RecordMyDesktop

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

recordMyDesktop は X 用のスクリーンキャストソフトウェアです。ALSA, OSS, JACK オーディオサーバーから音声を録音できます。JACK を使ってキャプチャできるのでプロオーディオのチュートリアル動画を作るときに有用です。recordMyDesktop が出力できるのは動画は Theora を、音声は Vorbis を使用した Ogg 動画だけになります。

インストール

公式リポジトリrecordmydesktop パッケージでインストールできます。

recordMyDesktop は CLI ツールですが2つの GUI インターフェイスが利用できます: gtk-recordmydesktopqt-recordmydesktop

使用方法

使い方は簡単で man ページも存在します。音声キャプチャに JACK を使用するコマンド例:

$ recordmydesktop --use-jack system:capture_1

トラブルシューティング

最新のバージョンは動作に問題があり特殊なパラメータを必要とします。音声が途切れないようにするために以下のコマンドを使ってください:

$ recordmydesktop --use-jack system:capture_1 --v_bitrate 2000000

録音に遅延が発生する

録音された音声にラグがある場合 (シェルから起動したときに次のエラーメッセージ: Broken pipe: Overrun occurred)、音声デバイスを変更することで解決するかもしれません (Intel のオンボードカードでしばしば発生します)。変更する方法は2つ存在します。

1. ターミナルバージョンを使っている場合、次のコマンドで recordmydesktop を起動してください:

$ recordmydesktop --device plughw:0,0

2. GUI を使っている場合、設定のオーディオタブでデバイスを DEFAULT から plughw:0,0 に変更できます。

問題に関する詳細は こちら を参照。

音声と動画にずれが生じる

上記のように plughw:0,0 デバイスを使っても一部の Intel のカードでは部分的にしか効果がありません。以下のコマンドを試してみてください:

$ recordmydesktop --device plughw:0,0 --freq 22050 --channels 2

入力ソースによって生成されるチャンネルの数を正しく指定するのが鍵です (上記の場合、ステレオマイク)。

録音した音声に歪みがある (遅い低音)

Rode Podcaster USB マイクロフォンで発生します。周波数を 45000 に設定することで解決します:

$ recordmydesktop --device plughw:2,0 --freq 45000 --channels 2

PulseAudio で録音されない

recordmydesktop が以下のようなエラーで終了する場合:

Couldn't open PCM device hw:0,0
Error while opening/configuring soundcard hw:0,0
Try running with the --no-sound or specify a correct device.

次のコマンドで起動してください:

$ recordmydesktop --device pulse

参照