GNOME/トラブルシューティング

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

メインの記事は GNOME を見てください。

目次

シェルがフリーズする

シェルがフリーズした場合 (特定の設定や、拡張が壊れている場合や、メモリが不足したときにフリーズします)、Alt + F2 を押してから r と入力してもシェルが再起動しないことがあります。

このような場合、他の TTY に切り替えて (Ctrl + Alt + F2) から次のコマンドを入力して下さい: pkill -HUP gnome-shell。数秒してからシェルが再起動するはずです。この方法でシェルを再起動した場合、ユーザーはログアウトしません。全ての作業は保存されるため好ましいでしょう。

上記の方法が上手くいかない場合、Xorg サーバーを再起動する必要があります: コンソールでログインしている場合 pkill X、GDM でログインしている場合 systemctl restart gdm。Xorg サーバーを再起動するとユーザーがログアウトします。実行する前に全ての作業を保存して下さい。

デフォルトアプリケーションが間違っている

アプリケーションを初めてインストールしたとき、特定のプロトコルについて間違ったアプリケーションが GNOME によって関連付けられてしまうことがあります。例えば、フォルダが GNOME Files ではなく easytag によって扱われてしまうなど。

GNOME Files については次のページを見て下さい: GNOME Files#Files がデフォルトのファイルマネージャにならない

ドキュメントビューアについては、次のコマンドを実行:

$ xdg-mime default evince.desktop application/pdf

他のアプリケーションについては、次のページにデフォルトハンドラの設定について詳しく書かれています: デフォルトアプリケーション

任意で、gnome-defaults-listAURインストールすることができます。設定ファイルは /etc/gnome/defaults.list です。

Tracker や Documents がローカルファイルを表示しない

Tracker (と Documents) にあなたのローカルファイルを検出させるには、XDG 互換のディレクトリ ('Documents' や 'Music' など) にファイルを保存する必要があります。詳しくは Xdg ユーザーディレクトリを参照。

また、ホームディレクトリなどの特定のディレクトリを再帰的に検索するように Tracker を設定することも可能です。tracker-preferences を使って設定することができます。

Empathy や GNOME オンラインアカウントにアカウントを追加できない

統合メッセージのエンジンである Empathy や、GNOME オンラインアカウントなどメッセージングアカウントに関するシステム設定は telepathy パッケージグループまたはバックエンドのどれか一つ (例えば telepathy-gabbletelepathy-haze) をインストールしない限り表示されません。telepathy コンポーネントの説明は freedesktop.org telepathy wiki を見て下さい。

ノート: People Nearby アカウントに接続したり、Chat Status などのデスクトップ拡張を正しく動作させるためには Avahi デーモンが必要です。

Empathy が GNOME オンラインアカウントを使用しない

Empathy が GNOME オンラインアカウントを認識できるようにするには再起動が必要です。

dconf-editor で設定が変更できない

dconf で設定が行えない場合、dconf のユーザー設定が破損している可能性があります。この場合 ~/.config/dconf/user* にあるユーザーの dconf ファイルを削除してその後 dconf-editor で設定を行うのがベストです。

拡張がシェルを破壊する

シェル拡張を有効にしたときに GNOME が壊れるときは、まずインストールディレクトリから user-themeauto-move-windows の拡張を削除してください。

インストールディレクトリは ~/.local/share/gnome‑shell/extensions, /usr/share/gnome‑shell/extensions, /usr/local/share/gnome‑shell/extensions のどれかです。上記の2つの拡張が入っているフォルダを削除することで修復できるはずです。直らない場合、試行錯誤して問題の拡張を分離してください。

前述のディレクトリに拡張が含まれているディレクトリを削除・追加するとシステムに対応する拡張が削除・追加されます。GNOME Shell の拡張に関する詳細は GNOME のウェブサイト を見て下さい。

extensions.gnome.org/local で拡張をアンインストールしたときに問題が発生した場合、pacman -S gnome-shell-extensions で拡張をシステム全体にインストールしたのが原因です。パッケージを削除すると全てのユーザーアカウントに影響が出ます。

GNOME 3 をアップデートした後に拡張が動作しない

ノート: Please bear in mind that whilst the methods below will allow you to try and activate an extension with an unsupported version of GNOME Shell, it is by no means a guarantee that the extension will work successfully. The most likely outcome of trying to activate such an extension is that GNOME Shell will crash and then restart.

以下の設定を試す前に、extensions.gnome.org/local を開いて拡張のアップデートが存在しないか確認して下さい。

現在の GNOME バージョンに対応するアップデートが存在しない場合、次のコマンドを実行して拡張のバージョン検証を無効化します:

$ gsettings set org.gnome.shell disable-extension-version-validation true

もしくは、拡張を修正して、バージョン検証を満たすようにサポートするシェルのバージョンを変更します。拡張がインストールされているフォルダを探して下さい。おそらくは ~/.local/share/gnome-shell/extensions/usr/share/gnome-shell/extensions です。

拡張のサブフォルダにある metadata.json をそれぞれ編集してください。

編集後: "shell-version": ["3.x"]
編集前 (例): "shell-version": ["3.4"]

"3.x" は全てのバージョンのシェルで拡張が動作することを示します。これで破壊される場合、元に戻して下さい。

conky を動かしているとキーボードショートカットが機能しない

conky だけを動かしていると Alt+F2, Alt+F1, その他メディアキーショートカットなどの GNOME シェルのキーボードショートカットが動作しません。ただし gedit などの他のアプリケーションが動いているときは、キーボードショートカットは動作します。

解決方法: .conkyrc を編集してください。

own_window yes
own_window_transparent yes
own_window_argb_visual yes
own_window_type dock
own_window_class Conky
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager

Unable to apply stored configuration for monitors

このメッセージが表示されたときは xrandrgnome-settings-daemon plugin プラグインを無効にしてみてください:

$ dconf write /org/gnome/settings-daemon/plugins/xrandr/active false

カーソルテーマの一貫性

カーソルテーマ#デスクトップ環境を参照。

Alt-Key + マウスボタンでウィンドウの形を変えられない

GNOME 3.6 以上では、過去に使われていた Alt キーではなく Super キーを使ってマウスボタンで形を変えるようになっています (タイトルバー以外の場所からウィンドウをドラッグするキー)。GNOME の開発者は バグレポート によって 3.4 から 3.6 でこの変更をすることを決定しました。

マウスボタンの挙動を元の Alt キーに戻したい場合、次を実行:

$ gsettings set org.gnome.desktop.wm.preferences mouse-button-modifier '<Alt>'  
ノート: システム設定 > キーボード > ショートカット から上記の変更をすることはできません。

システムアイコンや GDM のログインのロードが遅い

Files のタイトルバーにあるアイコンなど、システムアイコンのロード問題は次のコマンドを実行することで直ります:

# gdk-pixbuf-query-loaders --update-cache

フォーラムスレッド に書かれているように、上記のコマンドを実行すると GDM でログインするときに "Oh no! Something has gone wrong!" エラーが画面に表示されたり、リロードが異常に遅い問題も解決します。

ウィンドウを最大化したときに表示に乱れが発生する

GNOME 3.12.0 現在、ウィンドウを最大化すると表示が乱れることがあります。フォーラムスレッドバグレポート を参照してください。解決方法は下のセクションで詳しく書いています: #Intel HD Graphics のティアリング解消

Intel HD Graphics のティアリング解消

Intel アダプタでティアリングの問題を解決する方法として Xorg Intel TearFree オプションを有効にすることが知られていますが、このオプションはコンポジタの利用と重複します (メモリの使用量は増えパフォーマンスは下がります、上流のバグレポートの最後のコメント を見て下さい)。

Intel TearFree オプションを有効にする代わりに、GNOME Shell の Mutter コンポジタはティアリング問題を解決するための設定が存在します (この修正の上流の提案Freedesktop バグレポート での説明を見て下さい)。設定を有効にするには CLUTTER_PAINT=disable-clipped-redraws:disable-culling という行を /etc/environment に追加して Xorg サーバーを再起動してください。

マルチモニターを使っている場合にウィンドウが他のウィンドウの下で開いてしまう

新しいウィンドウが他のウィンドウの下に表示されてしまうのは GNOME Shell のバグです。この問題を解決するには、次のコマンドを実行:

$ gsettings set org.gnome.shell.overrides workspaces-only-on-primary false

ロックボタンでタッチパッドが有効にならない

ラップトップによってはタッチパッドを無効にするタッチパッドロックボタンが付いており、これを使うことでタッチパッドに触れるおそれを持たずにタイピングをすることができます。しかしながら現在 GNOME ではこのボタンを押すことでタッチパッドをロックすることはできても、アンロックすることはできません。タッチパッドがロックされたままの場合、以下を実行することでロックを解除できます:

$ xinput set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1

パスワードが保存されない

GNOME Keyring#パスワードが保存されないを見てください。

GNOME Shell のキーボードソースメニューが表示されない

ネットワークやボリューム、電源などのアイコンが表示されるステータス領域のとなりにキーボードの入力ソース (例えば英語キーボードレイアウトなら 'en') を表示するメニューが表示されます。キーボードソースメニューが表示されない場合、おそらく GNOME が認識できない方法で Xorg のキーボードレイアウトが設定されています。

メニューを表示するには、作成した Xorg キーボード設定を削除して localectl を使ってキーボードのロケールを設定してください。

コマンドを実行してログアウトすると、GDM や GNOME Shell デスクトップにキーボードの入力ソースメニューが表示されるはずです。詳しくは Input sources in GNOME を参照。

マウスカーソルが表示されない

gnome-settings-daemon で別のウィンドウマネージャを使っている場合、マウスカーソルが消えてしまうことがあります。次を実行して下さい:

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.cursor active false

画面がロックされているときにセッションメニューに再起動ボタンが表示されない

XScreenSaver がインストールされている場合、起動時に実行するようになっていないことを確認して下さい。GNOME#スタートアップアプリケーションを参照。

PulseAudio によって GNOME や GDM に遅延が発生する

システムワイドモードで PulseAudio を実行している場合、PulseAudio 7.0 のアップグレードによって GDM や GNOME が破壊されることがあります。詳しくは こちらのフォーラムポスト を見て下さい。

GNOME Shell Dash でアプリケーションの順番を変更しようとすると GNOME がクラッシュする

Dash は Activities をクリックしたときに、デフォルトで左側に表示される"ツールバー"です。ドラッグアンドドロップで Dash でアプリケーションの順番を変えることができます。順番が変わらなかったり、GNOME がクラッシュするときは、アイコンテーマを変更 してみてください。

環境変数でグローバルな Wayland 環境を設定する

env GDK_BACKEND=wayland gnome-session --session=gnome-wayland を実行してグローバルな Wayland 環境を設定する方法は現在上手く行きません。gnome-session はすぐに終了してしまいます。代わりに、bash プロファイルに export GDK_BACKEND='wayland,x11' と記述するか、コマンドラインで env GDK_BACKEND='wayland,x11' gnome-session --session=gnome-wayland を実行してください。ただし、通常はどちらの環境変数も不要で gnome-session--session=gnome-wayland スイッチを付けて実行すれば動作します。GDK_BACKEND 環境変数が設定されていない場合、Wayland に対応している GNOME アプリケーションは Wayland で実行され、対応していない場合は Xwayland で実行されます。GNOME の GDK_BACKEND については [1] を見てください。

gnome-extra をインストールすると Gnome がクラッシュする

GNOME 環境が実行されている間に gnome-extra グループをインストールすると GNOME がクラッシュしてしまうことがあります。X は問題なく動作し続けますが、GNOME は機能しなくなります。解決策としては、GNOME ではなくターミナルから gnome-extra をインストールしてください。インストールが完了したら、GNOME は問題なく動作します。

Gnome 動画プレイヤー (Totem) で H264 動画が再生できない

コーデック#ヒントとテクニック を見てください。