SCP と SFTP

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Secure copy (SCP)Secure Shell 接続を使ってファイルを転送するプロトコルです。SSH file transfer protocol (SFTP) は同じようなプロトコルで、SCP と同様に Secure Shell をバックエンドとして使います。どちらのプロトコルでもパスワードや転送データが暗号化されるので、安全にファイルを転送できます。ただし、SFTP プロトコルには、中断した転送の再開やリモートのファイルを削除したりする機能が追加されています。

Secure file transfer protocol (SFTP)

OpenSSH をインストール・設定するだけで SFTP のセットアップも完了しています。SSH が動作しているのであれば、SSH のデフォルト設定で有効になっているので SFTP も同じく動作しています。設定が古い場合は以下の手順に従ってください。

適当なエディタで /etc/ssh/sshd_config を開いて、以下の行を (存在しない場合) 追加してください:

Subsystem sftp /usr/lib/ssh/sftp-server

sshd.service デーモンを再起動すれば SFTP が機能します。

sftp プログラムや sshfs を使ってファイルを操作できるはずです。標準的な FTP プログラムも大抵は動作します。

Secure copy protocol (SCP)

opensshインストール・設定して起動してください。パッケージにはファイルを転送するための scp コマンドが含まれています。詳しくは Secure Shell を参照。

rsshAURscponly などのパッケージをインストールすることでさらに機能を追加できます。下を参照。

Scponly

Scponly は scp/sftp だけでしかコンピュータにアクセスできないようにする制限的なシェルです。さらに、scponly で特定のディレクトリに chroot をセットアップして更にセキュリティを高めることもできます。

scponlyインストールしてください。

既にユーザーを作成している場合、ユーザーのシェルを scponly に設定するだけです:

# usermod -s /usr/bin/scponly username

これで完了です。適当な sftp クライアントを使用してテストしてみてください。

chroot 監獄の追加

パッケージには chroot を作成するスクリプトが付属しています。使用するには:

# /usr/share/doc/scponly/setup_chroot.sh
  • 質問に答えてください。
  • /path/to/chroot の所有者を root:root にして others の権限を r-x にします。
  • 使用するユーザーのシェルを /usr/bin/scponlyc に変更します。
  • sftp-server は libnss_files などの libnss モジュールを必要とします。モジュールを chroot の /lib パスにコピーしてください。