zathura

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Zathura は細かいカスタマイズができる機能的なドキュメントビューアです。省スペースでシンプルなだけでなくキーボードによる操作で使いやすいインターフェイスを備えています。プラグインによって様々なファイル形式がサポートされています: PDF, DJVU, PS, CB ファイル。

インストール

zathura パッケージとファイル形式にあわせて以下のパッケージをインストールしてください:

機能

Zathura はドキュメントを自動的に再読込します。LaTeX で書かれたドキュメントなどのコンパイルが行われると、Zathura は出力を更新します。Zathura には ("synctex" を使用する) 逆順検索を有効にするオプションが存在します。

Zathura ではドキュメントを1ページがちょうど収まるように調整したり (a) 横幅に合わせたり (s)、ページを回転する (r) ことができます。見開きでページを表示したり (d) フルスクリーンで読む ((F11) ことも可能です。さらに、ページの背景を黒にして文字を白く Ctrl+r することもできます。

リンクはマウスでクリックすればたどれます。また、キーボードでは f を入力しリンクの番号を指定するとたどれます。リンク先の場所を知るには、Shift+f を押しリンクの番号を指定します。

テキストを検索したり (/ X のプライマリセレクションにテキストをコピーすることができます。ブックマークを使うことができ暗号化されたファイルも開けます。

Zathura の挙動と外観は設定ファイルを使ってカスタマイズできます。Zathura には外部のシェルコマンドを実行する機能があります。tabbed を使ってタブで開くこともできます。

ヒントとテクニック

クリップボードへのコピーを有効にするには:

~/.config/zathura/zathurarc
set selection-clipboard clipboard

参照