ローカリゼーション

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

このドキュメントでは Arch Linux に日本語環境を設定する方法を説明します。コンソールにおける日本語入力の設定については触れません。

フォント

設定などの詳細はフォントフォント設定を参照。

日本語のインプットメソッドを使うには、日本語フォントをインストールする必要があります。

推奨される日本語フォントは以下の通りです。

情報処理推進機構 (IPA) によって提供されているオープンソースの OTF フォント。sans-serif (ゴシック体) と serif (明朝体) の文字が含まれます。オープンSUSE-jp のデフォルトです。
フリーの明朝体日本語フォント。
フリーの日本語TrueTypeフォント。これは古く、メンテナンスされていませんが、いくつかの環境ではフォールバックフォントとして定義されている可能性があります。
  • ttf-koruriAUR: ttf-mplusAUR と Open Sans をミックスした日本語TrueTypeフォント。
  • ttf-monapoAUR - 2ちゃんねるの Shift JIS アートを適切に表示するための日本語フォント。
  • ttf-mplus-gitAUR - モダンなゴシックスタイルの日本語アウトラインフォント。全てのひらがな・カタカナ、基本ラテン文字、ラテン文字補助、ラテン文字拡張A、IPA 拡張子と、ほとんどの日本語漢字、ギリシャ文字、キリル文字、ベトナム語を 7 のウェイト(プロポーショナル)または 5 のウェイト(等幅)で含んでいます。
  • ttf-vlgothicAUR - 日本語ゴシックフォント。Debian/Fedora/Vine Linux のデフォルトです。
  • ttf-kanjistrokeordersAUR - 文字の筆順を示す KanjiStrokeOrders フォント。

ロケール

詳しくはロケールを参照。

ロケールは、地域固有の、または言語/地域設定に特化した標準を正しく表示するために使用されます。日本語ロケールが有効化されていることを確認するためには、次のコマンドの出力に ja_JP.utf8 が含まれていることを確認してください:

$ locale -a

日本語ロケールを有効化するには、/etc/locale.gen 内の ja_JP.utf8 のコメントアウトを外します:

/etc/locale.gen
...
#ja_JP.EUC-JP EUC-JP  
ja_JP.UTF-8 UTF-8  
#ka_GE.UTF-8 UTF-8  
...

その後、ロケールを再生成します:

$ locale-gen
ノート: UTF-8 文字セットは、他の文字セットより一般的に推奨されています。

インプットメソッド

以下の インプットメソッド (IM)エンジンを使うことができます:

バックエンド Fcitx IBus SCIM uim gcin hime-gitAUR
Anthy fcitx-anthy ibus-anthy scim-anthyAUR built-in built-in built-in
libkkc fcitx-kkc ibus-kkc
Mozc fcitx-mozc ibus-mozcAUR uim-mozcAUR
SKK fcitx-skk ibus-skk built-in

Anthy

Anthy は事実上死んでいるプロジェクトですが、2021年以降、Takao Fujiwara 氏により「Anthy Unicode」なるプロジェクトが立ち上げられました。

エンジンとして、anthy または anthy-unicodeAUR があります。

libkkc

libkkc は日本語のかなの文章をかな漢字混じりの文章に変換します。GNU Emacs の kkc.el (シンプルな仮名漢字変換器) にあやかって名付けられました。ただし libkkc は N-gram 言語モデルを使って多少複雑な方法で連文節変換を行います。libkkc は Red Hat のエンジニアによって開発されています。

fcitx-kkc (Fcitx の場合) または ibus-kkc (IBus の場合) をインストールしてください。

Mozc

Mozc は Chromium OS, Windows, Mac, Linux などマルチプラットフォーム向けに作られた日本語インプットメソッドエディタ (IME) です。Google 日本語入力 がベースになっています。

SKK

SKK (Simple Kana to Kanji conversion program) は Emacs 上で動作する日本語インプットメソッドです。SKK は佐藤雅彦博士 (京都大学名誉教授) によって設計され1987年に作成されました。SKK の特徴は形態素解析を行わずに一つずつ単語を変換することです (単文節変換)。

SKK 辞書(skk-jisyo)とフレームワーク用エンジンをインストールします。

Google CGI API for Japanese input

利用できる IM フレームワーク: uim

Google CGI API for Japanese Input (Google-CGIAPI-Jp) は日本語変換をインターネット上で実現する Google による CGI サービスです。ウェブブラウザ で使用することができます。おそらく、変換エンジンは Google 日本語入力と同一のため、Mozc よりも変換品質が優れています。

ノート: このサービスは確定前の文章や変換候補を平文で送受信します (2012年9月現在)。

Google-CGIAPI-Jp は uim で使うことができます。uim-im-switcher-gtk/gtk3/qt4 または uim-pref-gtk/gtk3/qt4 で "Google-CGIAPI-Jp" を選択してください。

参照