Nemo

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

NemoGNOME Files のフォークです。Cinnamon デスクトップのデフォルトのファイルマネージャでもあります。Nemo は Nautilus 3.4 のコードをベースにしています。Nautilus 3.6 で type ahead find や分割ビューといった機能が削除されたことで Nemo が作成されました。

インストール

公式リポジトリから nemoインストールしてください。

エクステンション

Nemo に機能を追加できるプログラムがあります。そのようなことをするパッケージの一覧です:

  • Nemo File Roller — File Roller を Nemo に統合します。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-fileroller || nemo-fileroller
  • Nemo Comparemeld を使って2つのファイルを比較するユーティリティ。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-compare || nemo-compareAUR
  • Nemo Preview — Nemo に GtkClutter と Javascript ベースのクイックプレビューを追加します。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-preview || nemo-preview
  • Nemo Seahorse — GnuPG を使って OpenPGP ファイルの暗号化・復号化を可能にします。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-seahorse || nemo-seahorse
  • Nemo Share — Nemo の Samba エクステンション。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-share || nemo-share
  • RabbitVCS Nemo — RabbitVCS を Nemo に統合します。
http://www.rabbitvcs.org/ || rabbitvcs-nemoAUR

他のエクステンションは AURnemo-extensions github リポジトリ を見て下さい。

設定

Nemo はグラフィカルに設定をすることができますが、nautilus の設定メニューから行える設定は全てではありません。dconf-editor を使って、もっと多くのオプションが org.nemo 下で利用できます。

デスクトップアイコンを表示・隠す

nemo のデスクトップアイコン表示機能を有効・無効にするには、次の設定を true か false に変更してください (false で非表示、true で表示):

$ gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons false

上記の設定を行うとタイル型ウィンドウマネージャ (i3 など) で表示される WARNING **: Can not determine workarea, guessing at layout という警告が消えます。

Nemo をデフォルトのファイルブラウザにする

以下の行を ~/.local/share/applications/mimeapps.list ファイルの Default Applications セクションに追加して下さい:

[Default Applications]
inode/directory=nemo.desktop

Xdg-open#デフォルトのファイルブラウザを設定も参照。

"Open in terminal" メニューエントリのアプリケーションを変更する

デフォルトでは gnome-terminal が設定されているため、gnome-terminal がインストールされていないと、この機能が使えません。

gsettings を使うことでデフォルト設定を好きなターミナルアプリケーションに変更できます:

$ gsettings set org.cinnamon.desktop.default-applications.terminal exec terminal-name

ヒントとテクニック

Nemo アクション

Nemo では、ユーザーはコンテキストメニューに新しいエントリを追加することができます。ファイル /usr/share/nemo/actions/sample.nemo_action には Nemo のアクションのサンプルが含まれています。カスタムアクションファイルを配置するディレクトリは:

  • /usr/share/nemo/actions/ システム全体で使えるアクション
  • $HOME/.local/share/nemo/actions/ ユーザー別のアクション

名前の規則に注意してください。あなたのファイルは末尾が .nemo_action でなければなりません。

Clam スキャン

$HOME/.local/share/nemo/actions/clamscan.nemo_action
[Nemo Action]
Name=Clam Scan
Comment=Clam Scan

Exec=gnome-terminal -x sh -c "clamscan -r %F | less"

Icon-Name=bug-buddy

Selection=Any

Extensions=dir;exe;dll;zip;gz;7z;rar;

ファイルの移動

$HOME/.local/share/nemo/actions/archive.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Archive %N
Comment=Archiving %N will add .archive to the object.
Exec=<archive.py %F>
Selection=S
Extensions=any;
$HOME/.local/share/nemo/actions/archive.py
#! /usr/bin/python2 -OOt
import sys
import os
import shutil

filename = sys.argv[0]
print "Running " + filename
print "With the following arguments:"
for arg in sys.argv:
    if filename == arg:
        continue
    else:
        print arg
        #os.rename('%s','%s.archive') % (arg,arg)
        shutil.move(arg, arg+".archive")

Meld による比較

$HOME/.local/share/nemo/actions/compare-save-for-later.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Compare later
Comment=Save file for comparison later.
Exec=<compare.sh save %F>
Icon-Name=meld
Selection=S
Extensions=any
$HOME/.local/share/nemo/actions/compare-with-saved.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Compare with saved element
Comment=Compare %F saved file or directory.
Exec=<compare.sh compare %F>
Icon-Name=meld
Selection=S
Extensions=any
$HOME/.local/share/nemo/actions/compare.sh
#!/bin/bash
savedfile=/var/tmp/compare-save-for-later.$USER
comparator=meld
if [ "$1" == "save" ]; then
	echo "$2" > "$savedfile"
else
	"$comparator" $(cat "$savedfile") "$2"
fi

空白を含むファイル名

デフォルトでは、Nemo はファイル名のエスケープをしません。つまり、複数のファイルを一度に扱うときにファイル名に空白が含まれていると上手くいきません。この問題を修正するには、Quote=double を使って下さい。