ターミナルからテキストをコピー

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

大抵のターミナルエミュレータでは中身をコピーしたり保存することができます。

一般的な方法

グラフィカルなターミナルエミュレータでは、マウスで中身を選択することができ、コンテキストメニューや編集メニュー、あるいは Ctrl+Shift+C などのキーボードショートカットでコピーできます。

CLIPBOARD セレクションが使えないターミナル

エミュレータがネイティブで CLIPBOARD セレクションをサポートしておらず、PRIMARY セレクションにデータがコピーされることがあります。そのような場合は xclip が使えます:

$ xclip -o | xclip -selection clipboard -i

上記のコマンドは PRIMARY セレクションからデータを読み込んで CLIPBOARD セレクションにデータを書き込みます。

autocutsel など他のクリップボードマネージャにはセレクションバッファを自動的に同期する機能が備わっていることもあります。

コマンドの出力の傍受

tee を使うことでコマンドの出力を傍受することができます:

$ command 2>&1 | tee output-file

command の実行後、output-file に出力結果が保存されます。

Linux ターミナルのバックログを読む

ネイティブのターミナル /dev/ttyN のバックログには /dev/vcsN からアクセスできます。/dev/tty1 を使用している場合、以下のスニペットで output-file ファイルにバックログが保存されます:

# cat /dev/vcs1 >output-file

一般的なエミュレータのチートシート

「ノート」カラムに記載がない場合、キーボードショートカットは Ctrl+Shift+c です。

エミュレータ セレクション → PRIMARY セレクション → CLIPBOARD
自動 ショートカットキー コンテキストメニュー → コピー ウィンドウメニュー → コピー ノート
atermAUR Yes No No No No
ETermAUR Yes No No No No
germinalAUR Yes No Yes Yes No
guake Yes No Yes Yes No
konsole Yes No Yes Yes Yes
lilyterm Yes No Yes Yes No Ctrl+Delete
lxterminal Yes No Yes Yes Yes
mate-terminal Yes No Yes Yes Yes
mltermAUR Yes Yes No No No
pantheon-terminal Yes No Yes Yes No
putty Yes No No No No
qterminal Yes No Yes Yes Yes
roxterm Yes No Yes Yes Yes
rxvtAUR Yes No No No No
sakura Yes No Yes Yes Yes
st Yes No No No No
terminator Yes No Yes Yes No
terminology Yes No Yes Yes No
termite Yes No Yes No No
tilda Yes No Yes Yes No
tinyterm-gitAUR Yes No Yes No No
urxvt Yes 任意 Yes No No Ctrl+Alt+c
xfce4-terminal Yes No Yes Yes Yes
xterm Yes Yes 任意 No No [1]
yakuake Yes No Yes Yes No

特殊なケース

putty

putty では xclip を使用する方法が使えます。ただし xclip を実行するのは putty が接続しているリモートマシンではなく、ローカルマシン (の他のターミナル) でなければなりません。

urxvt

テキストを CLIPBOARD に選択するには perl 拡張の selection-to-clipboard が必要です。詳しくは Rxvt-unicode#カットアンドペーストを見てください。

xterm

xterm で CLIPBOARD セレクションを使うには設定が必要です。