Slock

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Slock はシンプルな X ディスプレイロッカーです [1]

インストール

slock または slock-gitAUR パッケージをインストールしてください。

設定

設定を変更するには config.h ヘッダーファイルを編集してパッケージを再コンパイルする必要があります。

使用方法

画面をロックするには slock を実行してください。画面をロックした後に実行する引数を指定することもできます:

$ slock cmd [arg ...]

ヒントとテクニック

サスペンド時にロック

モニターの電源を切って画面をロックするサービスを作成:

/etc/systemd/system/slock@.service
[Unit]
Description=Lock X session using slock for user %i
Before=sleep.target

[Service]
User=%i
Environment=DISPLAY=:0
ExecStartPre=/usr/bin/xset dpms force suspend
ExecStart=/usr/bin/slock

[Install]
WantedBy=sleep.target

作成したら slock@user.service サービスを有効化してください。user は適切なユーザー名に置き換えてください。

仮想端末の切り替えと X の終了を防ぐ

slock は VT の切り替えをブロックして画面ロックを迂回されないようにすることを推奨しています。同じ理由で slock ではユーザーが X サーバーを終了できないようにすることを推奨します。Xorg#TTY のアクセスをブロックXorg#ユーザーが X を終了できないようにするを見てください。

参照