Blender

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wikipedia より:

Blender はプロフェッショナルなフリー・オープンソースの 3D コンピュータグラフィックソフトウェアである。アニメーション動画や VFX、芸術、インタラクティブな 3D アプリケーションやビデオゲームなどの作成に使われている。Blender に備わっている機能: 3D モデリング、UV マッピング、テクスチャの貼り付け、ラスタ画像の編集、リギングとスキニング、流体・煙シミュレーション、パーティクルシミュレーション、スカルプト、アニメーション、マッチムーブ、カメラトラッキング、ビデオ編集、コンポジットなど。さらにゲームエンジンも内蔵している。

Blender は人気のあるオープンソースの 3D モデリングプログラムとして有名です。

インストール

blender パッケージをインストールしてください。

GPU レンダリング

Blender が公式にサポートしているのは AMD (GCN 以前のカードの場合は ATI、GCN 以後のカードは AMDGPU を参照) と NVIDIA のプロプライエタリドライバーだけです。プロプライエタリドライバーをインストールした後、File -> User Preferences -> System から計算デバイスとしてグラフィックカードが選択できます。

プロフェッショナルなレンダリングプラグイン

Blender はプロの世界でも段々と名が通るようになってきています。今は Blender の Render や Cycles 以外のレンダリングシステムをプラグインの形で使用することができます。以下は Linux でリリース済み、あるいはリリース予定のプロフェッショナル用の主要なレンダリングプラグインのリストです。

LuxRender

LuxRenderOpenCL を使ってレンダリングを行うことができるオープンソースのレンダリングシステムです。Blender で LuxRender を使用するには、luxblend25 パッケージをインストールして、Blender の User Preferences ボックスから LuxRender アドオンを有効にしてください。

RenderMan

RenderMan は Linux に対応しているプロプライエタリのレンダリングプラグインです。非商用ライセンスの下では無料で Blender から使うことができます。Blender で使用する方法は Renderman のページ を見てください。

Pro-Render

Pro-Render は AMD が開発中のオープンソースの Blender レンダリングプラグインです。OpenCL 1.2 に対応しているマシンを使って写実的な GPU レンダリングを作成できます。CPU と比較して非常に高速に動作します。

Blend4Web

Blend4Web はウェブブラウザにインタラクティブな 3D グラフィックを表示するためのオープンソースフレームワークです。ウェブに直接 3D シーンを作成・エクスポートする Blender アドオンが含まれています。アドオン設定で Blend4Web 用のプロファイルを有効化できます。プロファイルを切り替えると、Blender のインターフェイスが変化して Blend4Web に関する設定だけが表示されるようになります。Blend4Web SDK をインストールする方法は ドキュメント を参照してください。

トラブルシューティング

Blender でオブジェクトの選択が遅い

オンボードの Intel グラフィックを使っている場合、オブジェクトの選択に5〜10秒もかかることがあります。File -> User Preferences -> System から SelectionOpenGL Occlusion Queries に変更してください。

AMDGPU ドライバーで Blender の UI の表示がおかしい

Blender のユーザーインターフェースの表示が崩れる場合があります。Blender でトリプルバッファリングを使うことで解決できますが、ビデオメモリの使用量が増えてしまいます。File -> User Preferences -> System から Window Draw MethodTriple Buffering にすることで有効にできます。

また、開発版の blender-gitAUR パッケージもインストールすることで問題は解決します。Triple Buffering を有効にする必要はありません。

Blender から OpenCL レンダリングデバイスとして AMD のカードが認識されない

OpenCL でレンダリングする場合、Blender がサポートしているのは AMD 公式のプロプライエタリドライバーだけです。AMD の OpenCL ドライバーを使用する必要があります:

  • AMDGPU#AMDGPU PRO をインストールする。
  • オープンソースの AMDGPU ドライバーと一緒に opencl-amdAUR ドライバーをインストールする。

インストール後、File -> User Preferences -> System -> Compute Device から AMD の GPU が選択できるようになるはずです。