rTorrent

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

rTorrent は迅速に動作する BitTorrent クライアントです。開発面では、libTorrent ライブラリを使用しています (libtorrent-rasterbar とは違います)。rTorrent は C++ を使って書かれており、ncurses プログラミングライブラリを利用したテキストユーザーインターフェイスがあります。ターミナルマルチプレクサ (例: GNU ScreenTmux) と Secure Shell を一緒に使うことで、便利なリモート BitTorrent クライアントとして活用できます。

インストール

公式リポジトリrtorrent パッケージをインストールしてください。

もしくは、AUR から rtorrent-gitAURrtorrent-extendedAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] をインストールしてください。

設定

ノート: 設定に関する詳細は次の rTorrent wiki の記事を見て下さい: Common Tasks in rTorrent for Dummies

rTorrent を実行する前に、サンプル設定ファイル /usr/share/doc/rtorrent/rtorrent.rc を探して ~/.rtorrent.rc にコピーしましょう:

$ cp /usr/share/doc/rtorrent/rtorrent.rc ~/.rtorrent.rc

パフォーマンス

ノート: パフォーマンスに関する詳細は次の rTorrent wiki の記事を見て下さい: Performance Tuning

以下のオプションの値はシステムのハードウェアやインターネットの接続速度に合わせます。最適値の見つけ方については次を読んでください: Optimize Your BitTorrent Download Speed

min_peers = 40
max_peers = 52

min_peers_seed = 10
max_peers_seed = 52

max_uploads = 8

download_rate = 200
upload_rate = 28

check_hash オプションは torrent のダウンロードが完了した時や rTorrent が起動したときにハッシュチェックを行います。起動時に、完了済みのファイルに問題がないか確認します。

check_hash = yes

ファイルの作成と管理

directory オプションには torrent データを保存するディレクトリを指定します (相対パスでも指定できます):

directory = ~/downloaded

session オプションを使うことで rTorrent の torrent の進捗を保存することができます。ホームディレクトリにディレクトリを作成することが推奨されます (例: mkdir ~/.rtorrent.session)。

session = ~/.rtorrent.session

schedule オプションを設定すると rTorrent は新しい torrent ファイルが追加されないか特定のディレクトリを監視します。このディレクトリに torrent ファイルを保存すると、自動的にダウンロードが開始されます。かならず監視するディレクトリを作成してください (例: mkdir ~/watch)。また、このオプションを使用すると、rTorrent が torrent ファイルをセッションフォルダに移動してハッシュ値に名前を変更するので注意してください。

schedule = watch_directory,5,5,load_start=/home/user/watch/*.torrent
schedule = untied_directory,5,5,stop_untied=
schedule = tied_directory,5,5,start_tied=

以下の schedule オプションはディスク容量が少なくなった時に rTorrent がデータをダウンロードするのを止めさせます。

schedule = low_diskspace,5,60,close_low_diskspace=100M

ポート設定

port_range オプションでは使用するポートを設定します。49152 以上のポート番号を使用することが推奨されます (参照: ポート番号の一覧)。rTorrent ではポートの範囲を指定することができますが、使用するポートは一つだけに絞ることが推奨されています。

port_range = 49164-49164

また、適切なポートのポートフォワーディングが有効になっていることを確認してください (参照: Port Forward guides)。

その他の設定

encryption オプションは暗号化を有効化または無効化します。このオプションは、あなた自身だけのためではなく、torrent スウォームのピアのためでもあります。たとえセキュリティを上げる必要がなかったとしても、有効にすることに害はありません。

encryption = allow_incoming,try_outgoing,enable_retry

また、全ての接続で強制的に暗号化を使用することもできます。ただし、あまり厳しいルールを使用するとクライアントの可用性が減少していきます:

encryption = require,require_RC4,allow_incoming,try_outgoing

Wikipedia:BitTorrent Protocol Encryption も見て下さい。

最後に、dht オプションは DHT のサポートを有効にします。DHT は主要なトラッカーで使われており、クライアントがより多くのピアを獲得できるようになります。

dht = auto
dht_port = 6881
peer_exchange = yes

キーバインディング

rTorrent では専らキーボードショートカットを使って操作を行います。下のクイックレファレンスを参照してください。完全なガイドは rTorrent wiki にあります (参照: rTorrent User Guide)。

ノート: Striking Ctrl-q twice in quick succession will make rTorrent shutdown without waiting to send a stop announce to the connected trackers.
コマンド 操作
Ctrl-q アプリケーションを終了
Ctrl-s ダウンロードを開始。ハッシュが行われていない場合は先に実行
Ctrl-d ダウンロードを停止または停止したダウンロードを削除
Ctrl-k ファイルのダウンロードを停止して終了
Ctrl-r torrent のハッシュチェックを開始。ダウンロード/アップロードは行わない。
Left 前の画面に戻る
Right 次の画面に移る
Backspace/Return 指定した *.torrent を追加
a|s|d 全体のアップロード速度を 1|5|50 KB/s 間隔で増やす
A|S|D 全体のダウンロード速度を 1|5|50 KB/s 間隔で増やす
z|x|c 全体のアップロード速度を 1|5|50 KB/s 間隔で減らす
Z|X|C 全体のダウンロード速度を 1|5|50 KB/s 間隔で減らす

マッピングの重複

Ctrl-s は画面の出力の停止に、Ctrl-q は画面の出力の開始に使われるのがターミナルでは普通です。これらのマッピングが rTorrent と干渉してしまうことがあります。ターミナルのオプションがマッピングと関連付けられていないか確認してください:

$ stty -a
...
swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z; rprnt = ^R; werase = ^W; lnext = ^V;
...

マッピングを削除するには、ターミナルの特性を変更して前述の特殊文字列を定義します (つまり stopstart):

# stty stop undef
# stty start undef

前述のコマンドを ~/.bashrc ファイルに追加することで、起動時に自動的にマッピングを削除させることができます。

ヒントとテクニック‎

tmux や screen を使用する systemd サービスファイル

  • tmux を使用 (rtorrent がクラッシュした場合に再起動)
/etc/systemd/user/rt.service
[Unit]
Description=rTorrent
After=network.target

[Service]
Type=forking
KillMode=none
ExecStart=/usr/bin/tmux new-session -s rt -n rtorrent -d rtorrent
ExecStop=/usr/bin/bash -c "/usr/bin/tmux send-keys -t rt:rtorrent.0 C-q && while pidof rtorrent > /dev/null; do sleep 0.5; echo rtorrent still running...; done"
WorkingDirectory=%h
Restart=on-failure

[Install]
WantedBy=default.target
  • rtorrent ユーザーで実行した tmux を使用 (rtorrent がクラッシュした場合に再起動)
/etc/systemd/system/rtorrent.service
[Unit]
Description=rTorrent Daemon
After=network.target

[Service]
Type=forking
KillMode=none
User=rtorrent
ExecStart=/usr/bin/tmux new-session -c /mnt/storage/rtorrent -s rtorrent -n rtorrent -d rtorrent
ExecStop=/usr/bin/tmux send-keys -t rtorrent C-q && /usr/bin/tmux kill-session -t rtorrent
WorkingDirectory=/home/rtorrent/
Restart=on-failure

[Install]
WantedBy=multi-user.target
  • screen を使用
/etc/systemd/user/rt.service
[Unit]
Description=rTorrent
After=network.target

[Service]
Type=forking
KillMode=none
ExecStart=/usr/bin/screen -d -m -fa -S rtorrent /usr/bin/rtorrent
ExecStop=/usr/bin/killall -w -s 2 /usr/bin/rtorrent
WorkingDirectory=%h

[Install]
WantedBy=default.target

ブート時に起動:

$ systemctl --user enable rt

手動で起動:

$ systemctl --user start rt

停止:

$ systemctl --user stop rt

rtorrent のセッションにアタッチ:

tmux attach -t rt

デタッチ:

Ctrl-b d

事前割り当て

community リポジトリに入っている rTorrent パッケージは事前割り当ての機能が削られています。事前割り当てを有効にして rTorrent をコンパイルすることで、torrent をダウンロードする前にファイルを割り当てることが可能になります。ファイルシステムのフラグメント化を防ぐことができるという利点がありますが、ファイルシステムが fallocate システムコールをサポートしてないかった場合、事前割り当てで遅延が発生することになります。

したがって、ネイティブで fallocate をサポートしている xfs, ext4, btrfs ファイルシステムを使用する場合は、このスイッチを利用することを推奨します。これらのファイルシステムでは事前割り当てで遅延が発生することなく、ファイルシステムのフラグメンテーションを少なくします。他のファイルシステムで事前割り当てを有効にすると遅延が発生します。ただし、ファイルのフラグメント化は防げます。

事前割り当てを利用できるようには、ABS ツリーから以下のスイッチを使って libTorrent をリコンパイルしてください:

$ ./configure --prefix=/usr --disable-debug --with-posix-fallocate

有効化するには、以下を ~/rtorrent.rc に追加します:

~/rtorrent.rc
# Preallocate files; reduces defragmentation on filesystems.
system.file_allocate.set = yes

完了したファイルの管理

ノート:
  • Currently, this part requires either the git version of rtorrent/libtorrent or having applied the patch to 0.8.6 that adds 'equal'.
  • If you're having trouble with this tip, it's probably easier to follow this.

It is possible to have rtorrent sort completed torrent data to specific folders based on which 'watch' folder you drop the *.torrent into while continuing to seed. Many examples show how to do this with torrents downloaded by rtorrent. The problem is when you try to drop in 100% done torrent data and then have rtorrent check the data and resume, it will not be sorted.

As a solution, use the following example in your ~/.rtorrent.rc. Make sure to change the paths.

# location where new torrent data is placed, and where you should place your
# 'complete' data before you place your *.torrent file into the watch folder
directory = /home/user/torrents/incomplete

# schedule a timer event named 'watch_directory_1':
# 1) triggers 10 seconds after rtorrent starts
# 2) triggers at 10 second intervals thereafter
# 3) Upon trigger, attempt to load (and start) new *.torrent files found in /home/user/torrents/watch/
# 4) set a variable named 'custom1' with the value "/home/user/torrents/complete"
# NOTE: if you do not want it to automatically start the torrent, change 'load_start' to 'load'
schedule = watch_directory_1,10,10,"load_start=/home/user/torrents/watch/*.torrent,d.set_custom1=/home/user/torrents/complete"

# insert a method with the alias 'checkdirs1'
# 1) returns true if the current path of the torrent data is not equal to the value of custom1
# 2) otherwise, returns false
system.method.insert=checkdirs1,simple,"not=\"$equal={d.get_custom1=,d.get_base_path=}\""

# insert a method with the alias 'movecheck1'
# 1) returns true if all 3 commands return true ('result of checkdirs1' && 'torrent is 100% done', 'custom1 variable is set')
# 2) otherwise, returns false
system.method.insert=movecheck1,simple,"and={checkdirs1=,d.get_complete=,d.get_custom1=}"

# insert a method with the alias 'movedir1'
# (a series of commands, separated by ';') 
# 1) "set path of torrent to equal the value of custom1";
# 2) "mv -u <current data path> <custom1 path>";
# 3) "clear custom1", "stop the torrent","resume the torrent"
# 4) stop the torrent
# 5) start the torrent (to get the torrent to update the 'base path')
system.method.insert=movedir1,simple,"d.set_directory=$d.get_custom1=;execute=mv,-u,$d.get_base_path=,$d.get_custom1=;d.set_custom1=;d.stop=;d.start="

# set a key with the name 'move_hashed1' that is triggered by the hash_done event.
# 1) When hashing of a torrent completes, this custom key will be triggered.
# 2) when triggered, execute the 'movecheck1' method and check the return value.
# 3) if the 'movecheck' method returns 'true', execute the 'movedir1' method we inserted above.
# NOTE-0: *Only* data that has had their hash checked manually with ^R [^R = Control r].
# Or on a rtorrent restart[which initiates a hash check]. Will the data move; ~/torrents/incomplete => ~/torrents/complete for example.
# NOTE-1: 'branch' is an 'if' conditional statement: if(movecheck1){movedir1}
system.method.set_key=event.download.hash_done,move_hashed1,"branch={$movecheck1=,movedir1=}"

You can add additional watch folders and rules should you like to sort your torrents into special folders.

For example, if you would like the torrents to download in:

/home/user/torrents/incomplete

and then sort the torrent data based on which folder you dropped the *.torrent into:

/home/user/torrents/watch => /home/user/torrents/complete
/home/user/torrents/watch/iso => /home/user/torrents/complete/iso
/home/user/torrents/watch/music => /home/user/torrents/complete/music

You can have the following in your .rtorrent.rc:

directory = /home/user/torrents/incomplete
schedule = watch_directory_1,10,10,"load_start=/home/user/torrents/watch/*.torrent,d.set_custom1=/home/user/torrents/complete"

schedule = watch_directory_2,10,10,"load_start=/home/user/torrents/watch/iso/*.torrent,d.set_custom1=/home/user/torrents/complete/iso"

schedule = watch_directory_3,10,10,"load_start=/home/user/torrents/watch/music/*.torrent,d.set_custom1=/home/user/torrents/complete/music"

system.method.insert=checkdirs1,simple,"not=\"$equal={d.get_custom1=,d.get_base_path=}\""
system.method.insert=movecheck1,simple,"and={checkdirs1=,d.get_complete=,d.get_custom1=}"
system.method.insert=movedir1,simple,"d.set_directory=$d.get_custom1=;execute=mv,-u,$d.get_base_path=,$d.get_custom1=;d.set_custom1=;d.stop=;d.start="
system.method.set_key=event.download.hash_done,move_hashed1,"branch={$movecheck1=,movedir1=}"

Also see pyroscope especially the rtcontrol examples. There is an AUR package.

Google メールで通知

Cell phone providers allow you to "email" your phone:

Verizon: 10digitphonenumber@vtext.com
AT&T: 10digitphonenumber@txt.att.net
Former AT&T customers: 10digitphonenumber@mmode.com
Sprint: 10digitphonenumber@messaging.sprintpcs.com
T-Mobile: 10digitphonenumber@tmomail.net
Nextel: 10digitphonenumber@messaging.nextel.com
Cingular: 10digitphonenumber@cingularme.com
Virgin Mobile: 10digitphonenumber@vmobl.com
Alltel: 10digitphonenumber@alltelmessage.com OR
10digitphonenumber@message.alltel.com
CellularOne: 10digitphonenumber@mobile.celloneusa.com
Omnipoint: 10digitphonenumber@omnipointpcs.com
Qwest: 10digitphonenumber@qwestmp.com
Telus: 10digitphonenumber@msg.telus.com
Rogers Wireless: 10digitphonenumber@pcs.rogers.com
Fido: 10digitphonenumber@fido.ca
Bell Mobility: 10digitphonenumber@txt.bell.ca
Koodo Mobile: 10digitphonenumber@msg.koodomobile.com
MTS: 10digitphonenumber@text.mtsmobility.com
President's Choice: 10digitphonenumber@txt.bell.ca
Sasktel: 10digitphonenumber@sms.sasktel.com
Solo: 10digitphonenumber@txt.bell.ca
  • /etc/mail.rc ファイルを消去して以下を入力:
set sendmail="/usr/bin/mailx"
set smtp=smtp.gmail.com:587
set smtp-use-starttls
set ssl-verify=ignore
set ssl-auth=login
set smtp-auth-user=USERNAME@gmail.com
set smtp-auth-password=PASSWORD

テキストを送信するために、メッセージを mailx プログラムにパイプします。

  • Bash スクリプトを作成:
/path/to/mail.sh
echo "$@: Done" | mailx 5551234567@vtext.com

Where the $@ is a variable holding all the arguments passed to our script.

  • And finally, add the important ~/.rtorrent.rc line:
system.method.set_key = event.download.finished,notify_me,"execute=/path/to/mail.sh,$d.get_name="

Breaking it down:

notify_me is the command id, which may be used by other commands, it can be just about anything you like, so long as it is unique.

execute= is the rtorrent command, in this case to execute a shell command.

/path/to/mail.sh is the name of our script (or whatever command you want to execute) followed by a comma separated list of all the switches/arguments to be passed.

$d.get_name= 'd' is an alias to whatever download triggered the command, get_name is a function which returns the name of our download, and the '$' tells rTorrent to replace the command with its output before it calls execute.

The end result? When that torrent, 'All Live Nudibranches', that we started before leaving for work finishes, we will be texted:

All Live Nudibranches: Done

アクティブな torrent を表示

デフォルトでは rtorrent はアクティブなタブを正しく表示しません。アクティブな torrent だけを表示するには .rtorrent.rc に以下の行を追加してください:

schedule = filter_active,30,30,"view_filter = active,\"or={d.get_up_rate=,d.get_down_rate=}\""

rTorrent クライアントで 9 押すと動作の変更が確認できます。

手動でトラッカーを torrent に追加

  1. rTorrent のコンソールビューから編集する torrent を選択。
  2. Ctrl+x を押す。
  3. If you had four trackers type following lines one at a time (always press Ctrl+x first) to add four more for example:
d.tracker.insert="5","udp://tracker.publicbt.com:80"
d.tracker.insert="6","udp://tracker.openbittorrent.com:80"
d.tracker.insert="7","udp://tracker.istole.it:80"
d.tracker.insert="8","udp://tracker.ccc.de:80"

トラブルシューティング

CA 証明書

rTorrent で HTTPS を使用するトラッカーを使う場合、root で以下を実行してください:

# cd /etc/ssl/certs
# wget --no-check-certificate https://www.geotrust.com/resources/root_certificates/certificates/Equifax_Secure_Global_eBusiness_CA-1.cer
# mv Equifax_Secure_Global_eBusiness_CA-1.cer Equifax_Secure_Global_eBusiness_CA-1.pem
# c_rehash

そして rTorrent を次のコマンドで実行してください:

$ rtorrent -o http_capath=/etc/ssl/certs

GNU Screen を使っている場合、変更が適用されるように .screenrc 設定ファイルを更新:

$ screen -t rtorrent rtorrent -o http_capath=/etc/ssl/certs

rTorrent 0.8.9 では network.http.ssl_verify_peer.set=0 を設定することで 問題が修正 されます。

詳細は次を参照: rTorrent Error & CA CertificaterTorrent Certificates Problem

ディレクトリのロック

クラッシュや不正のシャットダウンの後、ときどき rTorrent が動かなくなって、ロックファイルについてエラーを表示することがあります。

Per the error message, the file called "rtorrent.lock" can be found within the hidden folder .rtorrentsession for your download directory and manually removed.

Event failed: bad return code

system.method.* の行に空白が入っているのが原因です。空白を削除すれば動作するようになります。

ウェブインターフェイス

rTorrent には様々なウェブインターフェイスやフロントエンドが存在しています:

  • WTorrent は PHP ライブラリの Smarty テンプレートと XMLRPC を使って PHP でプログラミングされた rtorrent のウェブインターフェイスです。
  • nTorrent は rtorrent (cli torrent クライアント) の Java で書かれたグラフィカルユーザーインターフェイスです。
  • rTWi は PHP で書かれたシンプルな rTorrent ウェブインターフェイスです。
  • Rtgui は PHP で書かれたウェブベースの rTorrent フロントエンドで、XML-RPC を使って rTorrent クライアントと対話します。
  • rutorrentForum - uTorrent とよく似たインターフェイスを持つウェブベースのフロントエンドです。多数のプラグインと高度な機能をサポートしています (参照: ruTorrentGuide on forum)。
ノート: rTorrent is currently built using XML-RPC for C/C++, which is required for some web interfaces (e.g. ruTorrent).

XMLRPC インターフェイス

rtorrent をウェブインターフェイス (例: rutorrent) で使いたい場合は設定ファイルに以下の行を追加してください:

scgi_port = localhost:5000

詳細は次を参照: Using XMLRPC with rtorrent

マグネットリンクを watch フォルダに torrent ファイルとして保存

ノート: Rtorrent はネイティブでマグネットリンクによる torrent のダウンロードに対応しています。(Rtorrent を起動して 1 を押すと表示される) メインビューで、エンターを押してください。"load.normal>" にマグネットリンクを貼り付けてエンターを再度押すとダウンロードが開始されます。

マグネットリンクを watch フォルダに自動的に追加したい場合、以下のスクリプトで行うことができます:

#!/bin/bash
watch_folder=~/.rtorrent/watch
cd $watch_folder
[[ "$1" =~ xt=urn:btih:([^&/]+) ]] || exit;
echo "d10:magnet-uri${#1}:${1}e" > "meta-${BASH_REMATCH[1]}.torrent"

(ソース: http://blog.gonzih.org/blog/2012/02/17/how-to-use-magnet-links-with-rtorrent/)

Save it, for instance as rtorrent-magnet, give it execution permission, and place it somewhere under your $PATH. Then in Firefox:

  1. Type about:config into the Location Bar (address bar) and press Enter.
  2. Right-click: New > Boolean > Name: network.protocol-handler.expose.magnet > Value > false.
  3. Next time you click a magnet link you will be asked which application to open it with. Select the script we just created and you'll be done.

If you want xdg-open to handle this, which you need if you're using chrome instead of firefox, (though gnome and other DE might have their own programs overriding xdg-open) you need to create the desktop entry for the rtorrent-magnet script in ~/.local/share/applications/rtorrent-magnet.desktop with the following content:

[Desktop Entry]
Type=Application
Name=rtorrent-magnet
Exec=rtorrent-magnet %U
MimeType=x-scheme-handler/magnet;
NoDisplay=true

Then all you need to do is to register the mimetype using:

$ xdg-mime default rtorrent-magnet.desktop x-scheme-handler/magnet

マグネットを Torrent に変換

magnet2torrent-gitAUR パッケージを使うことでメタデータをダウンロードして torrent ファイルを作成することができます。

使用方法:

$ magnet2torrent <magnet link> [torrent file]

rtorrent-pyro

AURrtorrent-pyroAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] には rtorrent のコンソールインターフェイスが付属しています。pyroscope ツールは含まれていません。pyroscope ツールも必要な場合は #PyroScope を見て下さい。

Make sure you add following command to ~/.rtorrent.rc, which makes the asterisk key * to a shortcut for toggling between extended and collapsed view within rtorrent's interface:

schedule = bind_collapse,0,0,"ui.bind_key=download_list,*,view.collapsed.toggle="

Also set "pyro.extended" to 1 to activate rTorrent-PS features.

system.method.insert = pyro.extended, value|const, 1

PyroScope

pyroscope のインストール用のディレクトリを作成して、subversion からソースコードをダウンロード・アップデート:

mkdir -p ~/.lib
svn checkout http://pyroscope.googlecode.com/svn/trunk/ ~/.lib/pyroscope
~/.lib/pyroscope/update-to-head.sh

pyroscope のバイナリを .bashrc の PATH に追加:

export PATH=$PATH:path_to_the_bin      # Example path for pyroscope bin's: /home/user/.lib/pyroscope/bin/

~/.pyroscope/config.ini を作成:

pyroadmin --create-config

Add this to your ~/.rtorrent.rc. Don't forget to add the path of your pyroscope bin's dir (see below).

system.method.insert = pyro.bin_dir, string|const, write_here_path_to_your_pyroscope_bin_dir     # Example path: /home/user/.lib/pyroscope/bin/
system.method.insert = pyro.rc_dialect, string|const|simple, "execute_capture=bash,-c,\"test $1 = 0.8.6 && echo -n 0.8.6 || echo -n 0.8.9\",dialect,$system.client_version="
system.method.insert = pyro.rtorrent_rc, string|const|private, "$cat=~/.pyroscope/rtorrent-,\"$pyro.rc_dialect=\",.rc.default"
import = $pyro.rtorrent_rc=

Optionally: TORQUE: Daemon watchdog schedule. Must be activated by touching the "~/.pyroscope/run/pyrotorque" file! You can also just use rtorrent watch dir or give pyro_watchdog a try, which comes with 'treewatch' ability, meaning it also watches for torrents recursively within the given watch path. Further documentation for pyro_watchdog is here: [1] To enable pyro_watchdog, add this in ~/.rtorrent.rc and further configurations are in ~/.pyroscope/torque.ini.

schedule = pyro_watchdog,30,300,"pyro.watchdog=~/.pyroscope,-v"

Following steps are important. Before using pyroscope tools you have to set the missing "loaded" times to that of the .torrent file. Run this in your terminal:

rtcontrol '!*"*' loaded=0 -q -sname -o 'echo "$(name)s"\ntest -f "$(metafile)s" && rtxmlrpc -q d.set_custom $(hash)s tm_loaded \$(\
    ls -l --time-style "+%%s" "$(metafile)s" \
    | cut -f6 -d" ")\nrtxmlrpc -q d.save_session $(hash)s' | bash

And now set the missing "completed" times to that of the data file or directory:

rtcontrol '!*"*' completed=0 done=100 path=\! is_ghost=no -q -sname -o 'echo "$(name)s"\ntest -e "$(realpath)s" && rtxmlrpc -q d.set_custom $(hash)s tm_completed \$(\
    ls -ld --time-style "+%%s" "$(realpath)s" \
    | cut -f6 -d" ")\nrtxmlrpc -q d.save_session $(hash)s' | bash

Example usage: Will print out all torrents older than 2 hours:

rtcontrol -V completed=+2h -scompleted -ocompleted

Deletes all torrents older than 48 hours:

rtcontrol -V completed=+48h -scompleted -ocompleted --cull --yes

参照

フォーラムスレッド