fwupd

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

fwupd はデバイスのファームウェアをアップデートするためのシンプルなデーモンです。fwupdate で UEFI BIOS をアップデートできます。

サポートされているデバイスは [1][2] に記載されています。

インストール

fwupd パッケージをインストールしてください。依存パッケージとして fwupdate もインストールされます。

fwupdate を使用する場合は #UEFI BIOS のアップグレードを見てください。

使用方法

以下のコマンドを実行することで利用可能なデバイスを確認できます:

$ fwupdmgr get-devices
ノート: 上記のコマンドで出力されるデバイスの一部は fwupd でアップデートできない場合があります。例えば Intel の内蔵グラフィックはアップデートできません。

利用可能なアップデートのメタデータを更新するには:

$ fwupdmgr refresh

デバイスにアップデートが存在するか確認するには:

$ fwupdmgr get-updates

アップデートをインストールするには:

$ fwupdmgr update
ノート: アップデートによっては root 権限が必要になることがあります。

UEFI BIOS のアップグレード

アップグレードする前に以下を確認してください:

以前の環境で作られたファイルの確認

他の Linux 環境で fwupdate を既にインストールしたことがある場合、efivars に残っているものを削除するようにしてください。以下のコマンドを実行することで残余を確認できます:

$ ls /sys/firmware/efi/efivars/fwupdate-*-0abba7dc-e516-4167-bbf5-4d9d1c739416

何か出力が返ってくる場合、以下のように削除してください:

# chattr -i /sys/firmware/efi/efivars/fwupdate-*-0abba7dc-e516-4167-bbf5-4d9d1c739416
# rm -f /sys/firmware/efi/efivars/fwupdate-*-0abba7dc-e516-4167-bbf5-4d9d1c739416

fwupdate のインストールとアップデート

fwupdate の新しいバージョンをインストール・アップデートするにはユーザーの操作が必要です。pacman のフックを使うことでアップデートを自動化できます (ただしインストール時に一度は手動で設定する必要があります)。

手動

/usr/lib/fwupdate/EFI フォルダを ESP にコピーしてください:

# cp -r /usr/lib/fwupdate/EFI esp

自動

fwupdate パッケージに含まれている Pacman フックは ESP を /boot または /boot/efi にマウントしている環境用です。関連するファイルのシンボリックリンクを作成することで利用することができます:

  • esp/boot にマウントしている場合:
# ln -s /usr/share/doc/fwupdate/esp-as-boot.hook /etc/pacman.d/hooks/fwupdate-efi-copy.hook
  • esp/boot/efi にマウントしている場合:
# ln -s /usr/share/doc/fwupdate/esp-as-boot-efi.hook /etc/pacman.d/hooks/fwupdate-efi-copy.hook

他の場所にマウントしている場合は以下のスニペットの esp のマウントポイントを調整してください:

/etc/pacman.d/hooks/fwupdate-efi-copy.hook
[Trigger]
Type = Package
Operation = Install
Operation = Upgrade
Target = fwupdate

[Action]
Description = Copying fwupdate to EFI directory...
When = PostTransaction
Exec = /usr/bin/cp -r /usr/lib/fwupdate/EFI esp

fwupd の実行

#使用方法に書かれているように実行してください。

ノート: UEFI モードで UEFI エントリが認識されない場合、BIOS の設定を確認して UEFI カプセルアップデートをオンにするオプションがないかチェックしてください。
警告: ESP を /boot/efi にマウントしていない場合 (例えば /boot にマウントしている場合)、fwupd によってサポートされるまで待つ必要があります。