Touchegg

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Touchegg はウィンドウマネージャーにマルチタッチサポートをバックグランドで提供するマルチタッチジェスチャープログラムです。

インストール

基本パッケージは AURtoucheggAUR です。

GUI 設定には AURtouchegg-gce-gitAUR [1] が利用可能です。

設定

$HOME/.config/touchegg/touchegg.conf が設定ファイルです。

これは多数のジェスチャが定義された単純な XML ファイルです。現段階では TAP_AND_HOLDPINCHROTATE は使えません。

全てのトリガーのリストは ここにあります

全てのアクションのリストは ここにあります

Gnome Shell

これはとても簡単に基本機能を与えます。うまくいけば完全なるアプリケーションサポートのためにアップデートできます。

$HOME/.config/touchegg/touchegg.conf を編集し、以下のラインを追加します:

<gesture type="DRAG" fingers="1" direction="ALL">
            <action type="DRAG_AND_DROP">BUTTON=1</action>
        </gesture>

そしてこれを編集します:

<gesture type="DRAG" fingers="2" direction="ALL">
            <action type="SCROLL">SPEED=7:INVERTED=true</action>
        </gesture>

それから touchegg がログイン時に開始するようにします:

  1. alt-f2 を押下します。
  2. gnome-session-properties と入力します。
  3. add を押下します。
  4. ラベル欄は "Command" タイプは toucheggです。"Name" と "Label" を適当に選択します。
  5. OK を押下します。