TeamSpeak

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wikipedia:ja:TeamSpeak より:

TeamSpeak はチャットチャンネルを作成し、他のユーザーと電話会議のように会話することができるプロプライエタリ VoIP ソフトウェアである。

インストール

クライアント

teamspeak3 パッケージをインストールしてください。

サーバー

teamspeak3-serverAUR パッケージをインストールしてください。

サーバーの設定と起動

設定

  • TeamSpeak サーバーを設定します。systemd を使用している場合は /usr/share/doc/teamspeak3-server/doc/server_quickstart.txt を見て利用可能なコマンドラインパラメータを確認してください。
  • ライセンスファイルを持っている場合は /var/lib/teamspeak3-server/licensekey.dat にコピーしてください。

最初の立ち上げ

最初の起動時に TeamSpeak は SQLite データベースを /var/lib/teamspeak3-server/ts3server.sqlitedb を作成して、/var/log/teamspeak3-server/ に標準出力をログとして残します。また、TeamSpeak は ServerQuery 管理アカウント (スーパーユーザー) と仮想サーバー、仮想サーバーを管理するための秘密鍵を作成します。秘密鍵は標準出力に一度だけ表示されます。

  • teamspeak3-server サービスを起動します。
  • 秘密鍵を確認するには:
$ systemctl status teamspeak3-server
  • 出力された文字列を見て秘密鍵を確認してください:
Example output:
● teamspeak3-server.service - TeamSpeak3 Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/teamspeak3-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Sat 2015-09-05 23:34:42 BST; 49min ago
 Main PID: 20126 (teamspeak3-serv)
   CGroup: /system.slice/teamspeak3-server.service
           └─20126 /usr/bin/teamspeak3-server logpath=/var/log/teamspeak3-server/ dbsqlpath=/usr/share/teamspeak3-server/sql/

Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: serveradmin rights for your virtualserver. please
Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: also check the doc/privilegekey_guide.txt for details.
Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: token=lcUEBG5YVxnhzPcS5hAmOkW1Zb6KbTZbkntbPFca                                                     
Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: ------------------------------------------------------------------
Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: 2015-09-05 22:34:45.322567|INFO    |CIDRManager   |   | updated query_ip_whitelist ips: 127.0.0.1,
Sep 05 23:34:45 Your-Hostname teamspeak3-server[20126]: 2015-09-05 22:34:45.323806|INFO    |Query         |   | listening on 0.0.0.0:10011
Sep 05 23:34:53 Your-Hostname systemd[1]: Started TeamSpeak3 Server.
  • 上記で秘密鍵は token と表示されています。
  • また、teamspeak3-server のログディレクトリを閲覧して出力されたログを直接確認することもできます (このファイルは削除されず、たとえサーバーを再起動しても初めて起動したときの出力が消されることはありません):
ノート: このディレクトリにアクセスするには root または teamspeak ユーザーとしてログインする必要があります。
$ cd /var/log/teamspeak3-server
$ cat ts3server_*.log

Teamspeak 3 クライアントを開いて、サーバーに接続し、クライアントのポップアップウィンドウに秘密鍵を貼り付けて下さい。

通常の起動

teamspeak3-server サービスを有効化してください。

Teamspeak の再初期化

最初の秘密鍵を使用していてサーバーの権限を消失した場合 (例: スーパーユーザー権限がある teamspeak 3 クライアントをアンインストールした場合など)、初めからやり直す必要があります。

警告: 以下のコマンドを実行すると設定済みの TeamSpeak サーバーやユーザー、権限など全ての設定が削除されます。
  • teamspeak3-server サービスを停止してください。
  • /var/lib/teamspeak3-server/ts3server.sqlitedb を削除:
$ rm /var/lib/teamspeak3-server/ts3server.sqlitedb
  • /var/log/teamspeak3-server/ を消去:
$ rm /var/log/teamspeak3-server/*.log
  • 最初の立ち上げ時に行うのと同じ設定をしてください。

参照