Tomb

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

公式ウェブサイト より:

Tomb は強力な暗号化を簡単に使えるようにする 100% フリーなオープンソースソフトウェアです。
tomb はロックがかかったフォルダのように安全に移動したりファイルシステムに隠すことができます。
キーは分離できます: コンピュータに tomb を、USB スティックにキーを保存したりできます。

Tomb は"暗号化ディレクトリ" (tomb) を管理するための簡単に使えるソフトウェアを標榜しています。tomb はキーファイルとパスワードの両方が揃わないと開くことができません。ステガノグラフィなどの高度な機能も備えています。

インストール

tombAUR または tomb-gitAURインストールしてください。

tomb を簡単に使えるようにする gtomb という名前の GUI ラッパーも存在します。gtomb-gitAUR パッケージでインストールできます。開発途上なので注意して使ってください。

使用方法

Tomb は単一の非対話式のスクリプトとしてコンソールから使うことができます。tomb を作成したり開いたり、USB からキーを取得するのを補助する tomb-open という名前のシンプルな対話式スクリプトも存在します。

Tombs はターミナルコマンドラインから操作することができマシンの root 権限 (もしくは sudo によるスクリプトの実行) を必要とします。

"secret" という名前の 100MB の tomb を作成するには:

# tomb dig -s 100 secret.tomb
# tomb forge secret.tomb.key
# tomb lock secret.tomb -k secret.tomb.key

tomb を開くには、次を実行:

# tomb open secret.tomb -k secret.tomb.key

操作が完了したら:

# tomb close

詳しくは tomb -hman tomb を見て下さい。

高度な機能

  • ステガノグラフィ (jpeg/wav ファイルにキーを隠匿)
  • バインドフック: サブディレクトリを"バインド"して他のディレクトリにマウントできます。例えば .Mail, .firefox, Documents ディレクトリを暗号化したい場合を考えて下さい。これらのサブディレクトリが含まれた tomb を作成して tomb の中にシンプルな設定ファイルを作成することができます。tomb open を実行すると自動的にディレクトリが正しい場所にバインドされます。これによって firefox のプロファイルやメールのディレクトリを簡単に暗号化することが可能です。
  • ポストフック: tomb が開いたとき (あるいは閉じた時) にコマンドを実行することができます。様々なことがこれで実現できます: tomb の中のファイルを開いたときにコンピュータを "paranoid" 状態にする (例えば、スワップの無効化)、など。

参照