xinit

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

~/.xinitrc ファイルは xinitstartx によって読み込まれるシェルスクリプトです。主として、X サーバーが起動した時にデスクトップ環境ウィンドウマネージャなどのプログラムを起動するのに使われます (デーモンの起動や環境変数のセットなど)。xinitstartx プログラムは X Window System を起動させ、X を直接 /etc/init から起動できないシステムや複数のウィンドウシステムを使っている環境で、一番最初のクライアントプログラムとして動作します。

~/.xinitrc の主要な仕事の一つは、/usr/bin/startx/usr/bin/xinit プログラムが実行されたときに X Window System のためにどのクライアントを呼び出すか指定することです。様々な追加の記述やコマンドが存在しており、それらを ~/.xinitrc に追加して、その後のシステムのカスタマイズも行えます。

ほとんどの DM は xinit の前に同じようなファイルである xprofile も読み込みます。

インストール

xorg-xinitインストールしてください。

設定

xinitstartx はオプションでクライアントプログラムの引数を取ります。#Override xinitrc を参照してください。もし、引数を与えなければ、クライアントプロラムを起動するシェルスクリプトとして、~/.xinitrc を探します。

xinitrc

~/.xinitrc は X に応じてプログラムを実行し、X サーバーの起動時に環境変数を設定するのに便利です。ユーザーのホームディレクトリに存在する場合は、startxxinit が実行します。それ以外の場合、startx はデフォルトの /etc/X11/xinit/xinitrc を実行します。

ノート: Xinit には、ファイルを実行する代わりに独自のデフォルトの動作があります。詳細については、xinit(1) を参照してください。

This default xinitrc will start a basic environment with Twm, xorg-xclock and Xterm (assuming that the necessary packages are installed). Therefore, to start a different window manager or desktop environment, first create a copy of the default xinitrc in your home directory:

$ cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

Then edit the file and replace the default programs with desired commands. Remember that lines following a command using exec would be ignored. For example, to start xscreensaver in the background and then start openbox, use the following:

~/.xinitrc
...
xscreensaver &
exec openbox-session
ノート: At the very least, ensure that the last if block in /etc/X11/xinit/xinitrc is present in your ~/.xinitrc file to ensure that the scripts in /etc/X11/xinit/xinitrc.d are sourced.

Long-running programs started before the window manager, such as a screensaver and wallpaper application, must either fork themselves or be run in the background by appending an & sign. Otherwise, the script would halt and wait for each program to exit before executing the window manager or desktop environment. Note that some programs should instead not be forked, to avoid race bugs, as is the case of xrdb. Prepending exec will replace the script process with the window manager process, so that X does not exit even if this process forks to the background.

xserverrc

xserverrc ファイルは、X サーバーの起動を担当するシェルスクリプトです。startxxinit はどちらも ~/.xserverrc が存在すればそれを実行し、 startx はそうでなければ /etc/X11/xinit/xserverrc を使用します。

logindセッションのパーミッション を維持し、端末を切り替えてスクリーンロッカーを回避するのを防ぐために、ログインしたのと同じ仮想端末で Xorg を起動しなければなりません [1]。そのため、~/.xserverrc ファイルで vt$XDG_VTNR を指定することが推奨されます。

~/.xserverrc
#!/bin/sh

exec /usr/bin/Xorg -nolisten tcp "$@" vt$XDG_VTNR

全てのコマンドラインオプションの一覧は Xserver(1) を参照してください。

ヒント: -nolisten local-nolisten tcp の後に追加すると、X11 の抽象ソケットを無効にして分離を助けることができます。 これが X11 のセキュリティにどのように影響するかについては、quick background があります。

また、サーバを起動するコンソールとは別のコンソールで X を表示させたい場合は、 /usr/lib/systemd/systemd-multi-seat-x が提供する X サーバラッパーを使って表示させることも可能です。便利なように、 xinitstartx~/.xserverrc を修正することでこのラッパーを使うようにセットアップすることができます。

ノート: X セッションから Xorg ログファイルへの出力のリダイレクトを再び有効にするには、-keeptty オプションを追加してください。詳しくは Xorg#セッションログのリダイレクト を見て下さい。

使用方法

Xorg を通常のユーザーとして実行するには、次のように実行します。

$ startx

または、#xserverrc が設定されている場合は:

$ xinit -- :1
ノート: xinit は他の X サーバーがすでに起動している場合は、複数の表示を処理しません。その場合は、-- :display_number (display_number1 以上) を付けてディスプレイを指定してください。

これでお好みのウィンドウマネージャー(またはデスクトップ環境)が正しく起動するはずです。

X を終了するには、ウィンドウマネージャーの exit 関数を実行してください(exit 関数があれば)。そのような機能がない場合は次のように実行します。

$ pkill -15 Xorg
ノート: pkill は実行中の X インスタンスを全て kill します。現在の仮想端末上のウィンドウマネージャーを kill するには、次のように実行します:
$ pkill -15 -t tty"$XDG_VTNR" Xorg

signal(7) も参照してください。

ヒントとテクニック

コマンドラインから xinitrc を上書きする

~/.xinitrc は既に記述しているが、他の WM/DE を試してみたい場合、ウィンドウマネージャのパスを加えて startx を実行することができます:

$ startx /full/path/to/window-manager

フルパスが必要なので注意してください。

ウィンドウマネージャに引数を指定する場合、startx のパラメータとしてクォートで囲う必要があります:

$ startx "/full/path/to/window-manager --key value"

また、-- の後にカスタムオプションを指定して (デフォルトの X サーバーオプションが入っている) /etc/X11/xinit/xserverrc を上書きすることもできます。例:

$ startx /usr/bin/enlightenment -- -nolisten tcp -br +bs -dpi 96 vt$XDG_VTNR

または:

$ xinit /usr/bin/enlightenment -- -nolisten tcp -br +bs -dpi 96 vt$XDG_VTNR

man startx を参照してください。

ヒント: 通常の GUI プログラムを起動するのに使うこともできます。#ウィンドウマネージャを使わずにアプリケーションを起動ゲーム#別の X サーバーでゲームを起動する を参照。

ログイン時に X を自動起動

startx が正しく 設定 されていることを確認します。

ログインシェル の初期化ファイル (例: Bash の場合は ~/.bash_profile, Zsh の場合は ~/.zprofile) に以下の内容を記述してください。

if [ -z "${DISPLAY}" ] && [ "${XDG_VTNR}" -eq 1 ]; then
  exec startx
fi

複数の仮想端末でグラフィカルログインを使用したい場合は、-eq の比較を -le 3 (vt1 から vt3 まで) のようなものに置き換えることが可能です。

仮想端末を検出する別の条件として、"$(tty)" = "/dev/tty1"-le との比較が出来ません、 "$(fgconsole 2>/dev/null || echo -1)" -eq 1シリアルコンソール では機能しないことが挙げられます。

X セッションが終了してもログインしたままにしたい場合は、exec を削除してください。

警告: exec がなければ、X を Kill することができます、これであなたのホームディレクトリのシェルとファイルへのアクセスを取得することができます。このことがあなたにとって重要かどうか、上記のことを実行する前に判断してください

ログイン時に X を起動systemd/ユーザー#ディスプレイマネージャを使わずに Xorg に自動ログイン も参照してください。

ヒント: この方法は 仮想端末に自動ログイン と組み合わせることができます

DE/WM の選択

様々な DE/WM を頻繁に切り替えて使っている場合、ディスプレイマネージャを使うか、以下のコードを .xinitrc に追加することを推奨します。引数を使って起動したいデスクトップ環境やウィンドウマネージャをロードします:

~/.xinitrc
...

# Here Xfce is kept as default
session=${1:-xfce}

case $session in
    awesome           ) exec awesome;;
    bspwm             ) exec bspwm;;
    catwm             ) exec catwm;;
    cinnamon          ) exec cinnamon-session;;
    dwm               ) exec dwm;;
    enlightenment     ) exec enlightenment_start;;
    ede               ) exec startede;;
    fluxbox           ) exec startfluxbox;;
    gnome             ) exec gnome-session;;
    gnome-classic     ) exec gnome-session --session=gnome-classic;;
    i3|i3wm           ) exec i3;;
    icewm             ) exec icewm-session;;
    jwm               ) exec jwm;;
    kde               ) exec startkde;;
    mate              ) exec mate-session;;
    monster|monsterwm ) exec monsterwm;;
    notion            ) exec notion;;
    openbox           ) exec openbox-session;;
    unity             ) exec unity;;
    xfce|xfce4        ) exec startxfce4;;
    xmonad            ) exec xmonad;;
    # No known session, try to run it as command
    *) exec $1;;
esac

/etc/X11/xinit/xserverrc ファイルをホームディレクトリにコピーしてください:

$ cp /etc/X11/xinit/xserverrc ~/.xserverrc

その後、引数を指定して特定の DE/WM を起動することができます:

$ xinit
$ xinit gnome
$ xinit kde
$ xinit wmaker

または:

$ startx
$ startx ~/.xinitrc gnome
$ startx ~/.xinitrc kde
$ startx ~/.xinitrc wmaker

ウィンドウマネージャを使わずにアプリケーションを起動

ウィンドウマネージャを使わずに特定のアプリケーションだけを起動することも可能です。フルスクリーンモードで何か一つのアプリケーションを表示したいときに有用です。例:

~/.xinitrc
...

exec chromium

この方法を使うときはアプリケーションのウィンドウの配置を、アプリケーションの設定ファイルで設定しておく必要があります。

ヒント: この方法を使ってグラフィカルなゲームを起動することも可能です。特に、ウィンドウマネージャやデスクトップ環境、またはデスクトップアクセサリといったアプリケーションによるメモリと CPU の消費を抑えて、ゲームの実行パフォーマンスを底上げすることができます。

ディスプレイマネージャ#ウィンドウマネージャを使わずにアプリケーションを起動も見て下さい。

startx 使用時の出力のリダイレクト

詳細は、Xorg#Session log redirection を参照してください。