Apple Fusion Drive

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Apple は CoreStorage と呼ばれる RAID の代替技術を使って SSD と HDD を (Fusion として販売されている) 単一の論理ボリュームに統合しています。SSD を使わずに HDD に OS X を再インストールするためには、このボリュームを削除する必要があります。

リカバリを起動

Fusion が付属している iMacs には RAM から起動するレスキューパーティション (仮想 disk2) が存在します。これによってディスクをマウントすることに問題に係わることなく HDD や SSD を操作することができます。iMac の電源を入れたら、apple+R を押してリカバリ環境を起動してください。

リカバリが起動したら、(Utilities メニューの下の) Terminal を実行してください。

CoreStorage を破壊して新しいボリュームを準備

CoreStorage の '論理ボリュームグループ' ID を確認して、SSD や大きなディスク (disk0 & 1) のメモを取って下さい:

diskutil cs list

CoreStorage ボリュームを削除:

diskutil cs delete <VOLUMEID>

場合によっては、OSX にボリュームを削除したことを認識させるために、ボリュームをアンマウントしたり上記のコマンドを二回実行する必要があることもあります。

次に SSD の中身を削除してください (正しいディスクを指定すれば5分以下で終わります)。パーティションテーブルを含む全てを削除するので、OS X はディスクを認識できなくなり、インストール時に SSD を使おうとしなくなります。

diskutil zeroDisk disk1

HDD を消去 (zeroDisk よりも高速で OS X 用の HFS+ ボリュームを新しく作成します):

diskutil eraseDisk JHFS+ Macintosh disk0

HDD に OSX をインストール

ターミナルを終了して OS X インストーラを起動してください。この段階ではまだ GUI のディスクユーティリティを使ってはいけません。ディスクが破損していると (赤で) 表示され修復するように言ってきます。(たとえ何も『修復』しないことを選択しても) CoreStorage ボリュームが再作成されてしまうため台無しです。OS X インストーラはディスクを一つだけ表示するはずです。それが HDD に作成された JHFS+ ボリュームです。

HDD に新しく OS X をインストールしたら先に進んで下さい。OS X の 'Disk Utility' を使って OS X パーティションのサイズを変更して SSD の中に Linux のための領域を確保できます。OS X でやることをやったら、iMac を再起動して、起動時に左 ALT キーを押すことで Arch Linux の USB スティックを起動してください (USB スティックを起動するには Apple キーボードを使う必要があります)。ブートメニューが表示されるので USB ドライブを選択して起動することができます。

Arch Linux のインストール

Arch Linux のインストールに特別なことはありません。インストールガイドに書かれているとおりに行なって下さい。/boot/efi/dev/sda1 をマウントして (HDD の1番目のパーティションは UEFI パーティションです)、grub-efi-x86_64 をインストールすれば完了です。ソリッドステートドライブにインストールするので、parted を使ってパーティションを作成します。パーティションの例:

Model: ATA APPLE SSD SM128E (scsi)
Disk /dev/sdb: 121332826112B
Sector size (logical/physical): 512B/4096B
Partition Table: gpt
Disk Flags: 

Number  Start         End            Size           File system     Name  Flags
1      1048576B      16383999999B   16382951424B   linux-swap(v1)
2      16384000000B  121331777535B  104947777536B  ext4

また、内蔵ネットワークカードを使うには最低でもカーネル 3.9 が必要です。

再起動時、左 Alt を押すと内部ブートローダーが表示されるので新しく追加された Arch Linux を選択します。Arch Linux のデフォルトのブートオプションを変更するには、先に作成した UEFI ファイルを 'bless' する必要があります。macOS から、EFI パーティションをマウントした後に 'EFI/arch_grub/grubx64_standalone.efi' の名前を 'EFI/BOOT/BOOTX64.EFI' に変えて、以下のコマンドを実行するのが良いでしょう:

sudo bless --device=/dev/disk1s2 --file=/Volumes/EFI/efi/BOOT/BOOTX64.EFI --setBoot

'--device' には SSD のパーティションを指定してください。OS X は指定されたパーティションから efi を起動しますが、GRUB は SSD を認識できずにレスキューモードが起動してしまいます。

参照