Freenet

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Freenet は分散されたピアツーピアネットワークによって匿名性と言論の自由を守る、フリーのオープンソースソフトウェアです。Freenet を使うことで匿名でファイルを共有したり、検閲されるおそれなくフリーサイトを公開することができます。データは暗号化されて複数のノード間で転送され、情報をリクエストしたのが誰なのか、また情報の中身が何なのかを識別するのを不可能にしています。

インストールと設定

freenetAURAUR からインストールできます。

インストールしたら、起動時に有効化するサービスのリストに freenet を追加してください:

# systemctl enable freenet

そして、コンピュータを再起動するかデーモンを手動で起動します:

# systemctl start freenet

設定

ウィザードを使って設定するか、手動で freenet を設定するかを選択できます。共有するデータを保護するために、まずは TrueCryptEncFS を読むと良いでしょう。

ウィザード

http://127.0.0.1:8888/ から freenet のウェブインターフェイスにアクセスして、注意深く指示に従って下さい。freenet にアクセスするときはブラウザのプライベートモードを使うのが良いでしょう。

手動設定

手動で設定するときは Freenet wiki が役に立つでしょう。以下のファイルを編集することで手動で設定できます: /opt/freenet/freenet.ini/opt/freenet/wrapper.conf