Xorg での特別なキーボードキー

提供: ArchWiki
2016年1月10日 (日) 15:59時点におけるKusakata (トーク | 投稿記録)による版 (keytouch)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

キーシムをアクションにマップ

グラフィカル環境でも、特定のキーの組み合わせを押した時にコマンドを実行したいという場合があるかもしれません。複数の方法で実現できます:

  • acpid などのローレベルなツールを使用する最も移植性の高い方法。全てのキーがサポートされているわけではありませんが、AC アダプタの接続やヘッドフォンジャックの接続時のイベントと同じ方法でキーボードキーを設定できます。X セッションの中でプログラムを正しく実行しようとすると中々大変です。
  • Xorg のユーティリティ (例: xbindkeys) やデスクトップ環境・ウィンドウマネージャのツールを使用する一般的な方法。
  • Gnome Control Center や Keytouch など、全て GUI で設定するサードパーティ製のプログラムを使う手軽な方法。

デスクトップ環境

Gnome

特別なキーボードキーの管理は Gnome Control Center で全てが整います。スキャンコードを直接扱えるため、カーネルから認識されるキーは全てマッピングできます。

KDE

キーボードショートカットは System Settings -> Shortcuts and Gestures で設定できます。

Xfce4

Xfce#キーボードショートカット を見て下さい。

ウィンドウマネージャ

Openbox

Openbox#キーバインド を見て下さい。

PekWM

PekWM#ホットキー を見て下さい。

サードパーティのツール

sxhkd

強力かつコンパクトな設定構文によるシンプルな X ホットキーデーモン。

公式リポジトリsxhkdAURsxhkd-gitAUR でインストールできます。詳しくは sxhkd を参照。

keytouch

KeyTouch はキーボードの特殊なファンクションキーを簡単に設定できるプログラムです。個々のファンクションキーが押された時に何を行うかを定義することができます。

次の記事を参照してください: keytouch

actkbd

actkbd のホームページ より:

actkbdAUR はアクションをキーボードイベントにバインドするシンプルなデーモンです。キーコンビネーションを認識してプレス・リピート・リリース時のイベントを管理できます。今のところ linux-2.6 の evdev インターフェイスだけをサポートしています。平文の設定ファイルを使って全てのバインディングを記述します。

設定例やガイドは こちら にあります。

xbindkeys

xbindkeys はデスクトップ環境とは独立してキーシムをアクションにマッピングすることができます。

ヒント: xbindkeys が使いにくいと思われる場合、AUR にあるグラフィカルマネージャ xbindkeys_config-gtk2AUR を試してみて下さい。