makepkg

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

makepkg はパッケージのビルドを自動化するスクリプトです。makepkg スクリプトを使用するにはビルドが出来る Unix プラットフォームと PKGBUILD が必要です。

makepkg は pacman パッケージの中に入っています。

設定

makepkg の設定オプションについて詳しくは makepkg.conf(5) を参照してください。

/etc/makepkg.conf が makepkg のメインの設定ファイルです。ユーザー個別の設定は $XDG_CONFIG_HOME/pacman/makepkg.conf または ~/.makepkg.conf で可能です。パッケージをビルドする前に makepkg の設定オプションを微調整するとよいでしょう。

パッケージ作成者の情報

パッケージにはメタデータが付与されておりパッケージ作成者を識別することができます。デフォルトでは、ユーザーがコンパイルしたパッケージは Unknown Packager となります。システム上の複数のユーザーがパッケージをコンパイルする場合、あるいはパッケージを他者に配布する場合、実際の連絡先を入力すると便利です。makepkg.confPACKAGER 変数で設定することができます。

インストールしたパッケージの作成者情報を確認するには:

$ pacman -Qi package
[...]
Packager       : John Doe <john@doe.com>
[...]

生成したパッケージに自動的に署名するには makepkg.confGPGKEY 変数を設定してください。

パッケージの出力

デフォルトでは makepkg はパッケージ tarball を作業ディレクトリに作成し、ソースデータを src/ ディレクトリに直接ダウンロードします。カスタムパスを設定することで、例えばビルドしたパッケージを ~/build/packages/ に、ソースを全て ~/build/sources/ に保存することができます。

必要に応じて以下の makepkg.conf 変数を設定してください:

  • PKGDEST — 生成したパッケージを保存するディレクトリ。
  • SRCDESTソースデータを保存するディレクトリ (別の場所を指定すると src/ へのシンボリックリンクが作成されます)。
  • SRCPKGDEST — 生成したソースパッケージを保存するディレクトリ (makepkg -S でビルドされます)。
ヒント: PKGDEST ディレクトリのキャッシュを削除する方法は pacman#パッケージキャッシュの削除 を参照してください。例: paccache -r -c ~/build/packages/

署名チェック

ノート: makepkg で実装されている署名チェックは pacman のキーリングを使用しません [1]。代わりにユーザーのキーリングが使われます。

.sig.asc 形式の署名ファイルが PKGBUILD の source 行に含まれている場合、makepkg は自動的に署名を検証します。ユーザーのキーリングに署名検証に必要な公開鍵が存在しない場合、makepkg はインストールを停止して PGP 鍵が検証できないというメッセージを表示します。

PKGBUILDvalidpgpkeys エントリで鍵 ID が指定されているときパッケージをビルドするには公開鍵が必要になります。公開鍵が存在しない場合、あるいは他の開発者による公開鍵を追加したい場合、手動で鍵をインポートするか、もしくは鍵サーバーを使ってインポートすることができます。

使用方法

次に進む前に、base-devel グループがインストールされているか確認してください。このグループに属しているパッケージは PKGBUILD の中に依存パッケージとして載せる必要はないことになっています。以下を (root で) 実行して base-devel グループをインストールしてください:

# pacman -S base-devel
ノート: 依存パッケージが欠けていることに不満を言う前に、全ての Arch Linux 環境では base グループがインストールされていることが前提になっていることを思い出してください。makepkgAUR ヘルパーでビルドするときには base-devel グループがインストールされていることが前提になっています。

パッケージを作成するには、まずパッケージの作成に記述されているようにして PKGBUILD を作成するか ABS ツリーArch User Repository などから取得してくる必要があります。

警告: 信頼できるソースからパッケージをビルド・インストールしてください。

PKGBUILD を入手したら、PKGBUILD が保存されているディレクトリに移動してから次のコマンドを実行してパッケージを作成します:

$ makepkg

パッケージ作成後、要らなくなったファイル ($srcdir に展開されたファイルなど) を makepkg によって削除するには、以下のオプションを加えて下さい。同じパッケージをビルドしたりパッケージのバージョンを更新するときに、同じビルドフォルダを使う場合、このオプションは有益です。残ったファイルを新しいビルドに持ち越す危険がなくなります。

$ makepkg -c

必要な依存パッケージが欠けている場合、makepkg は警告を表示します。必要な依存パッケージを自動的にインストールするには、--syncdeps あるいは -s オプションを付けて実行します:

$ makepkg --syncdeps

依存パッケージが取ってこれるのは設定されたリポジトリからだけということに注意してください; 詳しくは pacman#リポジトリ を見て下さい。また、ビルドの前に手動で依存パッケージをインストールすることもできます (pacman -S --asdeps dep1 dep2)。

なお、-r または --rmdeps オプションを付けると makepkg はビルド後に必要のない依存関係を削除します。しかし今後もビルドを継続的に行なうなら時々 Pacman ヒント#使用していないパッケージの削除 (孤立したパッケージ) を行うほうが望ましいです。

全ての依存関係が解決されパッケージのビルドが成功すれば、パッケージファイル (pkgname-pkgver.pkg.tar.xz) が作業ディレクトリの中に作成されます。インストールするには、(root で) 次を実行してください:

# pacman -U pkgname-pkgver.pkg.tar.xz

もしくは、pacman -U pkgname-pkgver.pkg.tar.xz を実行する代わりに -i フラグを使ってインストールすることもできます:

$ makepkg -i

ヒントとテクニック

ソースのダウンロードと抽出の時間を短縮する

特に VCSパッケージ をビルドするときに SRCDEST を利用すると、以降のリビルドでソースの取得や展開にかかる時間を短縮できます。

最適化されたパッケージの作成

makepkg のデフォルトでは、様々なマシンでインストールできるような一般的なパッケージを生成するようにオプションが設定されています。ホストマシンにあわせてコンパイラの最適化を有効化することで、パッケージ化するソフトウェアの性能を向上させることができます。ただし特定のプロセッサアーキテクチャにあわせてパッケージをコンパイルした場合、他のマシンでは正しく動作しなくなります。x86_64 のマシンでは、時間を投資して公式のパッケージをリビルドすることでそれに見合うだけのパフォーマンスの向上を得られることは稀です。

標準外のコンパイラフラグを使うことでパフォーマンスが劣化する可能性も十分あります。ほとんどのコンパイラオプションは特定の状況でのみ有効であり、無差別に全てのパッケージに適用しないほうが良いでしょう。何かが速くなると確認・ベンチマークできない限り、無駄にコンパイラオプションを使わないことを推奨します。Gentoo の コンパイル最適化ガイド安全な CFLAGS 記事にはコンパイラの最適化に関する詳しい解説が載っています。

C/C++ コンパイラ (例: gccclang) に渡されるオプションは CFLAGS, CXXFLAGS, CPPFLAGS 環境変数で制御されます。同じように make ビルドシステムは MAKEFLAGS を使います。Arch のビルドシステムでは makepkg.conf の設定オプションとして makepkg はこれらの環境変数を使用します。デフォルト値は幅広いマシンにインストールできる汎用のパッケージを作成するように設定されています。

ノート: 全てのビルドシステムが makepkg.conf に設定した変数を使うわけではないということに注意してください。例えば cmake はプリプロセッサオプションの環境変数 CPPFLAGS を無視します。多くの PKGBUILD にはパッケージ化するソフトウェアによって使われているビルドシステム固有のオプションが含まれています。

GCC はアーキテクチャ固有の最適化を自動で認識・有効化することができます。自動最適化を使用するには、-march-mtune フラグを全て削除してから -march=native を追加してください。例:

CFLAGS="-march=native -O2 -pipe -fstack-protector-strong"
CXXFLAGS="${CFLAGS}"

march=native フラグによってどのフラグが有効になるのか確認するには、次のコマンドを実行してください:

$ gcc -march=native -v -Q --help=target
ノート:
  • -march=native 以外の値を指定した場合、-Q --help=target は期待通りに機能しなくなります [2]。どのオプションが実際に有効になるのかはコンパイルを行わないと分かりません。詳しくは Gentoo wiki の Find CPU-specific options を参照。
  • gcccpuopt スクリプトを使うことで 32ビットの x86 アーキテクチャの最適化オプションを確認することができます。

特定のパッケージ作成者によるパッケージを表示

以下のコマンドはシステムにインストールされているパッケージの中から packagername という名前のパッケージ作成者によって作られたパッケージを全て表示します:

$ expac "%n %p" | grep "packagername" | column -t

以下のコマンドは /etc/makepkgPACKAGER 変数に設定されている値とパッケージ作成者が一致するパッケージを表示します (/etc/pacman.conf に定義されているリポジトリに含まれているパッケージだけが対象):

$ . /etc/makepkg.conf; grep -xvFf <(pacman -Qqm) <(expac "%n\t%p" | grep "$PACKAGER$" | cut -f1)

コンパイル時間を短縮する

並列コンパイル

make ビルドシステムは、MAKEFLAGS 環境変数 を使用して、make の追加オプションを指定します。 変数は、 makepkg.conf ファイルでも設定できます。

マルチコア/マルチプロセッサシステムを使用しているユーザーは、同時に実行するジョブの数を指定できます。 これは、 nproc を使用して使用可能なプロセッサの数を決定することで実現できます。 MAKEFLAGS="-j $(nproc)" 一部の PKGBUILD は、特定のバージョンの競合状態のため、または単に最初からサポートされていないため、これを -j1 で具体的にオーバーライドします。 このためにビルドに失敗したパッケージは、エラーが実際に発生していることを確認した後、バグトラッカー(またはAURパッケージの場合はパッケージメンテナ)に 報告 して下さい MAKEFLAGS が原因です。

使用可能なオプションの完全なリストについては、 make(1) を参照してください。

メモリ内のファイルからビルドする

コンパイルには多くの I/O 操作と小さなファイルの処理が必要なため、作業ディレクトリを tmpfs に移動すると、ビルド時間が早くなる可能性があります。

BUILDDIR 変数を一時的に makepkg にエクスポートして、ビルドディレクトリを既存の tmpfs に設定できます。例えば:

$ BUILDDIR=/tmp/makepkg makepkg

永続的な設定は、デフォルトの /etc/makepkg.conf ファイルの BUILDENVIRONMENT セクションの最後にある BUILDDIR オプションのコメントを外すことで行うことができます。この値をたとえば BUILDDIR=/tmp/makepkg に設定すると、 Arch のデフォルトの /tmp テンポラリ・ファイル・システムが使用されます。

ノート:
  • メモリ不足を防ぐために、 tmpfs で大きなパッケージをコンパイルすることは避けてください。
  • tmpfs フォルダーは、 noexec オプションなしでマウントする必要があります。そうしないと、ビルドされたバイナリが実行されなくなります。
  • tmpfs でコンパイルされたパッケージは、再起動後も保持されないことに注意してください。 PKGDEST オプションを適切に設定して、ビルドされたパッケージを永続ディレクトリに自動的に移動することを検討してください。

ccache

ccache を使うことでコンパイル結果をキャッシュしてビルド時間を短縮できます。

新しいチェックサムを生成する

PKGBUILD ファイルが存在するディレクトリと同じディレクトリで以下のコマンドを実行すれば新しいチェックサムが生成されます:

$ updpkgsums

Windows の改行コード (\r\n) に注意してください。Git はテキストファイルに含まれている Windows の改行コードを UNIX の改行コード \n に置き換えるため、チェックサムが変わってしまいます。AUR のパッケージのチェックサムが検証できなかった場合、チェックサムを計算する前に以下のコマンドを使ってファイルの中から \r を取り除いてみてください:

$ sed -i 's/\r//g' <filename>

他の圧縮アルゴリズムを使用する

PKGEXT を変更することでパッケージの容量が増えるかわりにパッケージとインストールを高速化することができます。例えば、以下のコマンドではパッケージを圧縮しないようにします:

$ PKGEXT='.pkg.tar' makepkg

以下のコマンドは lzop アルゴリズムを使用します (lzo パッケージのインストールが必要):

$ PKGEXT='.pkg.tar.lzo' makepkg

上記の設定を永続化するには /etc/makepkg.confPKGEXT を設定してください。

マルチコアを利用して圧縮する

xz対称型マルチプロセッシング (SMP) による圧縮をサポートしています。--threads フラグを使うことで圧縮が高速化されます。例えば、makepkg で出来る限り多くの CPU コアを使ってパッケージを圧縮するには、/etc/makepkg.confCOMPRESSXZ 配列を編集:

COMPRESSXZ=(xz -c -z - --threads=0)

gzip の代替である並列実装の pigz はデフォルトで全ての CPU コアを使用します (-p/--processes フラグを使うことでコアの数を減らせます):

COMPRESSGZ=(pigz -c -f -n)

pbzip2は、 bzip2 のドロップイン並列実装であり、デフォルトで使用可能なすべての CPU コアも使用します。 -p# フラグを使用すると、使用するコアの数を減らすことができます(注: -p とコアの数の間にスペースはありません)

COMPRESSBZ2=(pbzip2 -c -f)

zstd は、 --threads フラグを介して 対称型マルチプロセッシング(SMP) をサポートし、圧縮を高速化します。たとえば、 makepkg がパッケージを圧縮するためにできるだけ多くの CPU コアを使用できるようにするには、/etc/makepkg.confCOMPRESSZST 配列を編集します:

COMPRESSZST=(zstd -c -z -q - --threads=0)

64ビット環境で32ビットのパッケージをビルド

警告: この方法で linux パッケージをビルドしようとすると問題が発生するという報告があります。カーネルパッケージをビルドする場合は chroot を使用する方法を使うことを推奨します。

まず multilib リポジトリを有効にして multilib-develインストールしてください。gccgcc-libs パッケージを削除するかどうかきかれたら yes と答えてください。gcc-multilib は64ビットと32ビット両方のソフトウェアをビルドすることができます。

それから32ビットの設定ファイルを作成:

~/.makepkg.i686.conf
CARCH="i686"
CHOST="i686-unknown-linux-gnu"
CFLAGS="-m32 -march=i686 -mtune=generic -O2 -pipe -fstack-protector-strong"
CXXFLAGS="${CFLAGS}"
LDFLAGS="-m32 -Wl,-O1,--sort-common,--as-needed,-z,relro"

そして makepkg を以下のように実行してください:

$ linux32 makepkg --config ~/.makepkg.i686.conf

トラブルシューティング

Makepkg によるパッケージの署名に失敗する

gnupg 2.1 から gpg-agent は手動で起動する必要がなくなり、gpg を実行したときに自動的に起動します。gpg-agent を手動で起動しなかったとき makepkg によって起動されます。問題は makepkg が fakeroot で gpg を起動するため、gpg-agent も同じ環境で起動されてしまいます。これによって問題が起こります。makepkg を実行する前に手動で gpg-agent を起動することで解決できますが (詳しくは GnuPG#gpg-agent を参照)、信頼性のある方法ではありません: FS#49946

gpg-agent の設定に頭を使いたくない場合、署名は後回しにして makepkg を実行し、それから gpg --detach-sign name.pkg.tar.xz でパッケージに署名する方法もあります。

QMAKE を使用するパッケージで makepkg.conf の CFLAGS/CXXFLAGS/CPPFLAGS が適用されない

Qmake は CFLAGSCXXFLAGS 変数を自動的に設定します。makepkg の設定ファイルで定義した変数を qmake に使わせるには、PKGBUILD を編集して QMAKE_CFLAGS_RELEASEQMAKE_CXXFLAGS_RELEASE 変数を qmake に指定する必要があります。例:

PKGBUILD
...

build() {
  cd "$srcdir/$_pkgname-$pkgver-src"
  qmake-qt4 "$srcdir/$_pkgname-$pkgver-src/$_pkgname.pro" \
    PREFIX=/usr \
    QMAKE_CFLAGS_RELEASE="${CFLAGS}"\
    QMAKE_CXXFLAGS_RELEASE="${CXXFLAGS}"

  make
}

...

もしくは、システム全体で設定したい場合、qmake.conf を作成して QMAKESPEC 環境変数を設定してください。

QMAKE を使用するパッケージのインストールディレクトリを指定する

qmake によって生成される makefile は INSTALL_ROOT 環境変数を使ってプログラムをインストールするディレクトリを指定します。したがって package 関数を以下のようにしてください:

PKGBUILD
...

package() {
	cd "$srcdir/${pkgname%-git}"
	make INSTALL_ROOT="$pkgdir" install
}

...

また、qmake を正しく設定する必要があります。例えば .pro ファイルに以下を記述してください:

YourProject.pro
...

target.path = /usr/local/bin
INSTALLS += target

...

プロキシの背後にある時、makepkg は依存関係のダウンロードに失敗します

makepkg が依存関係を呼び出すと、 pacman を呼び出してパッケージをインストールします。これには、 sudo を介した管理者権限が必要です。ただし、 sudo環境変数を特権環境に渡さず、プロキシ関連の変数 ftp_proxyhttp_proxyhttps_proxy、 および no_proxy

プロキシの背後で makepkg を機能させるには、次のいずれかの方法を実行する必要があります。

XferCommand で URL を設定して、プロキシを有効にする

XferCommandは、 /etc/pacman.conf で目的のプロキシURLを使用するように設定できます。 pacman.conf [3] に次の行を追加するか、コメントを解除します。

/etc/pacman.conf
...
XferCommand = /usr/bin/curl -x http://username:password@proxy.proxyhost.com:80 -L -C - -f -o %o %u
...

sudoer の env_keep を介してプロキシを有効にする

あるいは、sudoer の env_keep オプションを使用することもできます。これにより、特定の変数を特権環境に保持できます。詳細については、 sudo#環境変数 を参照してください。

WARNING: Package contains reference to $srcdir

リテラル文字列 $srcdir$pkgdir があなたのパッケージ内のインストールされたファイルのどれかに含まれています。

ファイルを確認するには、makepkg のビルドディレクトリから次のコマンドを実行してください:

$ grep -R "$(pwd)/src" pkg/

詳しくは こちら を参照。

makepkg は失敗するが、make は成功する

make を使用して手動でコンパイル出来ても、makepkg で失敗する場合、それはほぼ確実に /etc/makepkg.conf がコンパイル変数を通常は機能する合理的なものに設定されていますが、それは コンパイルしているものと互換性がありません。 これらのフラグを PKGBUILD options 配列に追加してみてください。

!buildflags、 デフォルトの CPPFLAGSCFLAGSCXXFLAGS、 および LDFLAGS を防ぐため。

!makeflags、 並列ビルドを有効にするために /etc/makepkg.conf を編集した場合に、デフォルトの MAKEFLAGS を防ぐため。

!debug、 デフォルトの DEBUG_CFLAGS を防ぐため、および DEBUG_CXXFLAGS (パッケージがデバッグビルドの場合)

これらのいずれかで問題が修正された場合、問題の原因となっているフラグを正確に特定すれば、アップストリームでバグを報告できる可能性があります。

参照