Sshguard

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

警告: IP ブラックリストを使えば取るに足らない攻撃を防ぐことはできますが、専用のデーモンを使う必要がありログは残ります (特に攻撃者が何度もサーバーにアタックした場合 /var を含むパーティションが一杯になってしまう可能性もあります)。さらに、攻撃者が IP アドレスを知っている場合、ソースヘッダーを偽装したパケットを送りつけてサーバーからロックアウトさせるよう仕向けてくるかもしれません。SSH 鍵はこれらの問題に煩わされることなくブルートフォースの問題を解決する方法を提供します。

sshguardSSH などのサービスをブルートフォース攻撃から守るためのサービスで、fail2ban と似ています。

sshguard は他の2つと違って C で書かれており、軽量かつシンプルです。コアの機能は同等ながら機能は抑えめに作られています。

sshguard は同じようなツールが持っている、ログ解析による 脆弱性 から攻撃されることは (ほとんど、または絶対に) ありません。

インストール

sshguard パッケージをインストールしてください。

設定

sshguard は /var/log/auth.logsyslog-ng、そして systemd の journal にログイン試行の失敗がないか監視することで動作します。試行が失敗するたびに、問題のホストは ban されて、しばらく通信ができなくなります。違反者が通信できなくなるデフォルトの時間は7分で、ログインを失敗するたびに2倍になります。何度もログイン失敗したホストは永久的に追放するように sshguard を設定することもできます。

一時的な ban も永続的な ban も、どちらも iptables の "sshguard" チェインにエントリを追加して違反者からのパケットを全て拒否することで行われています。ban は syslog に記録され /var/log/auth.log に残ったり、systemd を使っている場合、systemd の journal に記録されます。ban の効果がポート 22 だけ影響するようにするには、単純に他のポートで "sshguard" チェインをパケットが通過しないようにしてください。

sshguard によるブロックを機能させるにはファイアウォールを設定する必要があります。

UFW

UFW をインストール・有効化している場合、DROP の制御を sshguard に渡す必要があります。/etc/ufw/before.rules を編集して以下の行を記述することで設定できます。ループバックデバイスのセクションの後に挿入してください。

ノート: sshd を標準のポートで動作させていない場合は最後の行を修正する必要があります (22 が標準ポートです)。
/etc/ufw/before.rules
# hand off control for sshd to sshguard
-N sshguard
-A ufw-before-input -p tcp --dport 22 -j sshguard

上記の変更を行った後に ufw再起動してください。

iptables

ノート: 先に iptablesシンプルなステートフルファイアウォールを読んでファイアウォールをセットアップしてください。

必要な設定は iptables に sshguard という名前のチェインを作成することです。sshguard はこのチェインに自動的に悪いホストからのパケットを拒否するルールを追加します:

# iptables -N sshguard

次に INPUT チェインから sshguard チェインにジャンプするルールを追加します。以下のルールは sshguard が保護するポートを処理する他のルールよりも前に追加してください [1]:

# iptables -A INPUT -p tcp --dport 22 -j sshguard

ルールを保存するには:

# iptables-save > /etc/iptables/iptables.rules
ノート: IPv6 を使っている場合、ip6tables でも同じ設定を行ってから ip6tables-save/etc/iptables/ip6tables.rules にルールを保存してください。

使用方法

systemd

sshguard.service起動・有効化してください。同梱されている systemd ユニットは /var/db/sshguard/blacklist.db のブラックリストを使って journalctl を sshguard にパイプで渡しています。

syslog-ng

syslog-ng をインストールしている場合、コマンドラインから直接 sshguard を起動することができます:

/usr/sbin/sshguard -l /var/log/auth.log -b /var/db/sshguard/blacklist.db

設定

sshguard を使うのに必要な設定は /etc/sshguard.conf で行います。

ノート: sshguards の systemd ユニットにコマンドをパイプで渡したりフラグを付ける方法はサポートされていません [2]。フラグは設定ファイルで編集することができます。

脅威レベルの変更

デフォルトの設定ファイルでは、違反者の "danger" レベルが 120 に淘汰すると永続的に ban されるようになっています (もしくはログインを12回失敗。詳しくは terminology を参照)。ブラックリストファイルの前に脅威レベルを付けることで挙動を変えることができます:

BLACKLIST_FILE=200:/var/db/sshguard/blacklist.db

上記の例では 200: によって、ホストの脅威レベルが 200 にまで達したときに sshguard によって永続的に ban されるようになります。

設定後 sshguard.service ユニットを再起動してください。

アグレッシブに ban をおこなう

断続的な攻撃に悩まされているユーザーにとっては、もっとアグレッシブな ban ポリシーを有効にしたほうが効果的でしょう。偶発的にログインを失敗するようなことは絶対ないと言えるのであれば、一度でもログインを失敗したらホストを自動的に ban するよう SSHGuard を設定することができます。設定ファイルのパラメータを以下のように編集してください:

THRESHOLD=10
BLACKLIST_FILE=10:/var/db/sshguard/blacklist.db

設定したら sshguard.service ユニットを再起動してください。

ヒントとテクニック

ban を解除する

自分自身が ban されてしまった場合、自動的に ban が解除されるのを待つか、iptables を使って自分で ban を解除することができます。まず sshguard によって IP が ban されているか確認してください:

# iptables -L sshguard --line-numbers --numeric

それから次のコマンドを使って ban を解除します、line-number は前のコマンドで確認した番号に置き換えてください:

# iptables -D sshguard <line-number>

永続的に ban を解除するには /var/db/sshguard/blacklist.db から IP アドレスを削除する必要があります:

# sed -i '/<ip-address>/d' /var/db/sshguard/blacklist.db

ログ出力

sshguard に渡されたものを確認したい場合、/usr/lib/systemd/scripts/sshguard-journalctl のスクリプトや systemd サービス sshguard.service をチェックしてください。以下のコマンドでもターミナルで同じログを表示できます:

$ journalctl -afb -p info SYSLOG_FACILITY=4 SYSLOG_FACILITY=10