Stalonetray

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Stalonetray は X Window System 向けのスタンドアロンの freedesktop.org と KDE のシステムトレイです。XEMBED をフルにサポートし、依存パッケージは必要最小限で、EWMH に対応していればどのウィンドウマネージャでも使えます。Stalonetray が動作すると報告されているウィンドウマネージャ: FVWM, Openbox, Enlightenment, Ion3, Compiz, Xmonad, awesome

インストール

公式リポジトリから stalonetrayインストールしてください。インストールしたら、stalonetrayrc ファイルをホームディレクトリにコピーしてください。コピーは通常ユーザーで行なって下さい:

$ cp /etc/stalonetrayrc ~/.stalonetrayrc

設定

Openbox

Openbox で Stalonetray を実行するには、dockapp-modesimple に設定する必要があります。コマンドラインで --dockapp-mode simple を引数として設定するか ~/.stalonetrayrc を修正することで設定できます。

Openbox はトレイをドックとして扱うので、Openbox の設定ツールを使ってポジションを調整可能です。起動時に Stalonetray を実行するには、以下を ~/.config/openbox/autostart に追加してください:

stalonetray --dockapp-mode simple &

Stalonetray WM hints for OpenBox も参照。

Ion3

Ion3 で Stalonetray を起動するには:

$ stalonetray --kludges=force_icons_size,fix_window_pos

ステータスバーに stalonetray を収容するには、~/.ion3/ の設定ファイルに以下を追加:

-- Create a statusbar
mod_statusbar.create{
    screen=0,
    pos='bl',
    fullsize=true,
    systray=true,
    template="[ %date || %load || ... ] %systray%filler%systray_stalone",
}

defwinprop{class="stalonetray",instance="stalonetray",statusbar="systray_stalone"}
defwinprop{instance="stalonetray",statusbar="systray_stalone"}
defwinprop{class="stalonetray",statusbar="systray_stalone"}

Stalonetray WM hints for ion3 も参照。

トラブルシューティング

アイコンが希望サイズで表示されない

アイコンのサイズを強制的に icon_size に合わせるには、以下の引数を付けて stalonetray を起動:

stalonetray --icon-size=16 --kludges=force_icons_size

これで全てのアイコンのサイズが 16×16 ピクセルになります。

もしくは、設定ファイルに以下を追加することもできます:

icon_size 16
kludges force_icons_size

参照