nmh

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

nmh (new message handler) は強力な電子メール処理システムです。nmh は Unix 哲学に沿っており、特定の目的をもった単純なプログラムで構成されています。シェルプロンプトで nmh と他のコマンドを組み合わせて使ったり、必要に応じてスクリプトを書き出すことが可能です。

インストール

AUR から nmhAURnmh-gitAURインストールしてください。

任意で IMAP や POP を処理するユーティリティをインストールしてください。例: fdm, offlineimap, getmail

また、メールを送信するためのユーティリティも任意でインストールしてください。例: msmtp

設定

nmh は様々な方法で設定することができるようになっています。主要な設定ファイルは ~/.mh_profile です。

.mh_profile の構文は変わっています。例えば、ファイルの中に空行があると nmh は起動しなくなります。詳しくは mh_profile (5) の man ページを参照してください。

デフォルトでは、nmh~/Mail をメールフォルダとして使います。フォルダを変更するには、Path を設定してください:

 Path: path/to/mail/folder
ノート:
  • Path はフルパスで指定することも (/ を付けます)、$HOME からの相対パスで指定することもできます。
  • Nmh は mh メールフォーマットを使いますが、maildir や mbox とは異なっています。Path で既存の maildir フォルダを設定しても動作しません。

受信箱 (Path からの相対パス) を設定:

 Inbox: inbox

デフォルトで、ユーザーのメールスプール (/var/mail/user) からメールを取得する inc コマンドが実行されたときに nmh はメールフォルダを作成します。

メールスプールのパスが違う場合、$MAILDROP 環境変数mh_profile の MailDrop で設定が可能です:

 MailDrop: /path/to/mail-drop

もしくは inc を設定:

 inc: -file /path/to/mail-drop
ノート: mh_profile で command: -flag という行を記述することで nmh コマンド (下のリストを参照) のデフォルトフラグを設定できます。bash のエイリアスと同じような機能です。

Nmh では POP でメールを取得することもできます。ベーシックな POP の設定 (詳しくは inc (1) の man ページを参照):

 inc: -host example.com -user username -sasl

使用方法

nmh の基本的な使い方に慣れるために、以下のコマンドを練習してみてください:

コマンド 説明
inc 新しいメールを取得。
scan 現在のフォルダの中身をスキャン。
folder/folders 現在のフォルダを変更、あるいはフォルダやその中身を確認。
show メッセージを表示。
comp 新しいメッセージを作成。
repl メッセージに返信。
refile メッセージを他のフォルダに移動。

フロントエンド

nmh はコマンドラインから利用することができますが、コンソールベースのユーザーインターフェイスやグラフィカルユーザーインターフェイスも複数存在します。また、mh フォーマットを使用することができる汎用のメールツールもいくつかあります。

MH 専用のフロントエンド

  • MH-V: vi ライクなキーバインドを使用する mh/nmh のコンソールインターフェイス。
  • MH-E: Emacs ライクなキーバインドを使用する mh/nmh のコンソールインターフェイス。
  • exmh: TK ベースの mh GUI。

MH 互換のフロントエンド

  • 人気の MUA である mutt は mh フォーマットを認識します (muttrc で set mbox_type = mh を使用)。
  • メールのインデックス作成・フルテキスト検索ユーティリティである mairixmh フォーマットを読み書きできます (.mairixrc で mh=path/to/mh/foldermformat=mh を使用)。

参照