RTL-SDR

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

RTL-SDR は安価なソフトウェア無線として使われている Realtek RTL2832U チップセットが載っている DVB-T USB ドングルを利用するためのツールのセットです。このチップはチューナーからホストデバイスに生の I/Q サンプルを直接伝送することができます。

詳しい技術仕様は RTL-SDR wiki を見て下さい。

パッケージ

最新安定版の RTL-SDR は公式リポジトリrtl-sdr からインストールできます。

開発版は AURrtl-sdr-gitAUR にあります。

ノート: RTL-SDR はカーネル内の既存の DVB-T ドライバーと衝突します。インストール時に /etc/modprobe.d/rtlsdr.conf でわかるように該当するドライバーをブラックリストに入れます。オリジナルの DVB-T ドライバーでドングルを使いたい場合、ドライバーを手動でロードする必要があります。DVB-T#ドライバーを参照。

udev ルールは /usr/lib/udev/rules.d/10-rtl-sdr.rules にインストールされます。適切なパーティションを設定することで root 以外のユーザーでもデバイスにアクセスできるようにすることが可能です。

ヒント: 公式の RTL-SDR ソフトウェアには赤外線モジュールは含まれていません。必要な場合は rtl_ir モジュールが含まれている こちらのフォーク を使ってください。

使用方法

シンプルなテストを行なって、ドングルが動作するかサンプルの欠落がないか確認してください:

$ rtl_test

生のサンプルを直接ファイル (または fifo) にキャプチャすることができます、例えば周波数を 123.4MHz に合わせて 1.8M サンプル/秒でキャプチャするには:

$ rtl_sdr capture.bin -s 1.8e6 -f 123.4e6

好きなラジオ局から受信して sox にパイプして音声を出すには:

$ rtl_fm -f 102.7e6 -M wbfm -s 200000 -r 48000 - | aplay -r 48000 -f S16_LE

アプリケーション

RTL-SDR を使用する人気のアプリケーション:

  • dump1090-gitAUR - 軽量な ModeS (1090Mhz) デコーダー
  • multimon-ng-gitAUR - 様々なデジタルモードのデコーダー
  • gqrx - Linux 用の SDR 無線受信ソフトウェア。gqrx を見てください。