Xrdp

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

xrdp は Microsoft の Remote Desktop Protocol (RDP) をサポートするデーモンです。Xvnc, X11rdp, xorgxrdp をバックエンドとして使用します。

インストール

xrdpAUR パッケージ (または開発版を使いたい場合は xrdp-gitAUR) をインストールしてください。

ブート時に自動起動

xrdpAUR パッケージには systemd のサービスファイルが含まれています。xrdp.servicexrdp-sesman.service有効化してください。

ターミナルサーバーで実行 (Xorg)

xorgxrdp-gitAUR パッケージをインストールしてください。

allowed_users=anybody/etc/X11/Xwrapper.config に追加して誰でも X を起動できるように設定します。

~/.xinitrc または /etc/X11/xinit/xinitrc を編集してデスクトップ環境を起動するように設定してください。

トラブルシューティング

マウスポインタの周りに黒い枠が表示される場合、~/.Xresources-xrdpXcursor.core:1 という内容で作成して ~/.xinitrc で以下のようにロードしてください:

xrdb ~/.Xresources-xrdp
exec startlxde

xorg-xrdb のインストールが必要になります。

Vino で実行 (root セッションの Gnome VNC-Server)

サーバーを有効化すると vino-preferences から確認できるようになります。Vino はデフォルトでポート 5900 を使って接続するので、xrdp の設定ファイルを編集する必要があります。以下のコードを使って xrdp の設定ファイル (/etc/xrdp/xrdp.ini) に vino のセッションを追加してください:

# echo "
[xrdp8]
name=Vino-Session
lib=libvnc.so
username=ask
password=ask
ip=127.0.0.1
port=5900
" >> "/etc/xrdp/xrdp.ini"

Vino のセッションに接続するには xrdp サーバーを再起動する必要があります (xfreerdp でテスト済み)。

使用方法

xrdp を起動したら RDP クライアントからローカルホストに接続できます (標準の RDP ポートは 3389)。xrdp は小さなメッセージウィンドウを表示します。

sessman-Xvnc を選択した場合、ホストのアカウントのユーザー名とパスワードを指定することができ、xrdp は新しい Xvnc インスタンスを起動します。/etc/xrdp/startwm.sh にある SESSION リストからウィンドウマネージャが開きます。

セッションウィンドウを閉じて RDP 接続を終了すると、次回 RDP で接続したときは同じセッションにアクセスすることができます。セッションウィンドウからウィンドウマネージャやデスクトップ環境を終了した場合、セッションが終了され、次回は新しいセッションが開きます。

xrdp は既に同じジオメトリのセッションが開かれていないか確認して、ジオメトリ/解像度が一致しない場合は新しいセッションを起動します。

参照

  • TigerVNC - RDP の代替としてバックエンドで使われる VNC
  • freerdp - ネットワークレベル認証 (NLA) などの RDP 7.1 の機能をサポートしている rdesktop フォーク。[1] を参照。