Cairo-Dock

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Cairo-Dock は細かいカスタマイズができるドックです。C で書かれています。

インストール

cairo-dock パッケージをインストールしてください。コアパッケージは Cairo-Dock を実行するのに必要な最小限のものしか入っていません。アプレットやアニメーション、ビューやエフェクト、ダイアログを使用するには cairo-dock-plug-ins も必要になります。

また、cairo-dock-gitAURcairo-dock-plug-ins-gitAUR を使うことで開発ブランチを使用することができます。

プラグインの依存パッケージ

cairo-dock-plug-ins のアプレットは大量の依存パッケージを必要とするため、特定のアプレットを使わない場合にシステムを肥大化させないように依存パッケージは全部任意になっています。optdepends のリストを参照して必要に応じてインストールしてください。

ノート: 何らかの理由でアプレットが動作しない場合、GVFS をインストールしているか確認してください。複数のアプレットや GNOME, XFCE, KDE との統合で必要になります。

設定

ドックの実行

バックグラウンドでドックを実行:

$ cairo-dock &

このコマンドを実行するとスタートアップメッセージが表示されてセッションで使用するバックエンド (OpenGL または Cairo) を選択することになります。選択したバックエンドを記憶させるオプションがあり、覚えさせなかった場合、(バックエンドオプションを付けずに) Cairo-Dock を起動するたびにスタートアップメッセージが表示されます。スタートアップメッセージを表示させたくない場合、Cairo-Dock を実行するときに使用するバックエンドを指定してください。

OpenGL バックエンドでドックを実行:

$ cairo-dock -o &

Cairo バックエンドでドックを実行:

$ cairo-dock -c &
ヒント: ATI のグラフィックカードを使っている場合は上記のオプションを使って下さい。OpenGL をサポートしていないカード/ドライバーだと、Cairo-Dock が正しく起動しないことがあります。

スタートアップ時にドックを起動

使用しているデスクトップ環境やウィンドウマネージャ、Cairo-Dock を動作させるバックエンドによって方法は変わってきます。以下のセクションではバックエンドを指定せずに Cairo-Dock を起動する方法を説明しています。

Cairo-Dock の方法

Cairo-Dock を起動してドックを右クリックしてから Cairo-Dock > Launch Cairo-Dock on startup を選択してください。設定は ~/.config/autostart/ に保存され、次にログインしたときに読み込まれます。

Openbox/Fluxbox

以下を ~/.config/openbox/autostart~/.fluxbox/startup に追加してください:

cairo-dock &

Xfce

xfce4-autostart-editor をインストールしている場合、起動すれば Cairo-Dock のエントリが追加されます。セッションマネージャを使っていない場合、以下を ~/.config/xfce4/xinitrc または ~/Desktop/Autostart に追加してください:

cairo-dock &

GNOME

以下を使って Cairo-Dock のエントリをスタートアッププログラムに追加してください:

$ gnome-session-properties

ドックの設定

ドックの設定をするときは、ドックを右クリックして Cairo-Dock > Configure を選択してください。

トラブルシューティング

ドックが2つ起動する

保存されたセッションがログイン時に実行されると発生します。GNOME, KDE, Xfce などのデスクトップ環境を使用している場合、セッションマネージャの設定からセッションの自動起動を無効化してください。また、セッションのキャッシュも削除する必要があるかもしれません:

$ rm ~/.cache/sessions/x*

セッションマネージャが付属しているデスクトップ環境を使っていない場合、あるいは自分で Cairo-Dock を起動するように設定している場合、Cairo-Dock によって生成される autostart ファイルを削除してください:

$ rm ~/.config/autostart/cairo-dock*

背景が黒色

XcompmgrCairo Compmgr などのコンポジットマネージャを動かしてなかった場合に起こります。Cairo-Dock はコンポジットマネージャの透過機能を使用してドックを表示しているため、コンポジットマネージャを使ってなかった場合、ドックの背景は黒色で表示されます。デスクトップ環境を使っている場合、設定からコンポジットマネージャやデスクトップ効果を有効にしてください。

コンポジットマネージャを使用しない別の解決方法としては、Cairo-Dock の擬似透過を有効にする方法があります。擬似透過を使用するには、ドックを右クリックして Cairo-Dock > Configure > Advanced Mode > System > Composition を選択してください。それから Emulate composition with fake transparencyMake the config panel transparent の両方を有効にしてください。

Wifi プラグインでネットワークの強度が表示されない

wifi プラグインを追加しても、ネットワークの強度が表示されない場合、(プラグインが依存している) iwconfig がインストールされていること、そして iwconfig の出力を読み取る権限があることを確認してください。

iwconfig をインストールするには:

# pacman -S wireless_tools

通常ユーザーに iwconfig の出力を読み取る権限を与えるには (ケイパビリティを参照):

# setcap cap_net_raw,cap_net_admin=eip /usr/bin/iwconfig

参照