LXQt

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

LXQt ホームページ より:

LXQt は LXDE (Lightweight Desktop Environment) を Qt に移植したバージョンです。LXDE-Qt と Razor-qt プロジェクトが合併して作られました。軽量で柔軟性があり、極めて高速で、ユーザーフレンドリなデスクトップ環境です。

歴史

2013年の初めに、Hong Jen Yee "PCMan" によって LXDE コンポーネントの Qt ツールキットへの移植が開始されました。PCMan は GTK+2 ツールキットから LXDE を移植する必要を認識していました、GTK+2 は現在メンテナンスが終わっており、GTK+3 には不満があったのです。2013年7月3日に LXDE-Qt の最初のプレビュー がリリースされました。そして、7月21日、(LXDE と同じような設計思想でデスクトップを開発していた) Razor-qt プロジェクトと LXDE プロジェクトが合併することがアナウンスされます。これによって Razor-qt コンポーネントと移植した LXDE コンポーネントを使い Qt によって作成されるデスクトップ、LXQt が誕生しました。現在、プロジェクトの開発努力は LXQt に多く向けられていますが、LXDE の GTK+2 バージョンもしばらくの間は開発が続けられる予定です。Razor-qt のユーザーにとっては Razor-qt バージョン 0.6.0 が最後のパッケージとなります。このリリースの後は、Razor-qt ツリーのメンテナンスは打ち切られることになっています。そして全ての開発者は LXQt デスクトップの開発に従事することになります。

インストール

公式リポジトリから lxqt グループをインストールしてください。

アイコンテーマもインストールする必要があります。デフォルトのテーマは Oxygen です。このテーマは oxygen-icons パッケージでインストールすることができます。

また、以下のパッケージをインストールすることで機能を追加できます:

http://git.kernel.org/cgit/network/connman || connman
  • LXQt Connman appletConnman の LXQt システムトレイアプレット。
https://github.com/surlykke/lxqt-connman-applet || lxqt-connman-applet-gitAUR
  • LXImage-Qt — LXQt の画像ビューア・スクリーンショットツール。
https://github.com/lxde/lximage-qt || lximage-qt
  • ObConf-Qt — ObConf の Qt 移植。Openbox の設定ツール。
https://github.com/lxde/obconf-qt || obconf-qt-gitAUR
  • LXAppearance — 使いやすい GTK+ の設定ツール。LXDE に含まれています。
git://lxde.git.sourceforge.net/gitroot/lxde/lxappearance || lxappearance
  • QTerminal — 軽量な Qt ベースのターミナルエミュレータ。
https://github.com/qterminal/qterminal || qterminal
  • SDDM — LXQt の推奨ディスプレイマネージャ。
https://github.com/sddm/sddm || sddm

必要であれば slockxscreensaver などの画面ロッカーもインストールしてください。どちらも LXQt で動作することを確認済みです。

LXQt パネルのプラグインの中には追加でパッケージを必要とするものがあります。lxqt-panel提案パッケージを確認してください。

LXQt の起動

グラフィカルログイン

お好きなディスプレイマネージャのセッションメニューから LXQt Desktop を選択してください。

xinit を使う

~/.xinitrc ファイルに次の行を追加してください:

exec startlxqt

設定

LXQt には設定を変更するための GUI アプリケーションが用意されています。設定ファイルは ~/.config/lxqt に存在します。このディレクトリは最初に自動的に作成されます。新しいユーザーのデフォルト設定は /etc/xdg/lxqt にあります。

デフォルトのウィンドウマネージャを変更する

Openbox が LXQt におけるデフォルトのウィンドウマネージャですが、lxqt-config-session から設定するか ~/.config/lxqt/session.conf ファイルを編集することで LXQt で使用するウィンドウマネージャを指定することができます。

次の行を使用したいウィンドウマネージャに変更してください:

window_manager=openbox

例えば、LXQt で metacity を使いたい場合、次のとおりに変更してください:

window_manager=metacity

LXQt で Compiz を使いたい場合は、次のとおりに変更してください:

window_manager=compiz ccp

アプリケーションの自動実行

ログイン時に X アプリケーションを起動させたい場合、メインメニューから LXQt -> Preferences -> LXQt Settings -> Session Settings をクリックしてください。もしくは、次のコマンドでも起動できます:

lxqt-config-session

ウィンドウの左側にある "AutoStart" をクリックしてください。新しいアプリケーションを追加してグローバルに自動起動 (全てのセッションで起動) あるいはローカルに自動起動 (ラベル付けされた LXQt で自動起動) できます (このオプションのバグについては issue 746 を見て下さい)。

アイテムを追加すると lxqt-config-session~/.config/autostart に .desktop ファイルを作成します。/etc/xdg/autostart に存在するインストール済みのアプリケーションはログイン時に自動的に起動します。ディレクトリ内のファイルを編集することで自動起動の設定を変更することが可能です。また、"Global Autostart" と "LXQt Autostart" に .desktop ファイルが置かれているディレクトリは関係ありません。OnlyShowIn の設定によって区別されています。OnlyShowIn=true となっている場合、"LXQt Autostart" となります。さらに、X-LXQt-Module=true が設定されている場合、そのアイテムは lxqt-config-session に表示されません。

アプリケーションメニューの編集

/usr/share/applications/lxqt-*.desktop に保存されている .desktop ファイルを編集することでメニューエントリを編集できます。デスクトップエントリを参照してください。

Compton

Compton がインストールされている場合、デフォルトセッションの初期化時に自動的に起動します。

アプリケーションの提案

LXQt は軽量デスクトップであるため、ただインストールしただけではデスクトップアプリケーションがあまり入っていません。インストールするアプリケーションの選択はユーザーに委ねられています。Razor-qt wiki にインストールできる便利な Qt アプリケーションがリストアップされたページが存在します。また、Arch で利用できるアプリケーションを包括的にまとめたアプリケーション一覧のページも参照してください。

トラブルシューティング

Qt テーマが反映されない

LXQt のアプリケーションが使用している Qt テーマにそわない場合 (特に KDE のシステム設定を使ってテーマを設定した場合)、KDE 4.6.1 現在、KDE のスタイルを探す場所を Qt に知らせる必要があります (Oxygen, QtCurve など)。

そのためには QT_PLUGIN_PATH 環境変数を設定してください。例えば、次のような行を /etc/profile (root 権限がない場合 ~/.profile) に挿入してください:

export QT_PLUGIN_PATH=$HOME/.kde4/lib/kde4/plugins/:/usr/lib/kde4/plugins/

これで qtconfig-qt4 があなたの KDE スタイルを探せるようになって問題が解決するはずです。

また、KDE の styles ディレクトリに Qt の styles ディレクトリからシンボリックリンクを貼ることも可能です:

# ln -s /usr/lib/kde4/plugins/styles/ /usr/lib/qt/plugins/styles

Qt Configuration が起動しない

LXQt Configuration Center や設定メニューの 'Qt Configuration' は qtconfig を起動するために使用します。qtconfig を動かす前に以下の環境変数を設定する必要があります:

export QTCHOOSER_RUNTOOL=qtconfig
export QT_SELECT=4

上記は qt4 の qtconfig を有効にします。

初回ログイン時に LXQt Panel の表示が壊れている

ノート: lxqt-common バージョン 0.9.1-2 で修正されました。

初めて LXQt にログインしたとき、パネルにはスタートボタンや時計などが表示されず、見た目もおかしくなっています。修正するためには、LXQt の Appearance 設定を開いて LXQt のテーマを設定する必要があります。

(本体スタートボタンが存在する) パネルの左下をクリックすると、メニューが表示されます。Preferences->LXQt settings->Appearance を選択して LXQt Theme アイコンをクリックしてください。それから、テーマを選択します。

パネルが通常通りに表示されるようになったら、そこからカスタマイズを加えていくことができるはずです。

デスクトップアイコンがまとめられてしまう

デスクトップ上のアイコンを移動するときに、他のアイコンと至近距離まで近づけると結合されます。アイコンを分離できなくなった場合、.config/pcmanfm-qt/lxqt/desktop-items-0.conf を削除してデスクトップを再起動してください。

参照