Samsung NP740U3L-L02US

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Arch Linux で特に問題なく動作する 2-in-1 の Samsung 製ノートパソコンです。Windows 10 がプリインストールされています。

Samsung Notebook 7 Spin, Samsung NP740U3L-L02US|NP740U3L-L02US あるいは 740U3L など様々な名前で呼称されています。どれも同じ機種、あるいは類似機種を意味します。まだレビューや市場の情報は出揃っていません。

デュアルブート

NP740U3L は UEFI ノートパソコンです。デュアルブートするには BIOS でセキュアブートを無効化する必要があります。マシンが立ち上がったらすぐに F2 を押してセットアップを開いてください。"Boot" を選択して適切な設定を行ってください。場合によっては他の設定も変更する必要があります。設定を保存したらシャットダウンしてください。USB のインストールメディアを接続して、セットアップを開いたら、ブート順序メニューから USB を選択してください。

この機種に搭載されているハードドライブは 1TB です。Windows 10 とリカバリパーティションがそのほとんどを占めています。USB ドライブにインストールしたライブ CD ディストリを使えば GParted で簡単にリサイズすることができます。Windows 10 パーティションを適当な容量まで小さくしてから、リカバリパーティションをディスクの右側に移動して、Linux 用のパーティションを作成してください。例えば、以下のような構成が考えられます (Linux の容量を 700 GiB としています):

NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 931.5G  0 disk 
├─sda1   8:1    0   100M  0 part /boot
├─sda2   8:2    0   128M  0 part 
├─sda3   8:3    0 214.9G  0 part 
├─sda4   8:4    0   500M  0 part 
├─sda5   8:5    0  11.4G  0 part 
├─sda6   8:6    0     1G  0 part 
├─sda7   8:7    0 695.2G  0 part /
└─sda8   8:8    0   8.4G  0 part [SWAP]
警告: このノートパソコンには Windows 10 のインストールメディアが付属していません。リカバリデータは全てハードドライブ上に存在します。Windows とのデュアルブートは可能ですが、パーティションを変更した後にリカバリパーティションが機能するかは未確認です。自己責任で行ってください。

上記の例では、Arch Linux をインストールするときに /dev/sda1 をブートパーティション、/dev/sda7 をルートパーティションとして使います。arch-chroot を実行する前に /dev/sda7/mnt/boot/マウントしてください。そして、/bootブートローダーをインストールします。UEFI の設定について、詳しくは Windows と Arch のデュアルブート#UEFI 環境を見てください。

ネットワーク/Wifi

NP740U3L には有線ポートが付いていません。

Wifi は初期設定から問題なく動作します。再起動した後でも無線で接続できるように、chroot 中に設定を行ってください。Wifi の 'iwlwifi' モジュールは特に設定をしなくてもロードされ問題なく機能します。

ノート: wifi-menu から警告やエラーが表示される場合がありますが、動作に支障はありません。

サウンド

PulseAudio で問題なく機能します。詳しいテストはしていません。

グラフィック

Intel HD Graphics 520 は特に設定をしなくても機能します。

ウェブカメラ

ウェブカメラは uvcvideo モジュールを使用します。特に設定は不要です。guguvcview で動作を確認済みです。

参照