Unreal Engine 4

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Unreal Engine 4 は Epic Games が開発したビデオゲームエンジンの最新版です。

この記事の中身は このページ を元にして Arch Linux 向けにアレンジして書かれています。

最小要件

  • PC あるいは Mac
  • Intel あるいは Amd CPU@2.5GHz Quad Core 64ビット
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 470 あるいは AMD Radeon 6870 HD シリーズ
  • RAM: 8 GB

インストール

登録してソースコードを入手

まず UnrealEngine.com に登録して、あなたの GitHub アカウントを Epic Games のアカウントにリンクしてください。登録すると、ソースコードが入手 できるようになります。

AUR からインストール

Unreal Engine 4 は AURunreal-engineAUR パッケージでインストールできます。

パッケージのインストール容量は 22 GiB ですが、ビルドするには 100 GiB の空き容量が必要です。ダウンロードするソースファイルの容量は約 7 GiB で、コンパイルには数時間かかります。

リポジトリはプライベートであるため、SSH 鍵をセットアップ して GitHub アカウントを使ってソースをダウンロードできるようにする必要があります。

gihub.com にログインしてから リリース版の tar.gz をダウンロード して、PKGBUILD のソースとしてファイルを使用することでダウンロード容量を減らせます。

ソースコードからコンパイル

手動でコンパイルする方法は 公式の Linux 版ビルド手順 を見てください。

トラブルシューティング

コンパイル時の問題

コンパイルが失敗する場合、Debug プロファイルを使って Editor をビルドしてみてください:

$ make UE4Editor-Linux-Debug

実行時の問題

メニューからエディタが起動したい場合、コンソールで起動してみて出力に何かエラーが出てないか確認してください:

$ cd /opt/unreal-engine/Engine/Binaries/Linux/
$ ./UE4Editor

C++ コードプロジェクトの問題

コードプロジェクトを作成した後、UE4Editor ではなくテキストエディタで新しいプロジェクトが開きます。エディタを再起動すると、新しいプロジェクトが表示され開かれますが、最初の実行時にはコンパイルするために時間がかかります。コンパイルはバックグラウンドで実行されるため (GUI は存在しません)、一見何も起こっていないように見えます。CPU の使用量でコンパイル中であることが確認できるはずです。また、コンソールからエディタを起動することで進捗を確認できます。

ツールチップの無効化

UE4 のマウスオーバーツールチップは遅く表示されることがあります。以下を追加することで無効化することが可能です:

Engine/Config/ConsoleVariables.ini
Slate.AllowToolTips=0

追加コンテンツ

スターターコンテンツ

StarterContent プロジェクトは /opt/unreal-engine/Samples/StarterContent/StarterContent.uproject にインストールされ、ランチャーから開けます。

マーケットプレイスアプリ

Linux ではまだ Unreal Marketplace のランチャーが存在しません [1]。そのため ContentExamples プロジェクトなどのアプリは Linux からインストールできません [2]

マーケットプレイスアプリは Windows の ランチャー を使うことでダウンロードできます (Mac でも動作します)。ランチャーは以下のディレクトリに保存されます:

/Program Files (x86)/Epic Games/Launcher/VaultCache/