TFTP

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Trivial File Transfer Protocol (TFTP) はファイルを転送するための軽量なプロトコルです。一般的に PXE ブートの中で使われたり、ルーターやプリンターなどメモリが限られているデバイスの設定やファームウェアを更新するのに使われます。

サーバー

TFTP のサーバー実装は複数存在します、以下はその一例です。また、 iputils にも tftp の別実装があります。

ノート: 異なる TFTP の実装が同時に起動していないことを確認してください。デフォルトの TFTP ポート番号 69 をリッスンできるのは一つだけなので、got more than one socket というエラーを出して起動に失敗してしまいます。

tftp-hpa

tftp-hpaインストールして tftpd.service起動してください。

サービスのパラメータを修正したいときは /etc/conf.d/tftpd を編集します。

atftp

atftpインストールして atftpd.service起動してください。

サービスのパラメータを修正したいときは /etc/conf.d/atftpd を編集します。

dnsmasq

dnsmasq#TFTP サーバーの設定を参照。

クライアント

tftp-hpa

tftp-hpaインストールし、tftp で1日を過ごしましょう:

$ tftp

curl

curl でも TFTP サーバーに接続しファイルを送信できます:

$ curl -T FILE tftp://HOST