PCManFM

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

PCManFM はフリーのファイルマネージャアプリケーションで、LXDE の標準ファイルマネージャです。

インストール

pcmanfm パッケージをインストールしてください。GTK3 版は pcmanfm-gtk3 パッケージ、開発版は pcmanfm-gitAUR パッケージでインストールできます。ゴミ箱や udisks によるマウント、リモートファイルシステムなどを使うために gvfs もインストールすることを推奨します。

Qt 版は pcmanfm-qt または pcmanfm-qt-gitAUR パッケージでインストールできます。

デスクトップの管理

PCManFM で壁紙を設定したりデスクトップアイコンの使用を有効化するには:

pcmanfm --desktop

ウィンドウマネージャのネイティブのデスクトップメニューが PCManFM のデスクトップメニューに置き換わります。また、PCManFM のメニューから Desktop preferences を選択して Desktop タブの Right click shows WM menu オプションを有効にすることでウィンドウマネージャのメニューに簡単に戻すことが可能です。

デスクトップの優先

ウィンドウマネージャのネイティブのデスクトップメニューを使用する場合、以下のコマンドを使うことでいつでもデスクトップの優先設定を修正することができます:

$ pcmanfm --desktop-pref

上記のコマンドをキーバインドやネイティブのデスクトップメニューに追加することで簡単に切り替えることが可能になります。

新しいアイコンの作成

テキストファイルやドキュメント、画像などのユーザーコンテンツはデスクトップに直接ドラッグアンドドロップすることができます。アプリケーションのショートカットを作成したい場合はアプリケーションの .desktop ファイルを ~/Desktop ディレクトリにコピーする必要があります。ファイルをドラッグアンドドロップすると完全に移動してしまうので注意してください。以下のようにファイルをコピーしてください:

$ cp /usr/share/applications/<name of application>.desktop ~/Desktop

例えば、lxterminal のデスクトップショートカットを作成する場合、コマンドは以下のようになります:

$ cp /usr/share/applications/lxterminal.desktop ~/Desktop

XDG ユーザーディレクトリのプログラムを使っている場合、$HOME ディレクトリを作成すれば設定は不要になります。

デーモンモード

バックグラウンドで PCManFM を起動するには (リムーバブルメディアを自動的にマウントしたい場合など):

pcmanfm -d

自動マウントが失敗する場合は udisks を参照してください。

自動起動

PCManFM をデーモンプロセスとして自動起動したりスタンドアロンのウィンドウマネージャのデスクトップを管理する方法は使用しているウィンドウマネージャによります。例えば、Openbox のデスクトップ管理を有効にするには、以下のコマンドを ~/.config/openbox/autostart ファイルに追加します:

pcmanfm --desktop &

使用しているウィンドウマネージャの wiki 記事や公式ホームページなどを確認してください。ウィンドウマネージャが起動起動ファイルを提供していない場合、以下のファイルを編集して PCManFM を自動起動させることができます:

追加機能

経験の浅いユーザーはファイルマネージャだけでは (特に Openbox などのスタンドアロンのウィンドウマネージャでインストールした場合) XfceKDE などの完全なデスクトップ環境が提供している機能の全てを利用できないことに気づくでしょう。詳しくはファイルマネージャの機能を参照してください。

ヒントとテクニック

画像ファイル以外のサムネイルを表示

PCManFM は画像ファイルのサムネイルを最初からサポートしています。ただし、他のファイルタイプのサムネイルを表示するとき、PCManFM は /usr/share/thumbnailers に存在するファイルの情報を使用します。サムネイルを作成するパッケージは大抵 .thumbnail ファイルを /usr/share/thumbnailers に追加します。例えば OpenDocument ファイルのサムネイルを表示するには、libgsf パッケージをインストールします。動画ファイルのサムネイルを表示したい場合、ffmpegthumbnailer パッケージが必要です。PDF ファイルならば evince パッケージをインストールします。パッケージには evince-thumbnailer が含まれており /usr/share/thumbnailers にファイルが作成されます。evince をインストールしたくない場合、imagemagickconvert コマンドを使うことで evince-thumbnailer の機能を模倣することができます。/usr/share/thumbnailers に以下の内容で .thumbnailer 拡張子のファイル (例: imagemagick-pdf.thumbnailer) を作成してください:

[Thumbnailer Entry]
TryExec=convert
Exec=convert %i[0] -thumbnail %s %o
MimeType=application/pdf;application/x-pdf;image/pdf;
ノート: 入力ファイルの後に [0] を指定することで convert は最初のページのサムネイルだけ生成します。あくまで convert 特有の構文であり、.thumbnailer ファイルの構文とは関係ないので注意してください。

上記の例と同じように、.thumbnail ファイルを作成することでサムネイル作成プログラムを自分で指定することができます。%i は入力ファイル (サムネイルを作成するファイル)、%o は出力ファイル (サムネイル画像)、%s はサムネイルのサイズです。パラメータは PCManFM によって自動的に適切なデータに置き換えられてサムネイル作成プログラムに渡されます。

ヒント: 一部のファイルしかサムネイルが表示されない場合、Edit > Preferences > Display からサムネイルを作成するファイルの最大ファイルサイズを増やしてみてください。

ターミナルエミュレータの設定

Tools > Open Current Folder in Terminal から PCManFM が使用するターミナルエミュレータは Edit > Preferences > Advanced で設定できます。例: bash -c 'pantheon-terminal --working-directory "$PWD"'

アーカイバの統合

Edit > Preferences > Advanced から統合アーカイバを選択することができます。PCManFM は file-roller, xarchiver (または xarchiver-gtk2), engrampa, ark, squeeze-gitAUR に対応しています。

Create New... から使用するテンプレート

PCManFM は起動時に ~/Templates のファイルを Create New... コンテキストメニューのアイテムとして追加します。

トラブルシューティング

「他のアプリケーションで開く」ダイアログウィンドウが空

「他のアプリケーションで開く」ダイアログでアプリケーションが表示されない場合、gnome-menus を削除して lxmenu-data をインストールしてみてください。さらに、以下の変数をエクスポートしてください:

export XDG_MENU_PREFIX=lxde-
export XDG_CURRENT_DESKTOP=LXDE

アプリケーションが表示されない

$HOME/.cache/menus ディレクトリのファイルを全て削除して PCManFM を起動しなおしてみてください。

PCManFM は XDG_MENU_PREFIX 環境変数の設定を必要とします。変数の値は /etc/xdg/menus/ ディレクトリに存在するファイルの冒頭と一致している必要があります。例えば .xinitrc ファイルで以下のように設定します:

export XDG_MENU_PREFIX="lxde-"

詳しくは Arch フォーラムの [1] や Linux Mint フォーラムの [2] を参照してください。

アイコンが表示されない

デスクトップ環境のかわりにウィンドウマネージャを使用していてフォルダやファイルのアイコンが表示されない場合、GTK+ アイコンテーマを指定してください。

例えば oxygen-icons をインストールしている場合、~/.gtkrc-2.0 または /etc/gtk-2.0/gtkrc を編集して以下の行を追加:

gtk-icon-theme-name = "oxygen"
ノート: 変更を適用するには PCManFM の全てのインスタンスを再起動する必要があります。

それでも表示されない場合、別のテーマを使ってください (gnome, hicolor, locolor ではアイコンが表示されません)。インストールされている全てのアイコンテーマを確認するには:

$ ls ~/.icons/ /usr/share/icons/

適したテーマがない場合、新しくインストールしてください。インストール可能なアイコンパッケージを確認するには:

$ pacman -Ss icon-theme
ヒント: GUI でアイコンテーマを設定したい場合、lxappearance をインストールしてアイコンテーマを適用してください。

マウスボタンで "次・前のフォルダ" 機能が使えない

Xbindkeys を使うことで問題を解決できます。

xbindkeysxvkbdAUR をインストールして ~/.xbindkeysrc を編集して以下のように記述してください:

# Sample .xbindkeysrc for a G9x mouse.
"/usr/bin/xvkbd -text '\[Alt_L]\[Left]'"
 b:8
"/usr/bin/xvkbd -text '\[Alt_L]\[Right]'"
 b:9

実際のボタンコードは xorg-xev パッケージで確認できます。

~/.xinitrc に以下を追加することでログイン時に xbindkeys を起動できます:

xbindkeys &

--desktop パラメータが機能しなかったり X サーバーがクラッシュする

ユーザーが ~/.config/pcmanfm の所有者になっていて書き込み権限があることを確認してください。

--desktop-pref パラメータを使用するか ~/.config/pcmanfm/default/pcmanfm.config を編集して壁紙を設定することで問題は解決します。

ターミナルエミュレータの高度な設定が保存されない

libfm 設定ファイルの権限があることを確認してください:

$ chmod -R 755 ~/.config/libfm
$ chmod 644 ~/.config/libfm/libfm.conf

PCManFM にファイルソートの設定を記憶させる

View > Sort Files から PCManFM で表示されるファイルの順序を変更することができますが、PCManFM の次の起動時に順序は記憶されていません。永続的に順序を変更するには Edit > Preferences を開いて閉じてください。これで現在の sort_type と sort_by の値が ~/.config/pcmanfm/LXDE/pcmanfm.conf に書き込まれます。

ドライブをマウントしようとすると "Not authorized" エラーが発生する

/etc/polkit-1/rules.d/00-mount-internal.rules という名前の polkit ルールを作成してください:

polkit.addRule(function(action, subject) {
   if ((action.id == "org.freedesktop.udisks2.filesystem-mount-system" &&
      subject.local && subject.active && subject.isInGroup("storage")))
      {
         return polkit.Result.YES;
      }
});

そしてユーザーを storage グループに追加してください:

# usermod -aG storage username

Operation not supported

一般的なトラブルシューティング#セッションのパーミッションを見てください。