Vulkan

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikipedia:ja:Vulkan より:

Vulkan (旧名 "glNext") はオーバーヘッドが少ない、クロスプラットフォームなリアルタイム3次元コンピュータグラフィックス・コンピュート API である。

詳しくは Khronos のウェブサイトを参照してください。

インストール

ノート:

ハイブリッドグラフィック (NVIDIA Optimus/AMD Dynamic Switchable Graphics) の場合:

  • Vulkan は Bumblebee で公式ではサポートされていません。[1] を見てください。しかし、primus_vk あるいは primus-vk-gitAUR により動作します。
  • Radeon の Vulkan ドライバーは PRIME をサポートしています。[2] を参照。

Vulkan アプリを実行するには vulkan-icd-loader と (32ビットのアプリケーションを実行したい場合は lib32-vulkan-icd-loader も)、使用しているグラフィックカードの Vulkan ドライバーをインストールする必要があります:

他のドライバーはパッケージ化されていないので、手動でインストールしてください:

Vulkan アプリケーションを開発するには、vulkan-headers も必要になります。また、vulkan-validation-layers および vulkan-tools もインストールすると良いでしょう (vulkaninfo ツールが含まれています)。

検証

システムに現在インストールされている Vulkan 実装を確認するには、次のコマンドを使用します。

$ ls /usr/share/vulkan/icd.d/

Vulkan がハードウェアで動作していることを確認するには、vulkan-toolsインストールし、vulkaninfo を使って関連情報をシステムから抜き出します。グラフックスカードの情報を手に入れれば、Vulkan が動作していることを知ることができます。

$ vulkaninfo

さらなる情報は https://linuxconfig.org/install-and-test-vulkan-on-linux で見ることができます。

AMD ドライバを切り替える

AMD のシステム上では、一度に複数の Vulkan ドライバをインストールすることができます。なので、それらを切り替えたい場合があります。

環境変数で選択する

ノート: この方法は AMDVLK クローズドドライバの選択をサポートしません。

amdvlk 2021.Q3.4 以降、新しい切り替えロジックが実装されました。これにより、AMDVLK がデフォルトとなり、以下のいずれかを行う必要があります:

  • AMD_VULKAN_ICD=RADV を設定し、AMDVLK のデフォルトから他のものに切り替える。
  • あるいは、グローバルに DISABLE_LAYER_AMD_SWITCHABLE_GRAPHICS_1=1 を設定し、以下の ICD ローダの方法を再有効化する。

DISABLE_LAYER_AMD_SWITCHABLE_GRAPHICS_1=1 が設定されると、VK_ICD_FILENAMES 環境変数を設定することによりドライバを選択することができます。例えば、Steam を RADV ドライバで実行するようにするには:

$ VK_ICD_FILENAMES=/usr/share/vulkan/icd.d/radeon_icd.i686.json:/usr/share/vulkan/icd.d/radeon_icd.x86_64.json steam

32 ビットのゲームのクラッシュを回避するために、32 ビット版と 64 ビットを環境変数に割り当てることができます。

AMD Vulkan Prefixes で選択する

AMD Vulkan Prefixes は3つの Vulkan 実装を切り替えるためのスクリプトです。amd-vulkan-prefixesAURインストールし、アプリケーションの前にお望みの接頭辞を付けてください。提供される実行ファイルは vk_radvvk_amdvlk、そして vk_pro です。例えば、AMDVLK クローズドドライバを使用するには:

$ vk_pro command

Vulkan ハードウェアデータベース

ドライバーをインストールしたら、vulkan-caps-viewerAUR を実行することで GPU とドライバーのスペックを vulkan.gpuinfo.org で共有することができます。

トラブルシューティング

Error - vulkan: No DRI3 support

上記のメッセージが表示される場合、以下の内容のファイルを作成して X を再起動してください。Wayland では以下の設定は必要ありません。

/etc/X11/xorg.conf.d/20-intel.conf
Section "Device"
   Identifier  "Intel Graphics"
   Driver      "intel"
   Option      "DRI"    "3"
EndSection

Nvidia - vulkan が動作せず初期化できない

vulkan-intel がインストールされていないか確認してください。インストールされていると Nvidia の vulkan ドライバーが認識されないことがあります。

あるいは、環境変数 VK_ICD_FILENAMES/usr/share/vulkan/icd.d/nvidia_icd.json に設定してください。

No device for the display GPU found. Are the intel-mesa drivers installed?

環境変数 VK_ICD_FILENAMES に intel_icd と primus_vk_wrapper の両方のセットしてみてください。

export VK_ICD_FILENAMES=/usr/share/vulkan/icd.d/intel_icd.x86_64.json:/usr/share/vulkan/icd.d/primus_vk_wrapper.json