EFI システムパーティション

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

EFI System Partition (ESP とも呼ばれます) は UEFI ファームウェアによって起動される EFI ブートローダ、アプリケーション、ドライバの格納場所として機能する OS に依存しないパーティションです。UEFI ブートには必須です。

既存のパーティションの確認

例えば Windows 10 のようなオペレーティングシステムがインストールされている UEFI 対応のコンピュータに Arch Linux をインストールする場合、既に EFI システムパーティションがある可能性が非常に高いと言えます。

ディスクパーティションスキームとシステムパーティションを調べるには、起動したいディスクの root で fdisk を使用します。

# fdisk -l /dev/sdx

このコマンドは以下を返します。

  • ディスクのパーティションテーブル:パーティションテーブルが GPT の場合は Disklabel type: gpt を、MBR の場合は Disklabel type: dos を示します。
  • ディスク上のパーティションのリスト:EFIシステムパーティションは通常100MiB以上の大きさで、タイプは EFI System または EFI (FAT-12/16/32) になっています。これが ESP であることを確認するには、ESP をマウントし、EFI という名前のディレクトリがあるかどうかをチェックします。
ヒント: FAT12、FAT16、FAT32のいずれかのファイルシステムかどうかを調べるには、FAT#どの FAT か調べる に従ってください。
警告: デュアルブートする場合、ESPを再フォーマットすることは避けてください。

既存の EFI システムパーティションが見つかった場合は、#パーティションのマウントに進んでください。見つからなかった場合はパーティションを作成する必要があります。#パーティションの作成に進んでください。

パーティションの作成

以下のセクションでは EFI System Partition (ESP) を作成する方法を説明しています。

ノート: UEFI ファームウェアによっては UEFI-MBR ブートができないため UEFI ブートでは出来るだけ GPT を使うことが推奨されます。

ESP の容量は 512 MiB にすることが推奨されていますが他のサイズでも問題ありません [1]

Microsoft のドキュメントには ESP の容量について説明があります: Advanced Format 4K Native (4-KB-per-sector) のドライブでは、FAT32 ファイルフォーマットの制限によって、最小容量は 256 MiB となります。FAT32 のドライブの最小パーティションサイズはセクターサイズ (4KB) x 65527 = 256 MiB と計算されます。Advanced Format 512e ドライブはセクターサイズが 512 バイトだとエミュレートされているのでこの制限を受けません。512 バイト x 65527 = 32 MB、これはパーティションの最小容量 100 MB よりも少ない値です。参照: [2]

GPT でパーティションされたディスク

GPT でパーティションされたディスクに ESP を作成する場合、以下の方法のどちらかを使って下さい:

MBR でパーティションされたディスク

fdisk を使ってパーティションタイプ EFI System のパーティションを作成し、パーティションをフォーマットしてください。

パーティションのフォーマット

ESP を作成したら、FAT32 でフォーマットします:

# mkfs.fat -F32 /dev/sdxY

上記の GNU Parted を使用した場合、既にフォーマットされているはずです。

WARNING: Not enough clusters for a 32 bit FAT! というエラーが表示される場合、mkfs.fat -s2 -F32 ... あるいは -s1 を使ってクラスタのサイズを減らして下さい。エラーを放置すると UEFI からパーティションを読み取れなくなる可能性があります。

パーティションのマウント

EFISTUB の場合、カーネルと initramfs のファイルは EFI System Partition に保存する必要があります。また、EFISTUB ブートでは /boot パーティションを別に作らないで ESP を /boot パーティションとして使うことでシンプルにすることも可能です。その場合、上記のように EFI システムパーティションを作成・フォーマットした後、/bootマウントしてください。

#バインドマウントを使うも参照。

既知の問題

RAID 上に ESP を配置

ESP を RAID1 アレイに置くことも可能ですが、データが破損する危険性があり、また、ESP を作成する際に様々な注意をする必要があります。詳しくは [3][4] を見て下さい。

ヒントとテクニック

バインドマウントを使う

ESP を /boot にマウントする代わりに、バインドマウントを使うことで ESP のディレクトリを /boot にマウントすることができます (mount(8) を参照)。これによって ESP を自由に扱えるようにしつつ pacman が直接カーネルを更新できるようにすることができます。ファイルをコピーする他の方法よりもずっとシンプルな方法になります。

ノート: バインドマウントを利用するには FAT32 に対応するカーネルとブートローダーが必要です。通常の Arch のインストールでは問題になりませんが、他のディストリビューションでは問題になることがあります (つまり /boot にシンボリックリンクを必要とするディストリビューション)。フォーラムのこの投稿 を見て下さい。

EFISTUB#カーネルと initramfs を ESP にコピーするに書かれているように、ESP のディレクトリに全てのブートファイルをコピーしますが、ESP は /boot の外にマウントします (例: /esp)。そしてディレクトリをバインドマウントします:

# mount --bind /esp/EFI/arch/ /boot

ファイルが /boot に現れるようにしたい場合、fstab を編集して永続化させます:

/etc/fstab
/esp/EFI/arch /boot none defaults,bind 0 0
警告: この方法を使って起動するには root=system_root カーネルパラメータを使う必要があります。

参照