Razer

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

現在 Razer の周辺機器の公式ドライバーは Linux に存在しません。しかしながら、Michael Buesch によって作成されたツール razercfg を使って Linux でも Razer のマウスを設定することができます。また、Razer のキーボードのマクロキーを有効にするスクリプトも存在します。比較的新しい openrazer-metaAUR パッケージを使って Razer のサポートを有効にすることもできます (polychromaticAUR で GUI による設定が可能)。サポートされているデバイスは こちら に記載されています。

Razer 周辺機器

互換性

razercfg では以下のモデルのマウスを扱うことができます:

  • Razer DeathAdder Classic
  • Razer DeathAdder 3500 DPI
  • Razer DeathAdder Black Edition
  • Razer DeathAdder 2013
  • Razer DeathAdder Chroma
  • Razer Krait
  • Razer Naga Classic
  • Razer Naga 2012
  • Razer Naga 2014
  • Razer Naga Hex
  • Razer Taipan

また、以下のモデルも使えますが全ての機能が使えるとは限りません:

  • Razer Lachesis
  • Razer Copperhead
  • Razer Boomslang CE

インストール

AUR から razercfgAUR または razercfg-gitAUR (開発版) をダウンロード・インストールしてください。

/etc/X11/xorg.conf ファイルを編集して以下のようになっている行をコメントアウトして現在のマウスの設定を無効化してください:

/etc/X11/xorg.conf
 Section "InputDevice"
    Identifier  "Mouse"
    Driver  "mouse"
    Option  "Device" "/dev/input/mice"
 EndSection

xorg.conf に記述するのは Mouse だけで Mouse# は存在しないようにするのも重要です。

コンピュータを再起動して、以下を実行:

# udevadm control --reload-rules

それから razerd デーモンを起動有効化してください。

Razer Configuration Tool を使う

コマンドラインツールの razercfg と Qt による GUI ツール qrazercfg のどちらかを使うことができます。

ツールからは、マウスの DPI や周波数を変更したり、スクロールやロゴのライトを有効化・無効化したり、ボタンを設定することが可能です。

再起動したらカラーがリセットされてしまう場合、設定ファイルを直接編集してテストしてみてください:

/etc/razer.conf
# Configure LEDs
led=1:GlowingLogo:on
led=1:Scrollwheel:on
mode=1:Scrollwheel:static
color=1:Scrollwheel:0000FF
mode=1:GlowingLogo:static
color=1:GlowingLogo:FFFFFF

"static" は spectrum や breathing に変更することができ、LED をオフにしたい場合 mode や color は削除します。

Razer Blade

Razer Blade は Razer のゲーミングノートパソコンシリーズです。現在12インチ (Razer Blade Stealth) と14インチ (Razer Blade) と17インチ (Razer Blade Pro) のモデルが存在します。17インチの SBUI トラックパッドはプロプライエタリなため、USB プロトコルをリバースエンジニアリングしないかぎり動作させることは不可能です。

2016 バージョン (Razer Blade & Razer Blade Stealth)

通常どおりにインストールすれば動作しますが、例外として以下の点に気をつけてください。

Killer 無線ネットワークアダプタ

Killer Wireless アダプタは特別なファームウェアがなくても動作します。特に設定は不要です。

重い処理のときに接続が切れてしまう場合 ath10k-firmware-qca9887-gitAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] パッケージを試してみてください。

タッチパッド

xf86-input-libinput パッケージをインストールしてください。ドライバーについては Libinput を参照。

もしくは、Synaptics タッチパッドドライバーを使用したい場合、xf86-input-synaptics パッケージをインストールしてください。

タッチスクリーン

タッチスクリーンの基本的な機能は特に設定をしなくても動作しますが、toucheggAUR を使うことでマルチタッチのジェスチャーを設定できます。2本指のスクロールや右クリックなどが使えます。

グラフィックドライバー

xf86-video-intel パッケージをインストールして得られる標準の Intel ドライバーで動作します。詳しくは Intel Graphics を見てください。

画面がちらつく問題は AccelMethoduxa に変更することで解決します:

/etc/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf
Section "Device"
  Identifier  "Intel Graphics"
  Driver      "intel"
  Option      "AccelMethod"  "uxa"
  #Option      "AccelMethod"  "sna"
EndSection

ハイブリッドグラフィック

Xorg や Wayland を起動する前にディスクリートの Nvidia GPU をオフにした場合、システムがフリーズします。対処方法としては、グラフィカルセッションを起動した後にディスクリートカードを手動で無効化・有効化するしかありません。ただし、問題を解決する ACPI DSDT のフィックスが存在します。詳しくは こちらのリポジトリ を参照してください。

サスペンドループ

(ノートパソコンのフタを閉じると発生する) サスペンドは正しく機能しません。サスペンド自体は可能ですが、復帰したときにまたサスペンドしてしまったり画面が表示されなくなることがあります。

問題を解決するには、カーネルパラメータに以下を追加してください:

button.lid_init_state=open

上記の設定で acpi ドライバーはサスペンドから復帰したときに特別なイベントを生成してシステムが落ちないようにします。

設定が有効になっているかどうかは以下のコマンドで確認できます:

# cat /sys/module/button/parameters/lid_init_state
open

また、全てのブートパラメータを確認するには:

$ cat /proc/cmdline
initrd=\initramfs-linux.img ... button.lid_init_state=open

上記の問題について、2016年12月にはカーネルの ACPI ドライバーのバグとして 報告 されています。

HiDPI

GNOME を使用している場合、gnome-tweak-tool を使ってウィンドウやフォントのスケールを調整できます。フォントスケールを 1.25 に設定することで Windows 10 で表示されるときのフォントサイズに近くなります。

HiDPI ではないモニターを接続する場合、xrandr を使って外付けモニターのスケールを変更することができます。HiDPI#マルチディスプレイを参照。GNOMEWayland で動作させると更によい結果が得られます。インストールしたら、GDM の歯車アイコンをクリックして Gnome On Wayland を選択することでデフォルトで Wayland で動作するようになります。

オーディオ

最新の 'KabyLake' Intel CPU では、Windows とデュアルブートしている場合、Windows で起動して Linux で再起動したときに音声に問題が発生することがあります。スピーカーから音が出なくなりヘッドフォンにはノイズが響きます (特にタッチパッドを使用しているときに発生します)。公式の解決方法はまだ公開されていませんが、再起動せずにコンピュータを完全にシャットダウンすることで問題は発現しなくなります。

ウェブカメラ

uvcvideo のオプション quirks=128 を設定することでウェブカメラは 720p30 で機能するようになり、Google ハングアウト が使えるようになります。cheese は解像度を 720p に変更してから再起動することで動作します。quirk を2の倍数で倍々にすることでビデオの品質はさらに上がります。quirks=512 で一番綺麗になるようです:

/etc/modprobe.d/uvcvideo.conf
## fix issue with built-in webcam
options uvcvideo quirks=512

キーボード

openrazer-metaAUR をインストールすることでバックライトの制御機能 (エフェクトなど) やマクロ制御が有効になります。polychromaticAURrazercommander-gitAUR を使うことで GUI でキーボードのオプションを設定できます。

2014 バージョン

問題

ソース

  • タッチパッド (マルチタッチ、ただし修正済みのカーネルバグが原因の可能性あり)
  • 画面の輝度を上げたり下げたりするキーが動作せず
  • キーボードの輝度を上げたり上げたりするキーが動作せず

トラックパッドを修正する方法

ソース

git clone https://github.com/aduggan/hid-rmi.git -b rb14 # and then install it
depmod -a

xf86-input-synaptics パッケージをインストールしてください。

動作しない機能: ピンチズーム, 3番目のマウスボタン

2013 バージョン

機能

ソース

  • ワイヤレス
  • スイッチャブルグラフィック
  • Bluetooth
  • キーボードライト (ハードウェア制御)
  • UEFI ブート
  • トラックパッド (Linux 4.0 以上のみ、libinput ベースの X.Org インプットドライバーは不要 (xf86-input-libinput) [1])

問題

ソース

  • ドライバーが存在しないために SwitchBlade UI が動作しない。
  • トラックパッドでスクロールすることができない。

トラックパッドを修正する方法

ソース

git clone https://github.com/aduggan/hid-rmi.git -b rb14 # and then install it
depmod -a

xf86-input-synaptics パッケージをインストールしてください。

動作しない機能: ピンチズーム, 3番目のマウスボタン

Razer キーボード

Linux でマクロキーを有効にすることができる Python スクリプトが2つ存在します:

Blackwidow Control

blackwidowcontrolAUR パッケージをインストールして root で以下のコマンドを実行してください:

$ blackwidowcontrol -i

デスクトップ環境のショートカットユーティリティを使ってキーをマッピングできます。特徴:

  • BlackWidow, BlackWidow 2013, BlackWidow Ultimate Stealth 2014 で動作することを確認済み
  • BlackWidow Ultimate, BlackWidow Ultimate 2013, BlackWidow 2014 でもおそらく動作
  • BlackWidow (Ultimate) 2016 では動作せず
  • Python 3 を使用
  • LED の状態を制御可能
  • キーボードが接続されたときに自動的にマクロキーを有効にする udev ルールが含まれています。

Blackwidow マクロスクリプト

razer-blackwidow-macro-scriptsAUR パッケージをインストールしてください。特徴:

  • BlackWidow Ultimate と Stealth 2013 で動作 (他のバージョンで動作するかは不明)
  • Python 2 を使用
  • マクロを作成・実行するためのスクリプトが付属

トラブルシューティング

マウスがときどき機能しなくなる

ノート: Razer Orochi 2013ASUS N550JV で確認済みです。ノートパソコンは給電に問題を抱えている場合があり、接続されているマウスの USB ポートに直接影響を与えて問題を引き起こすことがあります。

しばらく経つと Razer のマウスが (LED は光っているのに) 動作しなくなり、再起動したりコードを抜き差ししても解決しない場合、以下のコマンドを試してみてください。

ehci_pciehci_hcd モジュールをアンロード:

# rmmod ehci_pci
# rmmod ehci_hcd

マウスを切断して、数秒間待ってから以下のコマンドを実行してモジュールを再度ロード:

# modprobe ehci_hcd
# modprobe ehci_pci

マウスを接続すると動作するようになっているはずです。