Remind

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Remind は高性能なカレンダー・アラームプログラムです。以下の機能を備えています:

  • 洗練されたスクリプト言語と休日や例外の賢い処理。
  • プレーンテキスト, PostScript, HTML での出力。
  • リマインダーやポップアップアラームの設定。
  • スクリプト言語を学ぶ気のない人のためのフレンドリーなグラフィカルフロントエンド。
  • グレゴリオ暦とユダヤ暦に対応。
  • 12カ国語をサポート。

インストール

公式リポジトリremind パッケージをインストールしてください。

設定

インストール後、remind スクリプトファイル (.rem) を使ってリマインダーを定義できます。作成したファイルは ~/.reminders~/.config/remind に置くと良いでしょう。

以下は remind スクリプトで書いたリマインダーの例です:

~/.config/remind/reminders.rem
REM Jan 1 MSG Remind every year on new years day
REM January 1 2015 MSG Remind only on new years day 2015
REM Sunday 2 MSG Remind every second Sunday
REM March Monday 1 --7 MSG remind on the last Monday of February
REM December 25 +30 MSG Christmas

最後から2番目のリマインダーは次の月から7日間を引いています。+ 記号は指定した日付よりも早くメッセージを表示します。

remind の設定について詳しくは remind(1)man ページを見てください。

インクルード

リマインダースクリプトでは他のスクリプトをインポートすることができます。例えば、以下のようにして誕生日のリマインダーと休日のリマインダーを別のファイルに分けることができます:

include ~/.config/remind/birthdays.rem
include ~/.config/remind/holidays.rem

使用方法

remind を使うことでリマインダーの確認ができます。リマインダーファイルを remind に指定してください:

$ remind ~/.config/remind/reminders.rem

上記のコマンドはユーザーに通知することが予定されているリマインダーのリストを出力します。

テキストベースのカレンダーを出力するには -c オプションを使用:

remind -c1 ~/.config/remind/reminders.rem

上記のコマンドは現在の月のカレンダーを出力します。来月以降を出力するには、1 を出力したい月数に置き換えてください。

PostScript / PDF カレンダー

PostScript 形式でカレンダーを作成することもできます:

$ remind -c2 -p ~/.config/remind/reminders.rem | rem2ps > calendar.ps

-p オプションで remind から出力される文字列は rem2ps で処理できます。rem2ps はデフォルトでは標準出力に出力するので、ファイルにリダイレクトすることで evince などのプログラムで開くことができるようになります。

PostScript ファイルは ps2pdf で変換できます。Ps2pdf は公式リポジトリghostscript パッケージに入っています。

参照