Reflector

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

ReflectorMirrorStatus ページから最新のミラーリストを取得して、ミラーを速度でソートし、/etc/pacman.d/mirrorlist ファイルを上書きするスクリプトです。

インストール

reflector パッケージをインストールしてください。

使用方法

警告:
  • 最初に /etc/pacman.d/mirrorlist ファイルをバックアップしておいてください。
  • Pacman で同期とアップデートをする前に /etc/pacman.d/mirrorlist には信頼できないエントリが含まれていないようにしてください。

利用できるコマンドを表示するには、次のコマンドを実行:

# reflector --help

サンプル

以下のコマンドは同期が一番新しい5つのミラーを取り出して、速度でソートし、/etc/pacman.d/mirrorlist ファイルを上書きします:

# reflector --verbose --latest 5 --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

以下のコマンドは、最近同期が行われた HTTP または HTTPS ミラー200個を選択して、ダウンロード速度でソートし、/etc/pacman.d/mirrorlist ファイルを上書きします:

# reflector --latest 200 --protocol http --protocol https --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

以下のコマンドはアメリカに存在する、12時間以内に同期が行われた HTTPS ミラーを選択して、ダウンロード速度でソートし、/etc/pacman.d/mirrorlist ファイルを上書きします:

# reflector --country 'United States' --age 12 --protocol https --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

Pacman フック

pacman フックを作成して pacman-mirrorlist が更新されるたびに reflector を実行して .pacnew ファイルを削除するように設定できます:

/etc/pacman.d/hooks/mirrorupgrade.hook
[Trigger]
Operation = Upgrade
Type = Package
Target = pacman-mirrorlist

[Action]
Description = Updating pacman-mirrorlist with reflector and removing pacnew...
When = PostTransaction
Depends = reflector
Exec = /bin/sh -c "reflector --country 'United States' --latest 200 --age 24 --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist;  rm -f /etc/pacman.d/mirrorlist.pacnew"

reflector の引数は適宜書き換えてください。

pacman フックについて詳しくは Pacman#フックを参照。

Systemd サービス

/etc/systemd/system/reflector.service
[Unit]
Description=Pacman mirrorlist update

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/usr/bin/reflector --protocol https --latest 30 --number 20 --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

reflector.service起動すればミラーリストが更新されます。

コンピュータが起動するたびにミラーリストを更新するには以下のサービスを有効にしてください。

/etc/systemd/system/reflector.service
[Unit]
Description=Pacman mirrorlist update
Requires=network-online.target
After=network-online.target

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/usr/bin/reflector --protocol https --latest 30 --number 20 --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

[Install]
RequiredBy=multi-user.target

network.target がネットワーク状態を正確に反映するように 適当なサービスを有効化 してください。

Systemd タイマー

reflector.service を一週間ごとに実行したい場合:

/etc/systemd/system/reflector.timer
[Unit]
Description=Run reflector weekly

[Timer]
OnCalendar=weekly
RandomizedDelaySec=12h
Persistent=true

[Install]
WantedBy=timers.target

作成したら reflector.timer起動してください。

AUR パッケージ

reflector-timerAUR パッケージを使って reflector を毎週実行することもできます。

デフォルト設定:

/usr/share/reflector-timer/reflector.conf
AGE=6
COUNTRY=Germany
LATEST=30
NUMBER=20
SORT=rate

設定を上書きするには /etc/conf.d/reflector.conf を編集:

/etc/conf.d/reflector.conf
COUNTRY=US

インストールしたら reflector.timer有効化してください。