tcp443.ovpn を使用します)。

新しい拡張子でファイルをコピーしてください:

# cp /etc/openvpn/client/ca.protonvpn.com.tcp443.ovpn /etc/openvpn/client/protonvpn.conf

openvpn-update-resolv-conf スクリプトをインストールしてください。/etc/openvpn/update-resolv-conf などに保存して chmod で実行可能属性を付与します。openvpn-update-resolv-confAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] パッケージでもインストールできます。スクリプトによってインターネットからの通信が全て VPN 経由であることが保証され DNS 漏れが防げます。

# chmod 755 /etc/openvpn/update-resolv-conf.sh

update-resolv-conf.sh スクリプトを使用するように .conf ファイルを編集してください:

/etc/openvpn/client/protonvpn.conf
script-security 2
up /etc/openvpn/update-resolv-conf.sh
down /etc/openvpn/update-resolv-conf.sh
down-pre

VPN を起動:

# openvpn /etc/openvpn/client/protonvpn.conf

Ctrl+C を押すことで VPN 接続を閉じることができます。

OpenVPN 認証の保存

ユーザー名とパスワードの入力を省略したい場合、別のファイルに OpenVPN の接続情報を保存して自動的に読み込ませることができます:

/etc/openvpn/client/protonvpn.conf
auth-user-pass /etc/openvpn/client/login.conf
/etc/openvpn/client/login.conf
openvpn_username
openvpn_password

起動時に VPN を有効化

systemd サービスの設定については OpenVPN#systemd サービスの設定を参照してください。

参照