Rbenv

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

rbenv (Simple Ruby Version Management) は複数のバージョンの Ruby を簡単に切り替えることができます。シンプルかつ控えめで、一つのツールは一つのことをやるという UNIX の伝統に従っています。

同じ目的を持ったツールとして RVM が存在します。

RVM との比較

wiki より:

rbenv は以下のことを行います...

  • ユーザーごとにグローバルな Ruby のバージョンを変更する。
  • プロジェクトごとに Ruby のバージョンを変える。
  • 環境変数で Ruby のバージョンを上書きする。

rvm に対して、rbenv は以下のことを行いません...

  • シェルにロードする必要性。代わりに、ディレクトリを $PATH に追加するだけで使えます。
  • cd などのシェルコマンドの上書き。危険かつ誤りを犯しやすくなります。
  • 設定ファイルの存在。使用したい Ruby バージョンの設定しかありません。
  • Ruby のインストール。自分で Ruby をビルド・インストールしたり、ruby-build を使ってインストールを自動化することができます。
  • gemset の管理。アプリケーションの依存関係を管理するのは Bundler の方が優れています。あなたのプロジェクトで Bundler を使っていない場合は rbenv-gemset プラグインをインストールすることができます。
  • 互換性のために Ruby ライブラリに変更を加える。rbenv のシンプリシティとは、$PATH にさえ入っている限り、誰もそのことを認識する必要はないということです。
  • プロジェクトを切り替えるときに警告する。任意のコードを実行する代わりに、rbenv はプロジェクトからバージョン名だけを読み込みます。"trust" はありません。

インストール

AUR から rbenvAUR をインストールできます。

プラグイン

rbenv はプラグインシステムで拡張することができ、rbenv の wiki には 便利なプラグインのリスト が記載されています。特に ruby-build プラグインが便利です。rbenv install コマンドで特定の Ruby バージョンをインストールできるようになります。AUR から ruby-buildAUR でインストールすることが可能です。

参照