Touchegg

提供: ArchWiki
TouchEggから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Touchegg はウィンドウマネージャーにマルチタッチサポートをバックグランドで提供するマルチタッチジェスチャープログラムです。 一般的なタイプのイベントに変換し、それらに応じてカスタムアクションを実行出来ます。

Touchegg は Wayland と互換性がありません。

インストール

基本パッケージは AURtoucheggAUR です touchegg-gitAUR で入手することもできます。

GUI 設定には AURtouchegg-gce-gitAUR [1] が利用可能です。

設定

$HOME/.config/touchegg/touchegg.conf が設定ファイルです。

これは多数のジェスチャが定義された単純な XML ファイルです。現段階では TAP_AND_HOLDPINCHROTATE は使えません。

全てのトリガーのリストは 公式サイトの Wiki にあります

全てのアクションのリストは 公式サイトの Wiki にあります

デフォルトの設定は/usr/share/touchegg/touchegg.confにあります。

二本指スクロールエミュレーション has been droped は、ユーザー体験の悪さが原因で、最近 2.0で touchegg を書き直しました。 リストアするには、 xdotool をインストールし、構成ファイルに以下を追加します。

   <gesture type="SWIPE" fingers="2" direction="DOWN">
     <action type="RUN_COMMAND">
       <repeat>true</repeat>
       <command>xdotool click 4</command>
       <decreaseCommand>xdotool click 5</decreaseCommand>
     </action>
   </gesture>
   <gesture type="SWIPE" fingers="2" direction="UP">
     <action type="RUN_COMMAND">
       <repeat>true</repeat>
       <command>xdotool click 5</command>
       <decreaseCommand>xdotool click 4</decreaseCommand>
     </action>
   </gesture>

Kde ではスクロール中にテキストが選択されることに注意してください (参照)

ログイン時に開始

デーモンは systemd : systemctl enable touchegg.service で起動します。 クライアントはwmからロードできます。

Gnome の場合

  1. alt-f2 を押下します。
  2. gnome-session-properties と入力します。
  3. add を押下します。
  4. ラベル欄は "Command" タイプは toucheggです。"Name" と "Label" を適当に選択します。
  5. OK を押下します。
ノート: gnome-session-propertiesgnome 3.12 から削除されました。現在、 gnome-session-propertiesAURAUR からインストールできます。詳細については、こちらを参照して下さい BBSスレッド

startx コマンドの場合

.xprofile は変更できます。

~/.xprofile
touchegg &