GNU プロジェクト

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

http://www.gnu.org/ より:

GNU プロジェクトは GNU オペレーティングシステムを開発するために1984年に発足しました。ユーザーの自由を尊重するソフトウェア、すなわちフリーソフトウェアである完全な Unix ライクなオペレーティングシステムです。
Unix ライクなオペレーティングシステムはアプリケーション、ライブラリ、開発ツールのソフトウェアコレクションから成ります。さらに、カーネルとして知られる、リソースを配分してハードウェアと対話するプログラムが加わります。 [...]
GNU と Linux の組み合わせは GNU/Linux オペレーティングシステムであり、何百万もの人々によって使われています。ときには誤って “Linux” とだけ呼ばれることもあります。
“GNU” という名前は “GNU's Not Unix!” の再帰的頭字語です。

GNU プロジェクトの目標は完全にフリーなオペレーティングシステムの創造です。GNU カーネルはまだ安定版になっていませんが、プロジェクトは様々な Unix ライクなオペレーティングシステムを支える多数のツールを作成しています。Arch Linux はそのようなシステムの一つであり、GRUB ブートローダーや Bash シェルなどの GNU ソフトウェア、多くのユーティリティとライブラリを使用しています。

ベースシステム

インストールプロセスが終わった時、Arch システムは Linux カーネルと GNU ツールチェイン、そして有用なコマンドラインツールにすぎません。最小インストールでは基本的に base グループの全てが入っています。

カーネル

Hurd (GNU カーネル) は活発に開発されていますが、いまだに安定版は存在しません。そのため Arch や他の GNU ベースのシステムは Linux カーネルを使っています。Arch Hurd Project は Arch Linux を Hurd カーネルに移植することを目指しています。

ソフトウェアコレクション

ブートローダー: GRUB は Arch Linux の標準ブートローダーであり、現在は GNU によってメンテナンスされています。

C ライブラリ: glibc はシステムコールや open, malloc, printf, exit などの基本的な機能を定義するライブラリです [1]

バイナリユーティリティ: binutils には様々なオブジェクトファイルフォーマットのオブジェクトコードを操作するためのプログラミングツール群が入っています [2]

シェル: Bash も GNU によるアプリケーション [3] であり、デフォルトのシェルです。

コアユーティリティ: coreutils パッケージには基本的なファイル、シェル、テキスト操作ユーティリティが含まれています [4]

圧縮: gzipTar は GNU/Linux システムの多数のパッケージを処理しています。例えば、Arch User Repository にあるパッケージは zip で圧縮された tarball です。

開発ツール

必須ではありませんが、ユーザーはソフトウェア開発ツールを入手するために base-devel グループをインストールすることができます。このグループは Arch User Repository からパッケージを作成するのに必要です。

base-devel の中には GNU ツールチェイン が含まれます。アプリケーションやオペレーティングシステムの開発に連続的に用いられるツールの総称です。ツールチェインの主要なコンポーネントは:

コンパイルとビルド: make

コンパイラコレクション: gcc

リンカやアセンブラなどのツール: binutils

パーサジェネレータ: bison

マクロプロセッサ: m4

GNU Build System (autotools):

ソースコードの自動 configure: autoconf
Makefile の自動作成: automake
ライブラリ補助ツール: libtool

他のツール

公式リポジトリには他にも多くの GNU ツールが含まれています:

ウィジェットツールキット: GTK+

デスクトップ環境: GNOME

スプレッドシート: Gnumeric

画像エディタ: GIMP

フルスクリーンウィンドウマネージャ: GNU Screen

リンク

全ての GNU プロジェクトのリストは、All GNU Packages を見て下さい。