Yandex Disk

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Yandex Disk は Yandex.ru によるフリーのクラウドストレージサービスです。インターネットに接続できるデバイスから写真や動画、ドキュメントにアクセスすることができます。Yandex.Disk クライアントでは以下のことができます:

  • ファイルやフォルダの同期
  • ファイルやフォルダの公開リンクの取得
  • フォルダの同期のカスタマイズ

インストール

Linux 版クライアントは AURyandex-diskAUR パッケージでインストールできます。コンソールクライアントであり、今のところ GUI は存在しません。

プロキシ, ユーザー, ローカルフォルダを設定するには、以下を実行:

$ yandex-disk setup

設定が完了すると同期が開始され Yandex Disk が使えるようになります。

コマンド

ファイルマネージャやコンソールを使ってフォルダを管理できます。

利用可能なコマンドは man yandex-disk あるいは次のコマンドで見ることができます:

$ yandex-disk --help

以下は使用できるコマンドの一例です:

  • setup - セットアップウィザードの起動。
  • start - デーモンとして起動してフォルダの同期を開始。現在の同期状態は .sync/status ファイルに記録されます。
  • stop - デーモンを停止。
  • status - デーモンの状態を表示: 同期の状態, エラー, 最近同期されたファイル, ディスク領域の状態。ファイルを指定した場合、ファイルの状態が返されます。
  • token - OAuth トークンの取得, エンコード, 指定したファイルに保存 (デフォルトでは /.config/yandex-disk/passwd)。-p PASSWORD または --password PASSWORD を付けなかった場合、標準入力からパスワードを入力する必要があります。
  • sync - フォルダを同期してログアウト (デーモンが動作している場合、同期の完了まで待機します)。
  • publish - ファイルやフォルダを公開する。アイテムは同期フォルダにコピーされます。既存のアイテムを書き換えるには --overwrite オプションを使います。
  • unpublish - ファイル・フォルダへの公開アクセスを削除。

非公式クライアント

  • ydcmdAUR - Python で書かれたコンソールクライアント。
  • eksterteraAUR - Qt5 で書かれた GUI クライアント。

参照