XScreenSaver

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

XScreenSaver は X Window System 用のスクリーンセーバーでありスクリーンロッカーです。

インストール

xscreensaver パッケージをインストールしてください。

Arch Linux ロゴを使いたい場合は xscreensaver-arch-logoAUR パッケージをインストールしてください。

設定

ほとんどのオプションは xscreensaver-demo を実行することでユーザー個別に設定できます。xscreensaver-demo は設定を ~/.xscreensaver に書き込むため、手動でファイルを書き換えても上書きされます。全ユーザー共通のオプションは /usr/share/X11/app-defaults/XScreenSaver で定義されます。

XScreenSaver 5.22 から Xresources を使って XScreenSaver のユーザー設定を編集できるようになりました。テーマもサポートしています。バージョン 5.22 におけるデフォルト設定は [1] を参照してください。

DPMS と画面オフの設定

XScreenSaver はスクリーンの画面をオフにして電力を節約することができます (DPMS)。X には依存せず X の設定を上書きします。画面オフやスタンバイ、ディスプレイの電源オフなどを設定するには xscreensaver-demo を使うか、手動で設定ファイル (~/.xscreensaver) を編集してください:

timeout:	1:00:00
cycle:		0:05:00
lock:		False
lockTimeout:	0:00:00
passwdTimeout:	0:00:30
fade:		True
unfade:		False
fadeSeconds:	0:00:03
fadeTicks:	20
dpmsEnabled:	True
dpmsStandby:	2:00:00
dpmsSuspend:	2:00:00
dpmsOff:	4:00:00

DPMS と画面オフは xscreensaver-demo を起動して Mode の設定で Disable Screen Saver を選択することで無効化できます。

ノート: xscreensaver-demoLock Screen After にチェックをいれて0分に設定すると、画面がすぐにロックされてオフになります。Power Manager Enabled のチェックを外すと DPMS が無効になります。ただし XScreenSaver が DPMS の設定の管理を放棄するわけではありません。

使用方法

ヒント: XScreenSaver を起動するときにスプラッシュ画面を表示しないようにするには、-no-splash スイッチを使います。オプションについては man xscreensaver を見てください。

Xfce, LXDE, LXQt デスクトップ環境では XScreenSaver は自動的に起動するため設定は必要ありません。他の環境の場合は自動起動を見てください。

xscreensaver をいますぐ起動して画面をロックするには以下のコマンドを実行:

$ xscreensaver-command --lock

サスペンド時にロック

電源管理#xss-lock を見てください。XScreenSaver のフェードアウト時間を0に設定すると良いでしょう。

ロック画面からユーザーを切り替える

警告: GDM や LightDM などのディスプレイマネージャを使ってユーザーを切り替える場合、XScreenSaver は元のセッションをロックしません。TTY を問題のセッションに切り替えるだけでパスワードを入力せずにアクセスできます。LightDM を使っている場合、対応策として、light-locker をインストールして XscreenSaver と一緒に実行してください。もしくは、別の画面ロックプログラムを使ってください。アプリケーション一覧/セキュリティ#スクリーンロックを参照。

デフォルトでは、xscreensaver のロック画面の "New Login" ボタンは /usr/bin/gdmflexiserver を呼び出してユーザー切り替えができます。GDMKDM を使っている場合はこれで問題ありません。LightDMLXDM など他のディスプレイマネージャでは別のコマンドが必要です。

ヒント: xscreensaver.newLoginCommand:~/.Xresources に追加すると New Login ボタンが消えます。

~/.xscreensaver に変更を加えても xscreensaver-demo から無視されるため、このセクションでは ~/.Xresources を使います。

LXDM

LXDM のモード切り替えを使うには:

xscreensaver.newLoginCommand: lxdm -c USER_SWITCH

LightDM

LightDM のモード切替を使うには:

xscreensaver.newLoginCommand: dm-tool switch-to-greeter
ノート: 既にログイン済みのユーザーに切り替えた場合、パスワードを2回入力する必要があります。

KDM

KDM のモード切替を使うには:

xscreensaver.newLoginCommand: kdmctl reserve

ヒントとテクニック

メディアの再生中に無効化

mplayer/mpv

~/.mplayer/config または ~/.mpv/config に以下を追加:

heartbeat-cmd="xscreensaver-command -deactivate >&- 2>&- &"

Kodi

Kodi には XScreenSaver を無効化する機能がネイティブでありません。kodi-prevent-xscreensaverAUR パッケージをインストールしてください。

Flash

Flash には XScreenSaver を無効化する方法がありませんが lightsOn という名前のスクリプトは Firefox の Flash プラグインや Chromium の Flash プラグイン、MPlayer や VLC をサポートしています。

アニメーション壁紙

バックグラウンドで xscreensaver を実行することで壁紙のように使えます。まず、背景 (ルートウィンドウ) を制御するプロセスを終了してください。

それから XScreenSaver の実行ファイル (/usr/lib/xscreensaver/ にあります) を探して -root フラグを付けて実行してください:

$ /usr/lib/xscreensaver/glslideshow -root &
ノート: xcompmgr で問題が発生する場合は shantz-xwinwrap-bzrAUR パッケージをインストールして次のコマンドを実行: $ xwinwrap -b -fs -sp -fs -nf -ov -- /usr/lib/xscreensaver/glslideshow -root -window-id WID &

トラブルシューティング

# touch /var/log/xscreensaver.log でログファイルを作成して XresourceslogFile を指定することで xscreensaver からログファイルに書き込みを行うように設定できます:

~/.Xresources
xscreensaver.logFile:/var/log/xscreensaver.log

logFile に詳細なデバッグ情報を出力させたい場合 -verbose コマンドラインオプションを付けて xscreensaver を起動するか以下を ~/.Xresources に追加してください:

~/.Xresources
xscreensaver.logFile:/var/log/xscreensaver.log
xscreensaver.verbose:true

参照