TrueCrypt

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
警告:
  • 2014年5月から、TrueCrypt の開発は中止され もはやアップデートや修正は行われない ことになっています。dm-crypttcplay など他の暗号化プログラムあるいは TrueCrypt のフォークを使用するようにしてください。例えば VeraCrypt は活発に開発されており veracrypt パッケージでインストールできます。VeraCrypt のストレージフォーマットはバージョン 1.0f から TrueCrypt のストレージフォーマットと互換性を持つようになっています。TrueCrypt のコードの監査については [1] を参照。
  • 2015年9月26日に TrueCrypt の Windows 版に深刻なセキュリティ問題が2つ発見されました: CVE-2015-7358 と CVE-2015-7359。Windows と Arch Linux で暗号化ボリュームを共有する場合は注意してください。詳しくは 12 を参照。

TrueCrypt はフリーでオープンソースのオンザフライ暗号化 (OTFE) プログラムです。TrueCrypt の機能として以下があります:

  • 実際のディスクとしてマウントできる仮想的な暗号化ディスク。
  • ハードディスクパーティションやストレージデバイス/メディアの全てを暗号化。
  • ストレージ暗号化の初期化ベクトルを推測することができる CBC モードよりも安全な LRW モードを全ての暗号化アルゴリズムで使用。
  • 通常の"外殻"の暗号化ボリュームの中に"隠しボリューム"を作成可能。パスフレーズやキーファイルが漏れない限り、隠しボリュームをランダムなデータの中から発見するのは不可能。

TrueCrypt と他のディスク暗号化ソリューションの詳しい比較はディスク暗号化#比較表を見て下さい。

インストール

ノート: 既存の TrueCrypt コンテナを開いてアクセスしたいときは cryptsetup を使用することを推奨します。新しい TrueCrypt コンテナは truecrypt で作成できます。

truecrypt パッケージをインストールしてください。linux 以外のカーネルを使っている場合は、適当なカーネルモジュールもインストールします。

truecrypt を使って仮想ファイルシステム (例: ファイル) を暗号化する場合は、truecrypt コマンドを実行したときに自動でモジュールがロードされます。

truecrypt を使って物理デバイス (例: ハードディスクや usb ドライブ) を暗号化する場合は、ブートシーケンスの間にモジュールをロードするようにしてください:

/etc/modules-load.d/ にモジュールを追加:

# tee /etc/modules-load.d/truecrypt.conf <<< "truecrypt"
ノート:
  • 上記の設定でうまくいかない場合、以下のように "loop" モジュールを追加することで動作します:
# tee /etc/modules-load.d/truecrypt.conf <<< "loop"
# modprobe loop
  • Arch の標準カーネルではモジュールのロードは必ずしも手動で行う必要はありません。ただし、カスタムカーネルを使用している場合は FUSEloop、および使用する暗号化アルゴリズム (例: AES, XTS, SHA512) を有効化する必要があります。既存の TrueCrypt コンテナにアクセスするだけなら TrueCrypt のインストールは不要です。

cryptsetup を使って TrueCrypt コンテナにアクセス

バージョン 1.6 から、cryptsetup は TrueCrypt コンテナをネイティブで開けるようになっており、truecrypt パッケージを必要としません。cryptsetup でコンテナを開くには、次のコマンドを実行してください:

# cryptsetup --type tcrypt open container-to-mount container-name

container-to-mount を開きたい /dev 下のデバイスファイルやファイルのパスに置き換えてください。コンテナが開かれると /dev/mapper/container-name というデバイスが新しく認識され、通常のデバイスと同じように mount できるようになります。

キーファイルを使用する場合、--key-file オプションを使ってファイルを指定してください。隠しボリュームを開く場合は --tcrypt-hidden オプションを使ってください。システムモードで暗号kパされたパーティションあるいはデバイスを開くには --tcrypt-system オプションを使ってください。

サポートされているオプションなどの詳細は cryptsetup(8) を見て下さい。

/etc/crypttab を使って自動マウント

バージョン 206 から、systemd/etc/crypttab を使用して起動時に TrueCrypt コンテナを (自動的に) マウントすることをサポートしています。

以下のセットアップでは /mnt/truecrypt-volume にアクセスしたら systemd によって自動的にシステム暗号化モードで /dev/sda2 がマウントされます。ボリュームを開くためのパスフレーズは /etc/volume.password に記述します。自動マウントを使用するには /etc/fstab に指定するデバイスファイルは /dev/mapper/ のものでなくてはなりません。/dev/disk/by-uuid/ などは使えません。以下のように /dev/disk/ のデバイスファイル名を使うことで /etc/crypttab の中で暗号化ボリュームを問題なく識別できます:

/etc/crypttab
truecrypt-volume    /dev/sda2    /etc/volume.password    tcrypt-system,noauto

標準の truecrypt ボリュームの場合、tcrypt-system の代わりに tcrypt を使ってください。隠しボリュームの場合、tcrypt-hidden を使ってください。

/etc/fstab
/dev/mapper/truecrypt-volume    /mnt/truecrypt-volume    auto    noauto,x-systemd.automount    0    0

auto のかわりに直接、ファイルシステムやマウントオプションを指定することもできます。NTFS を通常ユーザーでマウントする場合などで有用です。

サポートされているオプションなどの詳細は crypttab(5) を参照してください。

ファイルを仮想ボリュームとして暗号化

以下では仮想ファイルシステムとして扱えるファイルを作成します。ファイルをマウントすれば暗号化ファイルの中にファイルを保存することが可能です。口座の情報やパスワードなど機密情報をシングルファイルに保存して Linux, Windows, macOS などからアクセスできるようにしたい場合に有用です。

新しい truecrypt ファイルをインタラクティブに作成するには、ターミナルに以下のコマンドを入力:

# truecrypt -t -c

指示に従ってファイルを作成できます。設定がよくわからない場合はデフォルトの値を使ってください:

Volume type:
 1) Normal
 2) Hidden
Select [1]: 1

Enter file or device path for new volume: /home/user/EncryptedFile.tc

Enter volume size (bytes - size/sizeK/sizeM/sizeG): 32M

Encryption algorithm:
 1) AES
 2) Blowfish
 3) CAST5
 4) Serpent
 5) Triple DES
 6) Twofish
 7) AES-Twofish
 8) AES-Twofish-Serpent
 9) Serpent-AES
10) Serpent-Twofish-AES
11) Twofish-Serpent
Select [1]: 1

Hash algorithm:
 1) RIPEMD-160
 2) SHA-1
 3) Whirlpool
Select [1]: 1  

Filesystem: 
 1) None
 2) FAT
 3) Linux Ext2
 4) Linux Ext3
 5) Linux Ext4
Select [2]: 2

Enter password for new volume '/home/user/EncryptedFile.tc': *****************************
Re-enter password: *****************************

Enter keyfile path [none]: 

Please type at least 320 randomly chosen characters and then press Enter:

Done: 32.00 MB  Speed: 10.76 MB/s  Left: 0:00:00  
Volume created.

新しい暗号化ファイルは既存のディレクトリにマウントできます:

# truecrypt -t /home/user/EncryptedFile.tc /home/user/EncryptedFileFolder
ノート: Truecrypt は root 権限を必要とします。通常ユーザーでファイルを使いたい場合は通常ユーザーでボリュームをマウントを参照してください。

マウントしたら、通常のディレクトリと同じように暗号化ディレクトリの中に新しいファイルをコピー・作成できます。再度暗号化するにはディレクトリをアンマウントします:

# truecrypt -t -d

上記のコマンドは管理者権限を必要とします。アンマウントしたら暗号化されたファイルがディレクトリから消えているかどうか確認してください (重要でないデータから試してみると良いでしょう)。

物理ボリュームの暗号化

ノート: グラフィカルインターフェイスで問題が起こる場合、-t フラグを使って CLI モードで起動してみてください。

キーファイルを使いたい場合は、次のコマンドでファイルを作成します:

# truecrypt --create-keyfile /etc/disk.key

デフォルトでは、ボリュームを解錠するにはパスフレーズとキーの両方が必要になります。

/dev/sda1 デバイスに新しいボリュームを作成:

# truecrypt --volume-type=normal -c /dev/sda1

ボリュームを /dev/mapper/truecrypt1 にマップ:

# truecrypt -N 1 /dev/sda1

上記のコマンドが使えない場合は次のコマンドでボリュームをマップしてみてください:

# truecrypt --filesystem=none --slot=1 /dev/sda1

お好きなファイルシステムを選択して、通常通りにディスクをフォーマットします。ただしパスには /dev/mapper/truecrypt1 を使います。例えば ext4 の場合:

# mkfs.ext4 /dev/mapper/truecrypt1

ボリュームをマウント:

# mount /dev/mapper/truecrypt1 /media/disk

ボリュームをマップしてマウント:

# truecrypt /dev/sda1 /media/disk

ボリュームをアンマウントしてマップを解除:

# truecrypt -d /dev/sda1

隠しボリュームの作成

先に、物理ボリュームの暗号化で説明されているように、通常の外殻ボリュームを作成してください。

外殻ボリュームを /dev/mapper/truecrypt1 にマップ:

# truecrypt -N 1 /dev/sda1

外殻ボリュームの空き領域に truecrypt の隠しボリュームを作成:

# truecrypt --type hidden -c /dev/sda1

外殻ボリュームとは異なるパスフレーズまたはキーファイルを使う必要があります。

外殻 truecrypt ボリュームをアンマップして隠しボリュームをマップ:

# truecrypt -d /dev/sda1
# truecrypt -N 1 /dev/sda1

隠しボリューム用のパスフレーズを使ってください。TrueCrypt は自動的にパスフレーズを選び取ります。

ファイルシステムを作成してマウント:

# mkfs.ext4 /dev/mapper/truecrypt1
# mount /dev/mapper/truecrypt1 /media/disk

書き込み保護を有効にして外殻ボリュームをマップ・マウント:

# truecrypt -P /dev/sda1 /media/disk

fstab でボリュームをマウント

まず最初に、fstab でマウントを処理するスクリプトを書く必要があります。以下を /usr/bin/mount.truecrypt として保存してください:

#!/bin/sh
DEV="$1"
MNTPT="$2"
OPTIONS=""
TCOPTIONS=""

shift 3
IFS=','
for arg in $*; do
    case "$arg" in
        system)                   TCOPTIONS=(${TCOPTIONS[*]} --m=system);;
        fs*)                      TCOPTIONS=(${TCOPTIONS[*]} --filesystem=${arg#*=});;
        keyfiles*)                TCOPTIONS=(${TCOPTIONS[*]} --keyfiles=${arg#*=});;
        password*)                TCOPTIONS=(${TCOPTIONS[*]} --password=${arg#*=}) && echo "password triggered" ;;
        protect-hidden*)          TCOPTIONS=(${TCOPTIONS[*]} --protect-hidden=${arg#*=});;
        *)                        OPTIONS="${OPTIONS}${arg},";;

    esac
done

/bin/truecrypt --text --non-interactive ${DEV} ${MNTPT} ${TCOPTIONS[*]} --fs-options="${OPTIONS%,*}"

ファイルに実行可能属性を付与してください:

# chmod +x /usr/bin/mount.truecrypt

最後に、fstab に以下のようにデバイスを追加してください:

/dev/sdb3 /mnt truecrypt fs=vfat,defaults 0 0
ヒント: 上記のスクリプトは truecrypt-mountAUR パッケージでもインストールできます。

通常ユーザーでボリュームをマウント

TrueCrypt を使うには root 権限が必要です。このセクションでは通常ユーザーにボリュームへの書き込み権限を与えて、通常ユーザーが TrueCrypt を使えるようにする方法を説明します。

以下のどちらの方法でも sudo が必要になります。先に進む前に sudo を設定するようにしてください。

方法 1: truecrypt グループを追加

truecrypt という名前の新しいグループを作成して必要な権限を与えます。グループに属しているユーザーは TrueCrypt を使えるようになります。

# groupadd truecrypt

sudo の設定を編集:

# visudo

sudo の設定ファイルの末尾に以下の行を追加:

# Users in the truecrypt group are allowed to run TrueCrypt as root.
%truecrypt ALL=(root) NOPASSWD:/usr/bin/truecrypt

使用するユーザーを truecrypt グループに追加:

# gpasswd -M first_user,second_user,etc truecrypt
ノート: 上記の変更を適用するには、ユーザーを一度ログアウトさせてから再ログインする必要があります。

その後、以下のコマンドでデバイスをマウントすることができます:

$ truecrypt --mount /path/to/device /path/to/mountpoint

デフォルトのマウントポイントは /media/truecrypt1 です。通常、--filesystem フラグを使ってデバイスのファイルシステムを明示的に指定する必要はありません。

truecrypt にはパーミッションマスクを指定すると良いでしょう。そうしないと、マウントしたデバイスの全てのファイルが実行可能になってしまいます。例:

$ truecrypt --fs-options=users,uid=$(id -u),gid=$(id -g),fmask=0113,dmask=0002 --mount /PATH/TO/DEVICE /PATH/TO/MOUNTPOINT

上記のコマンドは bash の設定ファイル (~/.bashrc) などにエイリアスとして追加できます:

alias tc1='truecrypt --fs-options=users,uid=$(id -u),gid=$(id -g),fmask=0113,dmask=0002 --mount /path/to/device"" /path/to/mountpoint'

指定したデバイスをマウントするには、通常ユーザーで以下のコマンドを使用します:

$ tc1

方法 2: sudo の簡易化

パスワードを入力せずに truecrypt を実行できるようにしたい場合、以下のコマンドを実行:

# visudo

そして以下を追加:

USERNAME ALL = (root) NOPASSWD:/usr/bin/truecrypt

もしくは wheel グループを使用する場合:

%wheel ALL = (root) NOPASSWD:/usr/bin/truecrypt

通常ユーザーのパーミッションが困る場合、truecrypt のマウントコマンドに -u フラグを追加してください。例:

$ truecrypt -u /home/user/EncryptedFile.tc /home/user/EncryptedFileFolder

ログイン時に自動マウント

スタートアップに以下を追加:

truecrypt /home/user/Encrypted File.tc /home/user/Encrypted File Folder <<EOF
password
EOF

-p スイッチは使わないでください。ps などのツールを使ってプロセスの名前からパスワードを確認できてしまいます [2]

The most recent truecrypt has a couple of followup questions. If you have expect installed, this will work (assuming no keyfile and no desire to protect hidden volume), saved to a file with root-only perms called from /etc/rc.local:

#! /bin/bash
expect << EOF
spawn /usr/bin/truecrypt ''/path/to/EncryptedFile'' ''/mount/point''
expect "Enter password"
send "volume password\n"
expect "Enter keyfile"
send "\n"
expect "Protect hidden volume"
send "\n"
expect eof;
EOF

上記はパスワードを普通に入力するのと比べるとセキュアでありませんが、TrueCrypt のファイルシステムが共有ストレージなどにあるときに、暗号化されないままの状態にするよりはましです。

(シャットダウン時に) ボリュームを安全にアンマウントしてマップを解除

以下のコマンドで指定したデバイスをアンマウントできます:

# truecrypt -d /path/to/mountpoint

全ての truecrypt ボリュームをアンマウントしたい場合はパスを省略してください。

シャットダウン時に自動的に truecrypt デバイスをアンマウントさせたい場合、以下を /etc/rc.local.shutdown ファイルに追加:

if (/usr/bin/truecrypt --text --list)
then {
/usr/bin/truecrypt -d
sleep 3
}
fi

sleep コマンドは取り払ってもかまいません。実際にシャットダウンする前にアンマウントする猶予を与えているだけです。

エラー

TrueCrypt is already running

TrueCrypt の起動時に TrueCrypt is already running というメッセージボックスが表示される場合、ホームディレクトリに .TrueCrypt-lock-username という名前の隠しファイルが存在しないか確認してください (username はあなたのユーザー名に置き換えて下さい)。ファイルを削除して TrueCrypt を再起動してください。

Deleted stale lockfile

Truecrypt の起動後に "Delete stale lockfile [....]" というメッセージが表示される場合、GNOME のログアウト時に ID が一番小さい Truecrypt のプロセスを終了する必要があります。/etc/gdm/PostSession/Default を編集して exit 0 の前に以下の行を追加してください:

kill $(ps -ef | grep truecrypt | tr -s ' ' | cut -d ' ' -f 2)

ユニコードのファイル/フォルダ名の問題

NTFS

(暗号化されていない NTFS パーティションは問題なく扱えるのに) 名前にユニコード文字が含まれているファイルやフォルダが TrueCrypt の NTFS ボリュームで表示されない場合、最初に NTFS-3G ドライバーがインストールされているかどうか確認してください。そして以下のシンボリックリンクを root で作成してください:

# ln -s /sbin/mount.ntfs-3g /sbin/mount.ntfs

自動的に NTFS ボリュームで NTFS-3G ドライバーが使われるようになります。コンソールで以下のように指定するのと同じです:

# truecrypt --filesystem=ntfs-3g /path/to/volume

TrueCrypt の GUI (Settings > Preferences > Mount Options) で以下のオプションを設定できます:

rw,noatime

FAT

同じように、Windows で作成した FAT32 ボリュームは ISO 8859-1 ではなく Unicode が使われることがあります。UTF-8 を使用するには、マウントオプションを設定:

iocharset=utf8

もしくは、ボリュームをローカルにマウントする際に以下のように指定:

--fs-options=iocharset=utf8

アンマウントエラー (device mapper)

truecrypt のボリュームをアンマウントしようとすると "device-mapper: remove ioctl failed: Device or resource busy" とメッセージが表示される場合、解決方法は Setting > Preferences > System Integration > Kernel Service から次のボックスにチェックを入れて下さい:

Do not use kernel cryptographic services

マウントエラー (device mapper, truecrypt partition)

truecrypt ボリュームをマウントしようとすると、以下のようなメッセージが表示される場合:

Error: device-mapper: create ioctl failed: Device or resource busy
Command failed

次を実行してください:

# cryptsetup remove /dev/mapper/truecrypt1

Failed to set up a loop device

TrueCrypt ボリュームを作成・マウントしようとすると "Failed to set up a loop device" というメッセージが表示される場合、最近カーネルをアップデートしたのに再起動していないのが原因です。再起動を行えばエラーはなくなるでしょう。

それでもエラーが消えない場合、loop がカーネルモジュールとしてロードされているか確認してください:

$ lsmod | grep loop

loop がロードされていない場合、modprobe loop を実行した後に TrueCrypt のコマンドを実行してみてください。それで上手くいくときは、/etc/modules-load.d のモジュールに loop を追加すると良いでしょう:

# tee /etc/modules-load.d/truecrypt.conf <<< "loop"
ノート: udev 181-5 現在、ループデバイスモジュールは自動ロードされません。上記の設定が必要です。

新しいバージョンのカーネルでは起動時にループデバイスが作成されません。ループデバイスが存在しないと、コンテナファイルのマウントに TrueCrypt が失敗します ("Failed to set up a loop device")。ただし最大数のループデバイス (通常は256個) が作成され、マウントができるようになります。

問題を回避するにはファイルをマウントする前にループデバイスを作成してください:

# mknod -m 0660 /dev/loop8 b 7 8

上記のコマンドで /dev/loop8 が作成されます。起動時にループデバイスを作成するには:

# echo "options loop max_loop=8" > /etc/modprobe.d/eightloop.conf

max_loop=8 は必要なデバイスの数に置き換えてください。

システムパーティションのパスワードに en_US キーマップが必要

Xorg を使っている場合、以下のコマンドでキーマップを一時的に変更できます:

# setxkbmap us

NTFS ボリュームで Permission denied

パーミッションに問題がないのに、ファイルシステムに変更を加えられない場合、NTFS-3G がインストールされていないのが原因のことがあります。NTFS を見て下さい。

参照