Secure Shell

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

Wikipedia によると:

Secure Shell (SSH) は、安全でないネットワーク上でネットワークサービスを安全に操作するための暗号化ネットワークプロトコルです。代表的な用途としては、リモートコマンドラインログインやリモートコマンド実行などがありますが、SSH を使えばどんなネットワークサービスも安全に利用することができます。

SSH を使用できるサービスの例として、GitrsyncX11 フォワーディングがあります。常に SSH を使用するサービスは、SCP と SFTP です。

SSH サーバーは、デフォルトでは、標準の TCP ポート22でリッスンします。SSH クライアントプログラムは、通常、リモート接続を受け入れる sshd デーモンへの接続を確立するために使用されます。どちらも、macOS、GNU/Linux、Solaris、OpenVMS など、最近のほとんどのオペレーティングシステムに一般的に搭載されています。プロプライエタリ、フリーウェア、オープンソースのバージョンが、さまざまなレベルの複雑さと完成度で存在しています。

実装

  • Dropbear — 軽量な SSH サーバです。コマンドラインの ssh クライアントは dbclient(1) という名前です。
https://matt.ucc.asn.au/dropbear/dropbear.html || dropbear
  • OpenSSH — SSH プロトコルでリモートログインするための最上位の接続ツール
https://www.openssh.com/portable.html || openssh
  • TinySSH — SSHv2 の機能の一部だけを実装した最小限の SSH サーバです。依存関係は glibc だけです。
https://tinyssh.org/ || tinyssh

セキュアリング

セキュリティ#SSH を参照。

参照