Textadept

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Textadept は高速で最小主義、素晴らしい拡張性があるクロスプラットフォームのテキストエディタを自称しています。コードベースはとても軽量で C で書かれており、Lua を使って拡張します。Textadept はグラフィカル (GTK2) でも CLI 環境 (Curses) でも動作します。

インストール

AUR から textadeptAUR をインストールしてください。4つの異なる実行ファイルが含まれています:

  • textadept
  • textadept-curses
  • textadeptjit
  • textadeptjit-curses

jit バージョンには Lua インタプリタの LuaJIT が組み込まれており、公式の Lua インタプリタよりも格段に高速ですが、2015年1月現在、Lua 5.2 に対応していません [1]curses バージョンは CLI 環境で動作します。

設定

最初の起動時に、Textadept は ~/.textadept フォルダを作成します。~/.textadept/init.lua を編集することでエディタのカスタマイズが初められます。ファイルには、新しい関数やキーバインド、テーマ、モジュールなどを定義できます。マニュアルAPI を読んでください。

モジュール

デフォルトでは、Textadept は ANSI C や Lua などのコアモジュールしか含んでいませんが、AUR パッケージには 公式モジュール が他にも組み込まれています。

さらに多くのモジュールが AUR に存在します:

上記のモジュールは、上流のドキュメントに沿って、init.lua ファイルで有効にする必要があります。

wiki には他のモジュールや関数が記載されています。

また、~/.textadept/modules にリポジトリを複製することでもモジュールのインストールが簡単にできます。例えば textadept-vi を取得する場合:

$ cd ~/.textadept/modules
$ git clone https://github.com/jugglerchris/textadept-vi.git

バージョン管理ツールを使うことでモジュールを簡単に最新状態に保つことが可能です。

参照