DOSBox

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

DOSBox は昔の DOS ゲームやプログラムを動かすための x86 PC DOS エミュレータです。

インストール

dosbox パッケージをインストールしてください。

設定

初期設定は必要ありませんが、DOSBox の公式マニュアルは dosbox.conf という名前の設定ファイルについて言及しています。デフォルトでは、このファイルは ~/.dosbox フォルダに存在します。

~/.dosbox から dosbox.conf を DOS アプリが存在するディレクトリにコピーして、設定を変更することで、アプリケーションごとに新しい設定ファイルを作成することも可能です。自動的に設定ファイルを作成することもできます: アプリケーションのフォルダで何もパラメータを付けないで dosbox を実行してください:

$ dosbox

DOS プロンプトが表示されたら、次のように入力:

Z:\> config -wc dosbox.conf

カレントディレクトリに設定ファイルの dosbox.conf が保存されるようになります。必要に応じて設定を変更してください。

設定オプションは DosBox の公式 wiki で説明されています: http://www.dosbox.com/wiki/Dosbox.conf。

使用方法

DOSBox を動作させる簡単な方法は、DOS ゲーム (またはゲームのセットアップファイル) をディレクトリに配置して、そのディレクトリのパスを付して dosbox を起動することです。例えば:

$ dosbox ./game-folder/

上記で指定したディレクトリで動作する DOS プロンプトが表示されます。そこから、動かしたいプログラムを実行することができます:

C:\> SETUP.EXE

ヒントとテクニック

DOSBox からマウスが外れなくなったときは、Ctrl+F10 を使えば自由になります。

音楽を再生したい場合、一部の DOS ゲームは DOSBox でエミュレートされない MIDI シンセサイザを必要とします。DOSBox は利用可能なシンセサイザを使用します。コンピュータにハードウェアシンセサイザが搭載されていない場合、FluidSynthTimidity などのソフトウェアシンセサイザが使えます。

参照