Gcin

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Gcin は Edward Liu によって開発された新世代の中国語インプットメソッドサーバーです。Gcin は様々なインプットメソッドをサポートしており大抵の Unix ライクなオペレーティングシステムで動作します。台湾で最も使われている中国語入力エンジンのひとつです。

インストール

公式リポジトリgcin パッケージをインストールしてください。

設定

自動起動

xprofile を使って以下のコマンドを自動的に実行するようにしてください:

export XMODIFIERS=@im=gcin
export LC_CTYPE=zh_TW.UTF-8
gcin &

使用方法

GNOME/GTK+ 2 アプリケーション

gcin には GTK 入力モジュールが存在するため、GTK+ 2 ベースのアプリケーションは全て直接サポートされます。インストール後に設定は不要です (XIM ではなく必要に応じて gcin が自動的に起動します)。

他のアプリケーション

1. UTF-8 を使用するロケールを設定してください。例:

export LC_CTYPE=en_US.UTF-8
ノート: LANG と同じ場合でも LC_CTYPE の設定は必須です。そうしないと GTK+ 2 以外のプログラムで gcin が有効になりません。

2. XMODIFIERS を設定してください:

export XMODIFIERS=@im=gcin

gcin はデフォルトでは "gcin" という名前を使用しますが、複数の gcin インスタンスを実行するために GCIN_XIM 環境変数で名前を変更することができます。例:

export GCIN_XIM=gcin_zh
export XMODIFIERS=@im=gcin_zh

ただし GTK+ 2 アプリケーションによって自動的に実行される gcin のインスタンスはひとつだけです。

3. gcin を起動:

gcin &

4. アプリケーションを起動してください。アプリケーションの実行中に gcin が終了してしまう場合、おそらくクラッシュなどが発生しています。

Wine/CrossOver Office

  1. WineCrossOver Office を使用する場合、Windows 98 ではなく Windows 2000 のエミュレーションを使用したほうが良く、LC_CTYPE=zh_TW.utf8 で gcin と wine/cxoffice を起動しないと中国語が正しく表示されません。
  2. Windows 98 エミュレーションで wine+IE6 を使用する場合、ウェブページに中国語で入力したい場合は LC_CTYPE の設定だけでは十分ではありません。LANGLC_ALLzh_TW.utf8 に設定する必要があります。