Deepin Desktop Environment

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

DDE (Deepin Desktop Environment) は Deepin ディストリビューションのために開発されたデスクトップ環境です。

インストール

最低限のデスクトップインターフェイスを作成するには、まず deepin グループをインストールしてください。基本的なコンポーネントが全てインストールされます。

完全なデスクトップ環境とするための追加アプリケーションは deepin-extra グループに含まれています。

ネットワーク管理機能を使用するには、networkmanager パッケージが必要です。また、NetworkManager.service起動・有効化してください。

Deepin Desktop Environment の起動

ディスプレイマネージャを使う

DDE のデフォルトの lightdm greeter を使用するには設定ファイルの [Seat:*] セクションに修正を加える必要があります:

/etc/lightdm/lightdm.conf
[Seat:*]
...
greeter-session=lightdm-deepin-greeter

xinitrc を使う

詳しくは xinitrc のページを見て下さい。

~/.xinitrc
exec startdde

startx または xinit を実行すれば DDE が起動します。

ノート: ブート時に Xorg を起動したい場合は、ログイン時に X を起動の記事を読んで下さい。

トラブルシューティング

スタンバイ状態から復帰したときに壁紙が表示されない

NVIDIA ドライバーが FBO を保存する方法が原因で [1]、スタンバイ状態から復帰したときに壁紙が突然消えることがあり、カラーノイズが入った白い画面が表示されることがあります。上流の GNOME では既に解決されている問題ですが、Deepin デスクトップ環境ではまだ残っています。

サスペンドから復帰したときにウィンドウマネージャを再起動すれば問題を回避できます。以下の systemd サービスを作成してください:

/etc/systemd/system/resume@.service
[Unit]
Description=User resume actions
After=suspend.target

[Service]
User=%I
Type=simple
ExecStart=/usr/bin/deepin-wm-restart.sh

[Install]
WantedBy=suspend.target

上記のサービスから以下のスクリプトを実行します:

/usr/bin/deepin-wm-restart.sh
#!/bin/bash
export DISPLAY=:0
deepin-wm --replace

適切なディレクトリにファイルを作成したら、以下のコマンドを実行してスクリプトを有効化します:

# chmod +x /usr/bin/deepin-wm-restart.sh
# systemctl enable resume@user
# systemctl start resume@user 

1番目のコマンドはスクリプトに実行可能属性を付与し、2番目のコマンドは起動時にサービスを起動するように設定します。3番目のコマンドは即座にサービスを起動します。

バグレポート

上流や arch のパッケージ関連のバグは ここ で報告してください。